ピクシブ百科事典

2000年高松宮記念
その馬は、10度の敗北を超えて血統を証明した。
敗れても、敗れても、敗れても、絶対に首を下げなかった。
緑のメンコ、不屈の塊。その馬の名は、「キングヘイロー」。
次の伝説をみよ、高松宮記念。
2012年JRA CM「高松宮記念」編より


※当馬をモデルとするウマ娘については、キングヘイロー(ウマ娘)を参照。

概要

生年月日1995年4月28日
没年月日2019年3月19日(24歳)
英字表記King Halo
性別
毛色鹿毛
ダンシングブレーヴ
グッバイヘイロー
母の父Halo
競走成績27戦6勝

馬主は浅川吉男 。栗東坂口正大厩舎。

※馬齢は数え表記
父は80年代の欧州を代表する名馬ダンシングブレーヴ、母は米国のG1を七勝したグッバイヘイローという米欧融合の超良血馬として入厩前から注目され、若き天才と呼ばれた福永祐一を背にデビューから3連勝で東京スポーツ杯3歳ステークスを制し、クラシック戦線の主役と目される。
弥生賞3着、皐月賞2着で、たたき上げで泥臭いセイウンスカイとスペシャルウィークにとは対照的な三強形成かと騒がれたが、日本ダービーではセイウンスカイを抑えてハイペースでレースを引っ張るが失速し14着。長距離では折り合いを欠き菊花賞5着、有馬記念6着で4歳シーズンを終える。
1999年は柴田善臣騎手に乗り替わり、東京新聞杯、中山記念と重賞2連勝するが安田記念11着、宝塚記念8着、毎日王冠5着、天皇賞・秋7着。短距離に路線変更しマイルチャンピオンシップ2着、スプリンターズステークス3着。
このころには能力は高いが気性に問題があると見られ、福永祐一も新人としては上手い部類に過ぎなかったと見られるようになり、表街道からは半ば忘れられた存在に。
2000年はフェブラリーステークスから始動。初ダートながら1番人気に推されるが、後方ママで13着。
高松宮記念は4番人気も、かつての相棒福永騎乗のディヴァインライトをクビ差抑えて1着。初のG1制覇。
京王杯スプリングカップ11着、安田記念では日本馬最先着の3着。
秋はスプリンターズステークス7着、スワンステークス12着、マイルチャンピオンシップ7着、有馬記念4着。
2001年シーズンから種牡馬。結局G1は高松宮記念しか勝てなかったが、血統的な背景が気に入られ生産者からは結構な人気を集め、後継種牡馬も排出。
カワカミプリンセス優駿牝馬秋華賞を、ローレルゲレイロが高松宮記念とスプリンターズステークスを制している。
2019年3月19日、老衰のため24歳で死去した。死去から5日後に開催された高松宮記念では、福永が騎乗するミスターメロディが優勝し、勝利騎手インタビューで福永は「キングヘイローが後押ししてくれた。」と語った。

外部リンク

関連記事

親記事

競走馬 きょうそうば

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キングヘイロー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32146

コメント