ピクシブ百科事典

クリストフ・ルメール

くりすとふるめーる

クリストフ・ルメールは、JRA(日本中央競馬会)に所属するフランス出身の騎手である。(メイン画像右の人物)
目次[非表示]

経歴

1979年5月20日生まれ。フランス出身。
フルネームはクリストフ・パトリス・ルメール(Christophe Patrice Lemaire)。ミドルネームは父の名前から取られたもの。
父パトリスはフランスの騎手で、障害騎手として活躍した人物である。

1999年騎手免許を取得。
父の勧めもあり、騎手学校ではなく一般の高等学校に入学し、学校が休みの週末に厩舎を出入りすることで騎乗技術を磨いて騎手となった。ちなみに騎手学校に通わず騎手になるというのは、フランスでは障害騎手によく見られる例で、平地騎手としては稀な例である。

2002年に初来日。
2005年有馬記念ハーツクライに騎乗して優勝。無敗の三冠馬ディープインパクトを破ると共に自身初のGⅠ制覇となった。
2006年ドバイシーマクラシックでもハーツクライで優勝している。

その後2015年JRAの騎手免許試験に合格し、同時に合格したミルコ・デムーロと共に通年免許を取得した。
...のだが、初騎乗を翌日に控えた同年2月27日、調整ルームでリツイートをしてしまい、騎乗前日から通信機器等の使用を禁じる規則(八百長などの不正防止が目的)に引っかかって一ヶ月間の騎乗停止処分を受けてしまった。
しかし処分後の同年4月4日に改めてデビュー。翌5日にラキシスで大阪杯(当時GⅡ)を勝利、移籍後の初勝利を重賞タイトルで飾った。

2017年にはレイデオロ日本ダービー初勝利を挙げる。

2018年アーモンドアイ牝馬三冠を達成。さらに次走のジャパンカップでは2分20秒6の2400mの世界記録を打ち立てた。
この年は最終的に215勝を挙げ、武豊が記録した212勝を更新した。

2018年天皇賞・春をフィエールマンで制覇し、保田隆芳・武豊に続く史上3人目の八大競走完全制覇を達成。4月28日には新潟競馬場でJRA通算1000勝を最少騎乗回数(5122戦目。それまでの記録は野平祐二元騎手の5,209戦)で達成した。

2021年には初めてコンビを組んだクロノジェネシス宝塚記念を初勝利。

2021年6月現在で未勝利のGⅠは高松宮記念大阪杯(先述したようにGⅡ時代の2015年に勝っている)、朝日杯フューチュリティステークスホープフルステークスの4つである。

主な騎乗馬

ハーツクライ
'05有馬記念、'06ドバイシーマクラシック

ウオッカ
'09ジャパンカップ

メジャーエンブレム
'15阪神ジュベナイルフィリーズ、'16NHKマイルカップ

サトノダイヤモンド
'16菊花賞、'16有馬記念

レイデオロ
'17東京優駿、'18天皇賞(秋)

アーモンドアイ
'18桜花賞、'18優駿牝馬、'18秋華賞、'18・'20ジャパンカップ、'19ドバイターフ、'19・'20天皇賞(秋)、'20ヴィクトリアマイル

モズアスコット
'18安田記念、'20フェブラリーステークス

フィエールマン
'18菊花賞、'19・'20天皇賞(春)

グランアレグリア
'19桜花賞、'20スプリンターズステークス、'20マイルチャンピオンシップ、'21ヴィクトリアマイル

サートゥルナーリア
'19皐月賞

タワーオブロンドン
'19スプリンターズステークス

ラッキーライラック
'20エリザベス女王杯

シュネルマイスター
'21NHKマイルカップ

クロノジェネシス
'21宝塚記念

関連動画

2005年有馬記念


2018年ジャパンカップ


関連タグ

JRA 騎手
ミルコ・デムーロ:同期にしてライバル。ちなみに仲は良く、2017年の「ファンと騎手の集い」ではミルコをターゲットとしたドッキリの仕掛人となった。


クロエ・ルメール

外部リンク

Twitterアカウント
Wikipedia

関連記事

親記事

騎手 きしゅ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「クリストフ・ルメール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13700

コメント