ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

大阪杯

おおさかはい

JRA(日本中央競馬会)が阪神競馬場の芝コースで開催するGⅠ競走。メイン画像は2013年優勝のオルフェーヴル。
目次 [非表示]

基本データ

コース阪神競馬場2,000m(内回り)
格付けGⅠ
馬齢サラブレッド系4歳以上
登録可能馬JRA所属馬・地方競馬所属馬・外国調教馬(優先出走)
フルゲート16頭
負担重量定量(57kg・牝馬2kg減)

概要

1957年にハンデキャップ制重賞大阪盃競走」として創設。

以降改修工事や震災の被害による閉場に伴う京都競馬場での代替開催を除いて、全て阪神競馬場で行われる。


1962年に産経新聞社賞の提供(スポンサー協力)を受けてからは、1964年に当時の発行新聞の題字表記に合わせて「サンケイ大阪杯」、1989年に旧来の漢字表記戻ったことで「産経大阪杯」に改称。

1973年に賞金別定戦に変更。

1984年のグレード制導入でGⅡに格付け。

1995年より地方競馬所属、2003年より外国調教馬のうち資格を有する馬の参加が認められる。

2017年のGⅠ昇格に伴い現在の正式名に改称され、負担重量が別定から定量に変更。

また産経新聞社の優勝杯提供がセントウルステークス(GⅡ)に変更となった。


本競走は長らく天皇賞(春)のステップレースとして認知されていた。

2016年以前の春競馬で中距離GⅠ競走が宝塚記念しかなく、中距離に特化した有力馬は距離適性が必ずしも合わないリスクを承知の上で長距離の天皇賞(春)またはマイル戦の安田記念に出走するケースも少なくなかった。


大阪杯のGⅠ昇格に伴い、天皇賞(春)と宝塚記念と合わせて春古馬中長距離三冠競走が確立。

また優勝馬には当該年のアイリッシュチャンピオンステークスへの優先出走権が与えられる。


その他データ

(レース距離の変遷)

  • 1957年 - 1964年:1,800m
  • 1965年:1,850m
  • 1966年 - 1971年:1,900m
  • 1972年 - :2,000m

いずれも芝コース。


(当該年における本競走の優先出走権が付与されるレース)

