ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※本馬をモチーフとした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するウマ娘についてはアドマイヤベガ(ウマ娘)参照。

概要

生年月日1996年3月12日
英字表記Admire Vega
性別
毛色鹿毛
サンデーサイレンス
ベガ
母の父トニービン
競走成績8戦4勝
近親アドマイヤボス(全弟) アドマイヤドン(半弟) キャプテンベガ(全弟) ハープスター(近親)

馬主は近藤利一。栗東橋田満厩舎。

※馬齢は数え表記

1998年11月7日京都競馬場芝1600m新馬戦でデビュー。鞍上は武豊
中団から抜け出し1位入線だったが、最後の直線で斜行してしまい、進路妨害で4着へと降着。
武豊は翌週から3週間の騎乗停止となり、エアグルーヴ(エリザベス女王杯ジャパンカップ)とスペシャルウィーク(ジャパンカップ)は乗り代わりとなった(アドマイヤベガの新馬戦の先週に行われた天皇賞(秋)で、武豊は騎乗していたサイレンススズカ失っており、一説にはそのショックが残っていたとされる)。

武豊の騎乗停止が明けた12月5日、エリカ賞(500万下特別)に出走。格上挑戦の未勝利馬ながら単勝1.2倍の人気となり、レースでも2着スリリングサンデーを首差抑え初勝利。
12月26日ラジオたんぱ杯3歳ステークス(現GⅠホープフルステークス)、1番人気に応え優勝。
血統、競走成績から翌年のクラシック戦線の主役と目される。

1999年は弥生賞から始動。単勝1.5倍の1番人気だったが2番人気のナリタトップロードを捉え切れず2着。
皐月賞でも単勝2.7倍の1番人気だったが6着。勝ったテイエムオペラオーからは3馬身、0.6秒差。

日本ダービーではナリタトップロードが単勝3.9倍の1番人気、アドマイヤベガが同じく3.9倍で僅差の2番人気、テイエムオペラオーが4.2倍で3番人気。
先に抜け出したナリタトップロードを外から交わしアドマイヤベガが優勝。前年のスペシャルウィークに続き武豊は、史上初の2連覇。

実況:三宅正治フジテレビ

秋は京都新聞杯から始動。ナリタトップロードが1番人気だったがレースではクビ差で差し切って1着。
菊花賞は単勝2.3倍の1番人気、テイエムオペラオーが3.5倍の2番人気、ナリタトップロードが4.1倍の3番人気。4番人気のラスカルスズカ(サイレンススズカの半弟で橋田満厩舎)は21.5倍と大きく離されていた。
レースではナリタトップロードが先行から抜け出しテイエムオペラオーとラスカルスズカの追撃を凌いで1着。アドマイヤベガは6着に終わった。
同年のJRA賞最優秀4歳牡馬はテイエムオペラオーが受賞。

休養から翌年の宝塚記念を目指したが繋靭帯炎で断念。引退し2001年シーズンから種牡馬となる。
2004年死去。

全弟のアドマイヤボスが2000年のセントライト記念を制し、半弟の アドマイヤドンは2001年朝日杯フューチュリティーステークスなどGI7勝。

ライバルのナリタトップロードとは2勝3敗、テイエムオペラオーとは1勝2敗。

繁殖成績

主な産駒

母の父としての主な産駒


外部リンク

関連記事

親記事

99世代 きゅうきゅうせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アドマイヤベガ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アドマイヤベガ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1213630

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました