2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ダンシングブレーヴ

だんしんぐぶれーゔ

イギリスの元競走馬・種牡馬(1983~1999)。1986年欧州年度代表馬。長らく歴代最高レート141を与えられ、ヨーロッパ最強馬と呼ばれた。
目次[非表示]

概要

イギリスの元競走馬種牡馬
通算戦績10戦8勝。
1986年度ヨーロッパ年度代表馬、イギリス年度代表馬、フランス年度代表馬。
1980年代にヨーロッパ最強と言われたが、種牡馬となって1年目にマリー病に罹患し、1991年に格安な値段でJRAに購入された。
病気により種付けの数が少ないにもかかわらず日欧双方で次々と有力馬を輩出し、この結果にイギリスの一般紙も「国家的な損失」と報じた。

略歴

1983年5月11日、アメリカグレンオーク牧場で誕生。
父・リファール、母・ナバホ・プリンセス
母の名(ナバホ族の王女)に因み「ダンシング・ブレーヴ(踊るインディアン戦士)」と名付けられた。
ハーリド・ビン・アブドゥッラーサウジアラビア国王のいとこ)が馬主となる。

1985年10月14日、サンダウンパーク競馬場イングランド)のドーキングステークスでデビューし1着。

1986年は2000ギニーエクリプスステークスキングジョージ賞凱旋門賞などを勝った。
特に凱旋門賞では歴代最高と評価される出走馬たちを相手に、最後の1ハロンが10秒8という末脚を繰り出しレコードタイムで圧勝、高い評価を得た。
インターナショナル・クラシフィケーションにおいて、長らく歴代最高レート141を与えられていた(26年後に改定)。

11月1日、サンタアニタパーク競馬場(アメリカ)でブリーダーズカップ・ターフに出走し、4着に敗れ引退。

1987年に総額約33億円の大型シンジケートが組まれ、ダルハムホールスタッドアラブ首長国連邦シェイク・モハメド殿下がオーナー)で種牡馬入り。
しかし同年の秋に不治の病と言われるマリー病に罹患。徹底した投薬治療で何とか命は取り止めたものの、後遺症が残った上受胎率も低下してしまう。加えて初年度産駒がほとんど走らず、体調管理の難しさも相まってダルハムホールスタッドは早くも1991年に売却の検討を開始し、種牡馬からの引退・安楽死処分となるか否かの瀬戸際に立たされてしまう。
同年、名乗りを上げたJRAに購入され、シンジケートの約4分の1に当たる約8億円と言う格安価格で日本に輸出された。

日本への輸出後は日本軽種馬協会へ寄贈されて種牡馬となり、病や治療薬の副作用に苦しみながらも、種付け数の制限や馬房への空調導入による徹底した温度管理、専属スタッフの24時間常駐などによって種牡馬生活を続行。少ない産駒からキョウエイマーチエリモシックキングヘイローテイエムオーシャンなど多数の活躍馬を輩出した。なお産駒にはキングヘイローなど気性の激しい馬が多かったが、ダンシングブレーヴ自身は従順で我慢強く、マリー病による痛みに暴れることなくじっと耐えていたという。
ヨーロッパに残った産駒でもコマンダーインチーフホワイトマズルなどが活躍し、この結果の前にヨーロッパの関係者を「早すぎた輸出だった」と嘆かせたという。
ブルードメアサイアー(母の父)としてはスイープトウショウメイショウサムソンなどがいる他、産駒のコマンダーインチーフ、キングヘイローなどもGⅠ馬を輩出して種牡馬として活躍した。

1999年8月2日早朝、病状が急変し、必死の治療むなしくその日の午後に心不全のため死去した。16歳没。
横になったら最早立ち上がれないと悟っていたのか、その最期は4本の足によるしっかりとした仁王立ちだったという。

関連タグ

競走馬 種牡馬 86世代

関連記事

親記事

86世代 はちろくせだい

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで「ダンシングブレーヴ」の小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました