ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

マイルチャンピオンシップ

まいるちゃんぴおんしっぷ

JRA(日本中央競馬会)が京都競馬場の芝コースで開催するGⅠ競走。メイン画像は2010年優勝のエーシンフォワード。
目次 [非表示]

無難を笑え。

2012年JRA CM「マイルチャンピオンシップ」編より


曖昧さ回避編集

マイルチャンピオンシップ南部杯(地方競馬)


概要編集

毎年11月、代替開催を除いて京都競馬場1,600mコースで争われる。

秋華賞から始まる京都競馬場の秋のGⅠシリーズの最終戦。


1984年のグレード制導入と同時に創設され、同じくGⅠに格付けされた春の安田記念と並ぶ秋のマイル王決定戦となった。

両レースを制すると「春秋マイル制覇」として讃えられる。

2008年以降はジャパン・オータムインターナショナルの構成レースとしても開催。

2020~2022年は京都競馬場の大規模改修工事に伴い阪神競馬場で行われた。


競走条件編集

出走資格:サラ系3歳以上(出走可能頭数:最大18頭)


JRA所属馬

地方所属馬(出走資格のある馬のみ)

外国調教馬(優先出走)

負担重量:定量(3歳56kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減)


出馬投票を行った馬のうち優先出走権をもつ馬から優先して割り当て、その他の馬は「通算収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGⅠ(JpnⅠ)競走の収得賞金」の総計が多い順に出走できる。


優先出走権

外国馬、およびレーティング順位の上位5頭は優先出走が認められる。

同年開催の富士ステークスまたはスワンステークスのいずれかで、JRA所属馬は1着となった馬に、地方競馬所属は2着以内の馬に優先出走権が付与。


歴代優勝馬編集

馬の太字は同年のJRA最優秀短距離馬(2023年度より最優秀マイラー)受賞。騎手の太字はJRA顕彰者。

回次施行年優勝馬     騎手   備考
第1回1984年ニホンピロウイナー河内洋初代勝ち馬。安田記念ハッピープログレスを破る。
第2回1985年ニホンピロウイナー河内洋初の連覇。当年安田記念勝利。
第3回1986年タカラスチール田島良保初の牝馬制覇。
第4回1987年ニッポーテイオー郷原洋行当年天皇賞(秋)勝利。
第5回1988年サッカーボーイ河内洋
第6回1989年オグリキャップ南井克己バンブーメモリーとの接戦。「負けられない南井克己、譲れない武豊
第7回1990年パッシングショット楠孝志橋田満厩舎初GⅠ勝利。
第8回1991年ダイタクヘリオス岸滋彦安田記念馬ダイイチルビーを破る。
第9回1992年ダイタクヘリオス岸滋彦2頭目の連覇。
第10回1993年シンコウラブリイ岡部幸雄藤沢和雄厩舎初GⅠ勝利。
第11回1994年ノースフライト角田晃一当年安田記念勝利。ラストランで勝利。
第12回1995年トロットサンダー横山典弘2着16番人気のメイショウテゾロで馬番連勝は初の10万馬券となった。
第13回1996年ジェニュイン岡部幸雄
第14回1997年タイキシャトル横山典弘岡部のブリーダーズカップ出場により、横山が代打騎乗で勝利。
第15回1998年タイキシャトル岡部幸雄3頭目の連覇、当年安田記念・GⅠジャック・ル・マロワ賞勝利。1998年度年度代表馬顕彰馬
第16回1999年エアジハード蛯名正義当年安田記念勝利。
第17回2000年アグネスデジタル的場均的場最後のGⅠ勝利。
第18回2001年ゼンノエルシドO.ペリエ
第19回2002年トウカイポイント蛯名正義トウカイテイオー産駒唯一の中央GⅠ馬、かつ、初のセン馬の勝利。
第20回2003年デュランダル池添謙一当年スプリンターズS勝利。
第21回2004年デュランダル池添謙一4頭目の連覇。
第22回2005年ハットトリックO.ペリエ当年香港マイル勝利。
第23回2006年ダイワメジャー安藤勝己当年天皇賞(秋)勝利。
第24回2007年ダイワメジャー安藤勝己5頭目の連覇。当年安田記念勝利。
第25回2008年ブルーメンブラット吉田豊
第26回2009年カンパニー横山典弘当年天皇賞(秋)勝利。史上初の8歳馬平地GⅠ勝利。ラストラン。
第27回2010年エーシンフォワード岩田康誠
第28回2011年エイシンアポロン池添謙一
第29回2012年サダムパテック武豊武豊初のマイルチャンピオンシップ勝利。
第30回2013年トーセンラー武豊武豊GⅠ100勝目
第31回2014年ダノンシャーク岩田康誠現在レコードタイム1.31.5
第32回2015年モーリスR.ムーア当年安田記念・香港マイル勝利。
第33回2016年ミッキーアイル浜中俊
第34回2017年ペルシアンナイトM.デムーロ
第35回2018年ステルヴィオW.ビュイック
第36回2019年インディチャンプ池添謙一当年安田記念勝利。
第37回2020年グランアレグリアC.ルメール当年安田記念、スプリンターズS勝利。
第38回2021年グランアレグリアC.ルメール当年ヴィクトリアマイル勝利。
第39回2022年セリフォスD.レーン
第40回2023年ナミュールR.ムーア→藤岡康太当初ムーア騎乗予定だったが落馬負傷により藤岡がテン乗りで勝利。藤岡最後のGⅠ勝利。

マイルCSア・ラ・カルト編集

馬名の☆は牝馬

MCS連覇編集

・ニホンピロウイナー

・ダイタクヘリオス

・タイキシャトル

・デュランダル

・ダイワメジャー

・☆グランアレグリア

春秋マイル制覇編集

3連覇

・ニホンピロウイナー(84~85年) ※84~85年の秋春秋3連勝

・タイキシャトル(97~98年) ※97~98年の秋春秋3連勝

春秋連覇

・☆ノースフライト(94年)

・タイキシャトル(98年)

・エアジハード(99年)

・ダイワメジャー(07年)

・モーリス(15年)

・インディチャンプ(19年)

・☆グランアレグリア(20年) ※21年MCSも制覇

秋春連覇(MCS→安田)

・ニッポーテイオー(87~88年)

・オグリキャップ(89~90年)

・トロットサンダー(95~96年)

隔年制覇

・アグネスデジタル(00年MCS→03年安田記念)

芝ダート両マイルチャンピオンシップ制覇編集

・アグネスデジタル(00年MCS→01年MCS南部杯)

親子制覇編集

・ダイワメジャー(06~07年)→セリフォス(22年)


関連項目編集

JRA 競馬 GⅠ 重賞 京都競馬場

安田記念 スプリンターズステークス 高松宮記念

関連記事

親記事

GⅠ じーわん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 221015

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました