ピクシブ百科事典

キタキツネ

きたきつね

「キタキツネ」とは、食肉目イヌ科キツネ属の哺乳類。
目次[非表示]

概要

キタキツネ」(北狐)とは、食肉目イヌ科キツネ属の哺乳類で、北半球に分布するアカギツネの亜種である。

日本では、北海道にキタキツネが生息しており、本州、四国、九州にはホンドギツネが生息している。
 ホンドギツネに比べてキタキツネは、やや体が大きくて、体長約77cm、尾長約42cmほどあり、白色の差毛が少なく、全体に体色は黄色みが強くて、前後肢の全面にある黒の斑紋は大きく目立っている、などの特徴がある。平地から高山帯まで生息は広範囲に渡っているが、主要な獲物であるエゾヤチネズミが多く狩りもしやすい草原のほうに多く見られる。

北海道では遭遇しやすいキツネであるが、エキノコックスと言う寄生虫を持っているので軽い気持ちで接してはいけない。野生のキタキツネには絶対に触ってはいけない絶対に。また、エサをねだる為に道路に飛び出してくる事もあるが、人間の食べ物をあげるのもやめよう。味を覚えたキツネが再び飛び出し事故の原因になる。

関連イラスト

キタキツネの恋
冬のにほい


きたきつね
夜明けの冬・キツネ



関連タグ

動物 キツネ チロヌップ・チロンヌプ 野生動物
北海道 アカギツネ けものフレンズ キタキツネ(けものフレンズ)

外部リンク

キタキツネ - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「キタキツネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4132890

コメント