ピクシブ百科事典

八大競走

はちだいきょうそう

八大競走とは、日本競馬における8つの主要な競走である。
目次[非表示]

概要


競走名創設年月日前身競走名
東京優駿(日本ダービー)1932年4月24日東京優駿大競走
天皇賞(秋)1937年12月3日帝室御賞典
天皇賞(春)1938年5月15日帝室御賞典
優駿牝馬(オークス)1938年11月23日阪神優駿牝馬
菊花賞1938年12月11日京都農林省賞典四歳呼馬
桜花賞1939年4月9日中山四歳牝馬特別
皐月賞1939年4月29日横浜農林省賞典四歳呼馬
有馬記念1956年12月23日中山グランプリ

の8つの競走を指す。
有馬記念を除く7つの競走はいずれも第二次世界大戦終戦前に始まっており、長い歴史と伝統を持つことから、1984年にグレード制が導入されるまでは最も格の高い競走であった。
なお、3歳(旧4歳)限定の5つの競走は「5大クラシック」と呼ばれる。

これらの他、1960年創設の宝塚記念1976年創設のエリザベス女王杯1981年創設のジャパンカップを含めて、一部では(春秋の天皇賞を1つにして)「十大競走」という呼び名もされたが、直後にグレード制が導入されたこともあって浸透しなかった。
1984年にグレード制が導入されてからは、すべてGⅠに格付けされている。

現在では呼ばれることの少なくなった名前だが、馬主調教師騎手などの競馬関係者にとってはこれらの競走を勝つことは誉れ高いため、現在でも他のGⅠレースより特別視されている。また競馬場における本馬場入場時も八大競走については、2010年に新入場曲が採用されてからもそれまでのG1入場曲である、「グレード・エクウス・マーチ」(東日本)、「ザ・チャンピオン」(西日本)が使われることが多いなど、別格扱いされている。

八大競走に関する記録

競走馬

牡馬は桜花賞優駿牝馬には出られない上に、天皇賞は1980年まで勝ち抜け制度が敷かれていたため、最高で5つ獲れる。これを達成したのはシンザンで、「五冠馬」と呼ばれた。
ちなみにシンザンは宝塚記念も勝っているが、「六冠馬」とは呼ばれないことが多い。
牝馬は規定上は八大競走全てに出走可能だが、実際には桜花賞→皐月賞、優駿牝馬→東京優駿が連闘となる為現実的ではない。
1981年から天皇賞が優勝馬でも再出走が可能になったことから6つとなったが、シンボリルドルフは天皇賞(秋)が2着だったため勝てず、ディープインパクトは天皇賞(秋)に出走したことがなかったため、2018年現在でもクラシック三冠と春秋天皇賞と有馬記念の6つを勝った競走馬はいない。

種牡馬

ヒンドスタン(シンザンの父)、パーソロン(シンボリルドルフの父)、サンデーサイレンスディープインパクトが種牡馬として八大競走完全制覇を達成している。特にサンデーサイレンスとディープインパクトは親子で種牡馬として八大競走完全制覇を達成している。
また、戦前の名種牡馬トウルヌソルは戦後誕生した有馬記念を除く7つの競走を勝った馬の父になった。

騎手

騎手で完全制覇を達成しているのは、保田隆芳、武豊クリストフ・ルメールの3人だけ。

惜しくもあと1つ勝てなかったのは5人いて、加賀武見安藤勝己が皐月賞、柴田政人が優駿牝馬、河内洋が天皇賞秋、岡部幸雄が桜花賞を勝てなかった。

現役騎手では、横山典弘が桜花賞、蛯名正義が東京優駿を勝てば完全制覇となる。

調教師

調教師では、「大尾形」こと尾形藤吉とシンザンを管理した武田文吾が完全制覇を達成している。

馬主

同じ名義ではサンデーレーシングが達成。
金子真人は個人名義とホールディングス名義を合わせて完全制覇を達成している。

関連記事

親記事

GⅠ じーわん

子記事

兄弟記事

コメント