ピクシブ百科事典

ユキノビジン(ウマ娘)

ゆきのびじん

ユキノビジンは、『ウマ娘プリティーダービー』に登場するウマ娘である。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日3月10日
身長156cm
体重増減なし
スリーサイズB79/W55/H80

CV:山本希望
「今日のレースは任せてくンなさい。都会の娘には負けませんよ~」

都会に憧れ、田舎から上京してきた純朴ウマ娘。
芯が強く、なんでも根気よくやり遂げるがんばり屋。
標準語をしゃべってるつもりだが、地元の方言が抜けきらない。
故郷に錦を飾るため、デビュー目指してがんばっぺぇ!
(公式ホームページより)

アニメ・漫画

テレビアニメには登場していないが、「BNWの誓い」にて初登場。

CD「STARTING GATE!」や「うまよん」では。ゴールドシチーとの絡みが見られる。
なお、実際のゴールドシチー号はユキノビジン号が生まれた1990年に死去したため、直接の関わりはない。

競走馬ユキノビジン

1990年北海道新冠町生まれ。父サクラユタカオーサクラバクシンオーと同じ。母の父ロイヤルスキーアグネスタキオンと同じ。
1992年公営岩手競馬でデビュー。
元々はJRAでデビューする予定だったが、入厩する予定だった厩舎に空きがなかったため、岩手競馬でデビューすることとなった。
岩手では4戦3勝の成績を残し、1993年明けて4歳(現3歳)で改めて中央に移籍した。

中央では、安田富男を背中に牝馬クラシック戦線に殴りこみをかけるが、桜花賞優駿牝馬(オークス)はいずれもベガ(武豊騎乗)の前に敗れた。

ザ・ヒロインズ(ベガ・ユキノビジン・マックスジョリー)


ちなみに同年の桜花賞と優駿牝馬はどちらも1着がベガ、2着がユキノビジン、3着がマックスジョリーと、上位3頭がまったく同じだった。

同年秋のクイーンステークス(GⅢ)で重賞初(にして唯一の)勝利。
岡部幸雄に乗り代わったエリザベス女王杯は、ホクトベガの10着に敗れるも、ターコイズステークス(当時オープン、2017年よりGⅢ)ではホクトベガにリベンジした。

しかし、その後古馬になってからは脚部不安のため一度も走ることなく、1994年9月に引退し、繁殖牝馬となった。
繁殖牝馬としては、地方で走る馬を産んだが、これといった活躍馬は出ず、2010年に繁殖牝馬を引退。
その後は功労馬として余生を送っていたが、2016年に26歳で死去した。

ピルサドスキー(ファインモーションの半兄)やウイニングチケットマンハッタンカフェ種付けされ子供が生まれている。

この世代の牝馬はレベルが高く、ベガ・ホクトベガを初めとして、ノースフライト・マックスジョリー・スエヒロジョウオー・スターバレリーナなどがいた。

関連イラスト

ユキノビジン



関連タグ

ウマ娘プリティーダービー

サクラバクシンオー(ウマ娘) アグネスタキオン(ウマ娘)
ファインモーション(ウマ娘) ウイニングチケット(ウマ娘) マンハッタンカフェ(ウマ娘)

同世代のウマ娘
ビワハヤヒデ(ウマ娘)ナリタタイシン(ウマ娘)ウイニングチケット(ウマ娘)
※いわゆるBNWと同世代だが、3頭とも一度も対戦することはなかった。
ちなみにビワハヤヒデとは生年月日がまったく同じである。

アドマイヤベガ(ウマ娘) 同世代のベガの子

GⅠ未勝利のウマ娘


外部リンク

第65回「ぱかラジッ!~ウマ娘広報部~」
第72回「ぱかラジッ!~ウマ娘広報部~」

関連記事

親記事

ウマ娘プリティーダービー うまむすめぷりてぃーだーびー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ユキノビジン(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11966

コメント