ピクシブ百科事典

ダンシングブレーヴ

だんしんぐぶれーび

イギリスの元競走馬・種牡馬。長らく歴代最高レート141を与えられ、ヨーロッパ最強馬と呼ばれた。

概要

イギリスの元競走馬種牡馬
通算戦績10戦8勝。
1986年度ヨーロッパ年度代表馬、イギリス年度代表馬、フランス年度代表馬。
1980年代にヨーロッパ最強と言われたが、種牡馬となって1年目にマリー病に罹患し、1991年に格安な値段でJRAに購入された。
病気により種付けの数が少ないにもかかわらず次々と有力馬を輩出し、イギリスの一般紙も「国家的な損失」と報じた。

略歴

1983年5月11日、アメリカグレンオーク牧場で誕生。
父・リファール、母・ナバホ・プリンセス
母の名(ナバホ族の王女)に因み「ダンシング・ブレーヴ(踊るインディアン戦士)」と名付けられた。
ハーリド・ビン・アブドゥッラーサウジアラビア国王のいとこ)が馬主となる。

1985年10月14日、サンダウンパーク競馬場イングランド)のドーキングステークスでデビューし1着。

1986年は2000ギニーエクリプスステークスキングジョージ賞凱旋門賞などを勝った。
特に凱旋門賞では歴代最高と評価される出走馬たちを相手に、最後の1ハロンが10秒8という末脚を繰り出しレコードタイムで圧勝、高い評価を得た。
インターナショナル・クラシフィケーションにおいて、長らく歴代最高レート141を与えられていた(26年後に改定)。

11月1日、サンタアニタパーク競馬場(アメリカ)でブリーダーズカップ・ターフに出走し、4着に敗れ引退。

1987年に総額約33億円の大型シンジケートが組まれ、ダルハムホールスタッドアラブ首長国連邦シェイク・モハメド殿下がオーナー)で種牡馬入り。
しかし不治の病と言われるマリー病に罹患する。
1991年、JRAに購入され、日本に輸出された。

日本で種牡馬としてキョウエイマーチエリモシックキングヘイローテイエムオーシャンなどを輩出。
ヨーロッパに残した産駒のコマンダーインチ―フホワイトマズルなども活躍した。
ブルードメアサイアー(母の父)としてはスイープトウショウメイショウサムソンなどがいる。

1999年8月2日、立ったまま息を引き取った。

コメント