いずれもJRA所属馬は1着以内、地方競馬所属馬は2着以内。


歴代優勝馬

馬の太字は最優秀古馬牡馬・牝馬受賞馬。騎手の太字は騎手顕彰者。

Rはレコードタイム。

回  年   馬名    騎手   備考
昭和創設・阪神芝1800mで施行
第1回1957年ホマレイチ大根田裕也基準タイム1.50 4/5
第2回1958年カツラホマレ大根田裕也初の牝馬制覇。鞍上の大根田は史上初の騎手連覇。
第3回1959年キヨスガタ内藤繁春鞍上の内藤初重賞勝利。
第4回1960年ウイルデイール宇田明彦現行タイム変更後の基準タイム1.50.2 前年皐月賞馬。
第5回1961年コダマ栗田勝前年二冠馬顕彰馬
第6回1962年スギヒメ諏訪真牝馬。前年桜花賞馬。
第7回1963年リユウゼツト大石五十夫牝馬。同年年度代表馬リユウフオーレル5着。
第8回1964年テツノオー大辻省二同年天皇賞(春)ヒカルポーラ6着。
第9回1965年ヤングヒーロー新井仁同年のみ阪神芝1850mで施行。
距離を1900mに変更
第10回1966年バリモスニセイ諏訪真基準タイム1.56.4。1番人気キーストン7着。
第11回1967年リユウフアーロス宮本悳R 1.56.1
第12回1968年ヤマピツト池江泰郎前年オークス馬。
第13回1969年ダテホーライ宇田明彦同年宝塚記念馬。
第14回1970年シュンサクオー小野幸治R 1.55.8。同年天皇賞(春)馬リキエイカン4着。
第15回1971年ケイタカシ池江泰郎R 1.54.7
距離を芝2000mに変更
第16回1972年フイドール武田博基準タイム2.06.6
第17回1973年ニホンピロムーテー武邦彦R 2.02.5。同年より賞金別定戦。1971年菊花賞馬。
第18回1974年キヨノサカエ福永洋一
第19回1975年スカイリーダ高橋成忠R 2.00.9
第20回1976年ロングホーク松田幸春
第21回1977年ゴールドイーグル内田国夫最高齢勝利(7歳)
第22回1978年キングラナーク岩元市三
第23回1979年メトロジャンボ目黒正徳天皇賞馬ホクトボーイ4着、テンメイ6着、エリモジョージ9着
第24回1980年ハシクランツ柴田光陽
第25回1981年サンシードール栗田伸一鞍上の栗田伸は初の騎手父子制覇かつ、唯一の重賞勝ち。
第26回1982年サンエイソロン小島太
第27回1983年ヒカリデユール河内洋同年有馬記念勝利。
グレード制導入。GⅡ格付け
第28回1984年カツラギエース西浦勝一R 2.00.6。同年宝塚記念・JC勝利。
第29回1985年ステートジャガー田原成貴ミスターシービー2着。
第30回1986年サクラユタカオー小島太同年天皇賞(秋)勝利。
第31回1987年ニシノライデン田原成貴同年天皇賞(春)で2着入線も斜行により失格。
第32回1988年フレッシュボイス武豊前年安田記念馬。鞍上の武豊は2人目の騎手父子制覇。
平成
第33回1989年ヤエノムテキ西浦勝一前年皐月賞馬。
第34回1990年スーパークリーク武豊1988年菊花賞・1989年天皇賞(秋)優勝。
第35回1991年ホワイトストーン田面木博公阪神競馬場改修により京都競馬場で施行。
第36回1992年トウカイテイオー岡部幸雄前年二冠馬。同年JC勝利 顕彰馬
第37回1993年メジロマックイーン武豊1990年菊花賞・1991~1992年天皇賞(春)優勝、同年宝塚記念勝利。顕彰馬
第38回1994年ネーハイシーザー塩村克己同年天皇賞(秋)勝利。
第39回1995年インターマイウェイ松永幹夫R 1.59.3 12番人気での勝利。単勝14040円
第40回1996年タイキブリザード岡部幸雄
第41回1997年マーベラスサンデー武豊同年宝塚記念勝利。
第42回1998年エアグルーヴ武豊牝馬。1996年優駿牝馬、1997年天皇賞(秋)優勝。鞍上の武豊は2人目の騎手連覇。
第43回1999年サイレントハンター吉田豊
第44回2000年メイショウオウドウ飯田祐史
第45回2001年トーホウドリーム安藤勝己R 1.58.4
第46回2002年サンライズペガサス安藤勝己鞍上の安藤勝は3人目の騎手連覇。
第47回2003年タガノマイバッハ安藤勝己鞍上の安藤勝は史上唯一の騎手3連覇。
第48回2004年ネオユニヴァースM.デムーロ
第49回2005年サンライズペガサス幸英明最高齢勝利タイ。かつ唯一の隔年制覇。
第50回2006年カンパニー福永祐一鞍上の福永祐は3人目の騎手父子制覇。
第51回2007年メイショウサムソン石橋守前年の二冠馬。同年天皇賞春秋勝利。
第52回2008年ダイワスカーレット安藤勝己前年の牝馬二冠馬・エリザベス女王杯馬。同年有馬記念優勝。
第53回2009年ドリームジャーニー池添謙一同年宝塚記念・有馬記念優勝。
第54回2010年テイエムアンコール浜中俊
第55回2011年ヒルノダムール藤田伸二R 1.57.8 同年天皇賞(春)優勝。
第56回2012年ショウナンマイティ浜中俊
第57回2013年オルフェーヴル池添謙一2011年牡馬三冠・有馬記念、前年宝塚記念優勝、同年凱旋門賞2着・有馬記念勝利。顕彰馬
第58回2014年キズナ武豊前年東京優駿優勝。
第59回2015年ラキシスC.ルメール前年エリザべス女王杯優勝。
第60回2016年アンビシャス横山典弘
GⅠ昇格
第61回2017年キタサンブラック武豊2015年菊花賞、2016年天皇賞(春)・JC優勝、同年天皇賞(春)連覇・天皇賞(秋)・有馬記念勝利。顕彰馬
第62回2018年スワーヴリチャードM.デムーロ
第63回2019年アルアイン北村友一2017年皐月賞優勝
第64回2020年ラッキーライラックM.デムーロ牝馬。2017年阪神JF、前年エリザベス女王杯優勝、同年エリザベス女王杯連覇。
第65回2021年レイパパレ川田将雅前年無敗三冠馬コントレイルを破り優勝。
第66回2022年ポタジェ吉田隼人1番人気エフフォーリアは9着。
第67回2023年ジャックドール武豊R 1.57.4
第68回2024年ベラジオオペラ横山和生鞍上の横山和は4人目の騎手父子制覇。

主な記録

レースレコード
  • タイム:1:57.4
  • 達成馬:ジャックドール(23)
  • 鞍上:武豊
騎手の勝利数
  • 8勝:武豊(88・90・93・97・98・14・17・23)
  • 4勝:安藤勝己(01・02・03・08)
  • 3勝:ミルコ・デムーロ(04・15・20)
騎手の親子制覇
  • 栗田勝(61)→栗田伸一(81)
  • 武邦彦(73)→武豊(上記参照)
  • 福永洋一(74)→福永祐一(06)
  • 横山典弘(16)→横山和生(24)

関連項目

競馬 JRA 重賞 GⅠ 阪神競馬場


天皇賞(春) 宝塚記念

関連記事

親記事

GⅠ じーわん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 227882

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました