ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

当競走馬をモチーフとするウマ娘については、ナリタタイシン(ウマ娘)を参照。


勝利への解法

変化する状況の中で

次々と迫られる判断

しくじりは決して許されない


どの位置を取るのか

いつまで我慢すべきか

どこを突いて抜け出すか

周囲に目を配れ

知恵を振りしぼれ


最適解を積み重ねた先に

勝利は待っている


概要

生年月日1990年6月10日
没年月日2020年4月13日
英字表記Narita Taishin
性別
毛色鹿毛
リヴリア
タイシンリリイ
母の父ラデイガ
競走成績15戦4勝

馬主は山路秀則。栗東大久保正陽厩舎。

ビワハヤヒデ(B)、ウイニングチケット(W)と共に1993年のクラシックを盛り上げ、BNWと称された。

主な勝ち鞍は皐月賞(1993年)。


※馬齢は数え表記


日本の競走馬としては遅生まれとなる6月生まれ。中々産まれないので牧場の人が油断し始めた頃、放牧中の母馬が自力でお産を済ませたというワイルドな生まれ方をしている。


1992年7月11日、札幌競馬場芝1000m新馬戦でデビュー。1番人気、6着。

福島競馬場で未勝利戦を勝ち上がった後、きんもくせい特別と福島3歳Sを使い、12月に阪神競馬場の千両賞から連闘でラジオたんぱ杯3歳ステークスに挑み優勝。

シンザン記念ではアンバーライオンの2着。

弥生賞からは武豊に乗り代わりウイニングチケットに次ぐ2番人気に推される。レースでは追い込んで2着。


皐月賞はウイニングチケット、ビワハヤヒデの2強からやや離れた3番人気だったが後方一気の追い込みで1着。これ以降、3強の一角として評価される。

1993年4月18日 中山競馬場


日本ダービーでは人気伯仲の3番人気、追い込んで3着。

高松宮杯は1番人気に推されるが逃げたロンシャンボーイを捉え切れず2着。

調整に順調さを欠きながらも菊花賞に出走しビワハヤヒデ、ウイニングチケットに次ぐ3番人気に支持されるがレースでは終始後方のまま17着。

1994年目黒記念から戦線復帰。58.5kgのトップハンデを背負って優勝。

京都競馬場が改修工事で阪神競馬場で開催された春の天皇賞ではビワハヤヒデが1番人気、ナリタタイシンは2番人気。後方からレースを進め、直線追い込むが2着。

宝塚記念へ向けて調整するが故障で断念。休養を経て翌1995年の宝塚記念に出走するが道中後方のまま16着に終わる。


引退し1996年シーズンから種牡馬となるが良い成績を残せず、血統は途絶えている。

2020年4月13日、30歳の生涯を閉じた。


余談

1993年のクラシックレースで武豊(当時24歳)はベガで牝馬二冠を制し、ナリタタイシンで皐月賞を制したことで、日本ダービーには菅原泰夫(1975年)以来の春4冠がかかっていた。

他にもスーパークリークの菊花賞優勝と合わせて牡馬クラシック2冠、天皇賞と有馬記念も優勝していて八大競走完全制覇に残されたのはダービーだけという状況だった(のちの1998年にスペシャルウィークでダービーを初制覇、これにより騎手としては史上2人目となる八大競走完全制覇を達成)。


ナリタブライアンは同じ馬主、調教師で1年下。3歳時に実戦を重ねて鍛えるという育成法が共通している。

福島競馬場で未来のG1馬を見られる機会というのは滅多にない。


関連項目

競走馬 JRA 93世代

BNW ビワハヤヒデ ウイニングチケット


外部リンク

関連記事

親記事

BNW びーえぬだぶりゅ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6496929

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました