2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避


1993年クラシック世代

1990年に生まれ、1993年に4歳(現3歳)を迎えた世代。

ナリタブライアンの兄で、歴代2位のデビューから15戦連続連対記録を持つGⅠ3勝のビワハヤヒデが代表格でハヤヒデ世代と言える。
クラシックを分け合ったビワハヤヒデ・ナリタタイシン・ウイニングチケットの3頭の頭文字から、BNW世代とも呼ばれる。

砂上の織姫ホクトベガと、アドマイヤベガアドマイヤドン兄弟の母ベガ、ハーツクライの母アイリッシュダンスもこの世代。

91世代同様に長寿の馬が多かった、ウイニングチケットは今も健在、ビワハヤヒデ・ナリタタイシン・ノースフライト・ネーハイシーザー・ステージチャンプ・ダンツシアトル・マイヨジョンヌは30歳近くもしくは30歳以上まで生きた。

当時3強種牡馬の1頭トニービンの初年度産駒世代、ベガ・ウイニングチケット・ノースフライト・サクラチトセオーなどが活躍した。

年々先細りとなり、後に廃止となったアラブ系種競走の掉尾を飾った名馬を多く輩出しているのもこの世代の特徴である。

海外では、アメリカで古馬になってからダートに路線を変えて、18戦15勝・GⅠ11勝・当時の世界歴代賞金王にまでなったシガーや、ヨーロッパのマイル戦線で活躍し、種牡馬としても大成功したキングマンボ等がいる。

代表的な競走馬

国内馬

※外国産馬は出身国を併記

馬名性別勝利レース
ビワハヤヒデ菊花賞/宝塚記念
ウイニングチケット日本ダービー
ナリタタイシン皐月賞
ノースフライト安田記念/マイルCS
サクラチトセオー天皇賞・秋
ステージチャンプ日経賞
ダンツシアトル宝塚記念
ネーハイシーザー天皇賞・秋
ホクトベガエリザベス女王杯/帝王賞
ベガ桜花賞/オークス
マーベラスクラウンセンジャパンカップ
ロイスアンドロイスサロベツS/通算3勝
サマニベッピン府中牝馬S/金鯱賞
エルウェーウィン朝日杯3歳ステークス
スエヒロジョウオー阪神3歳牝馬ステークス
ワコーチカコ京都記念
アイリッシュダンス新潟大賞典/新潟記念
マイヨジョンヌ新潟大賞典/福島記念
ユキノビジンクイーンS
マックスジョリーサフラン賞/桜花賞・オークス3着
スターバレリーナローズS
マイシンザン朝日チャレンジC
ドージマムテキ京王杯AH
アドマイヤボサツ平安S/東京大賞典
インターマイウェイ産経大阪杯/函館記念
ホッカイセレス府中牝馬S/中山牝馬S
ブルーファミリー羽田盃
ササノコバン北海優駿/道営記念
ミスタールドルフダービーグランプリ
トチノミネフジ全日本アラブ大賞典
シゲルホームランセイユウ記念/引退後に映画「のぼうの城」に出演
マルシンヴィラーゴ全日本アラブ走覇/かなりの癖馬でその類の伝説が多く残っている。
テンジンショウグン日経賞

外国馬

英国馬

コマンダーインチーフ英ダービー/アイリッシュダービー
テンビーダンテS
ホワイトマズルKGVI&QES

米国馬

シガーBCクラシック/ドバイワールドC
コロニアルアッフェアーベルモントS
シーヒーローケンタッキーダービー

仏国馬

キングマンボムーラン・ド・ロンシャン賞
ザフォニック2000ギニーS
エルナンドリュパン賞

独国馬

ランドジャパンカップ


種牡馬・繁殖牝馬成績

種牡馬はあまり目立っていないがウイニングチケットがひ孫の代でレイパパレを出した。
繁殖はベガが初仔でダービー馬アドマイヤベガや3番仔でJBCクラシック3連覇のダート王アドマイヤドンを出し、孫の代ではハープスターが出た。
またアイリッシュダンスハーツクライを生み、その血は現代においても主力血統となっている。
ノースフライトは直仔の受賞勝ち馬こそゼロだが産駒種牡馬のミスキャスト春の天皇賞勝ち馬のビートブラックを生み、スエヒロジョウオースターバレリーナも重賞勝ち馬を生んでいるなど、全体的に牝馬優勢の世代と言えよう。

関連タグ

    83世代
92世代 93世代 94世代
    03世代

BNW BNW(ウマ娘)

関連記事

親記事

競走馬の世代一覧 きょうそうばのせだいいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「93世代」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「93世代」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30535

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました