ピクシブ百科事典

立ち往生

たちおうじょう

屹立した状態で絶命すること。
目次[非表示]

概要

 本来、死体というものは時間経過に連れATP(アデノシン三リン酸)の不足に伴い全身の筋肉がこわばり、ちょっとやそっと力を加えても動かなくなる。これを死後硬直というが、この死後硬直にかかる時間は死の直前の健康状態によって左右される。
 特に激しい運動をしていた場合は、ATPが急激に不足し、その瞬間に猛烈なダメージを受けて短時間で絶命に至ると死後硬直の速度が極端に早くなる。
 故に、立ったまま銃弾を浴びることでそのままの体勢で命を落とす「立ち往生」(往生成仏の類義語)は科学的にあり得る

 日本では衣川の戦いにおいての武蔵坊弁慶の立ち往生が有名である。突如として裏切った藤原泰衡一味(奥州藤原氏)の猛攻を受けた弁慶は、主君・源義経を逃がすべく、薙刀を振るい襲い来る藤原兵を斬りまくる。余りの強さに驚いた藤原軍は猛然と矢を射かけ、弁慶は苦悶の声と血しぶきをあげながらも奮戦。そしてハリネズミのようになりながらも弁慶は敵軍の前に立ちはだかり、仁王立ちしたままその生涯に幕を下ろした…とされている。弁慶は実在が危ぶまれているものの、冒頭で記した通り何百人もの敵との殺し合いという激しすぎる運動、壮絶なストレス、矢を大量に撃たれることによる膨大な出血などの要素が加われば、立ち往生は科学的にありうるのである。
 同様の死を遂げた人物としては、三国志典韋などが挙げられる。

 漫画や映画などにおいても、壮絶な死を表す表現として多用される。

転じて

中央分離体


 交通渋滞や悪天候などで、引くも進むも不可能になるケースも「立ち往生」と呼ぶことが有る。よく(奇しくも弁慶が命を落とした)雪国などで起こる現象である。

関連項目

 死亡 最期

名探偵コナン:7巻収録の『小五郎の同窓会殺人事件』で弁慶の立ち往生のメカニズムが紹介されている。犯人もそれを利用したトリックを使った。

pixivに投稿された作品 pixivで「立ち往生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3919

コメント