ピクシブ百科事典

サンデーサイレンス

さんでーさいれんす

サンデーサイレンス(Sunday Silence)は、アメリカ出身の元競走馬・元種牡馬。(1986~2002)
目次[非表示]

生涯

誕生~デビューまで

1986年3月25日アメリカで誕生。
父はヘイロー(キングヘイローの母グッバイヘイローの父)、母はウィッシングウェル(Wishing Well)、
母の父はアンダスタンディング(Understanding)。

生まれた頃は、見栄えのしない容貌で、さらに脚が内側に曲がっていた(人間で言うと内股)ことで推進力がないと見做され売れなかった。
また、父のヘイローと同様に幼少期から気性難であったことも売れなかった原因だった。

生後8ヶ月の1986年11月にウイルスに罹り生死の境を彷徨った。
また、馬運車の運転手が運転中に心臓発作を起こし、サンデーサイレンス以外の馬は全員死亡した。

こんな馬がアメリカのみならず、日本まで多大な影響を及ぼす馬になるとは、まだ誰も知らなかった。

競走馬時代

1988年10月30日にデビューし2着。
1989年には、最大のライバル・イージーゴアとクラシックを争った。
アメリカ三冠のうち、ケンタッキーダービー(一冠目)とプリークネスステークス(二冠目)を勝利したが、最後のベルモントステークスはイージーゴアに敗れて2着となり三冠を達成できなかった。

競走馬としては14戦9勝(うちGⅠ6勝)2着5回で、全競走で連対(2着以内)を外さなかった。
これだけでも十分名馬の領域であるが、彼の本領はむしろ引退してからであった。

種牡馬時代

アメリカで買い手が付かなかった中で、1990年に社台グループのオーナー・吉田善哉が買い取った。
購入額は1100万ドルで、当時の日本円に換算すると約16億5000万であった。

吉田善哉自身は産駒のデビューを待たずに1993年に死去してしまったが、彼の目に狂いはなかった。
1994年に産駒がデビューを果たすと、フジキセキ朝日杯3歳ステークス(現・朝日杯フューチュリティステークス)を勝利し、いきなりGⅠ勝利を達成。
続く1995年には、ジェニュイン皐月賞ダンスパートナー優駿牝馬(オークス)、タヤスツヨシ東京優駿(日本ダービー)を優勝し、サンデー旋風を巻き起こした。

その後も産駒が次々と大競走を勝利し、リーディングサイアーの座を死ぬまで譲らなかった。
産駒の日本ダービー優勝数は6度であり、これは戦前の大種牡馬トウルヌソルと並んで最多である。
また、2003年スティルインラブが牝馬三冠を達成し、2005年ディープインパクトがクラシック三冠を達成したことで、牡牝両方で三冠馬の父になった。

16歳で死亡

2002年に蹄葉炎を発症し、そこから心不全を併発させ8月19日に死亡した。16歳だった。
ラストクロップ(最後の世代)は2003年産まれであるが、フサイチパンドラエリザベス女王杯を勝利したことで、全世代でGⅠ勝利を達成することとなった。

主な産駒

※競走名及び格付けは開催当時に準じる。
※名前横の☆は、年度代表馬受賞馬

GⅠ勝利馬

1992年

GⅠ:'94朝日杯3歳ステークス

GⅠ:'95皐月賞、'96マイルチャンピオンシップ

GⅠ:'95優駿牝馬

GⅠ:'95日本ダービー

GⅠ:'97宝塚記念

1993年

GⅠ:'95朝日杯3歳ステークス、'96天皇賞(秋)

GⅠ:'96皐月賞

GⅠ:'96菊花賞

※上記3頭にロイヤルタッチを加えた4頭は、「サンデーサイレンス四天王」(または「サンデー四天王」)と呼ばれた。

1994年

GⅠ:'98宝塚記念

G1:'01香港ヴァーズ

1995年

GⅠ:'98日本ダービー、'99天皇賞(春秋)、'99ジャパンカップ

1996年

GⅠ:'98阪神3歳牝馬ステークス

GⅠ:'99日本ダービー

GⅠ:'01エリザベス女王杯

1997年

GⅠ:'00桜花賞

GⅠ:'00皐月賞、'00菊花賞

GⅠ:'00日本ダービー

1998年

GⅠ:'00朝日杯3歳ステークス

GⅠ:'01皐月賞

GⅠ:'01菊花賞、'01有馬記念、'02天皇賞(春)

GⅠ:'02スプリンターズステークス、'03高松宮記念

1999年

GⅠ:ジャパンダートダービー《》、ダービーグランプリ《》、'02東京大賞典、'03フェブラリーステークス

GⅠ:'03スプリンターズステークス、'03/'04マイルチャンピオンシップ

GⅠ:'04高松宮記念

2000年

GⅠ:'02阪神ジュベナイルフィリーズ

GⅠ:'03桜花賞、'03優駿牝馬、'03秋華賞
※史上2頭目の牝馬三冠達成

GⅠ:'03皐月賞、'03日本ダービー

GⅠ:'03/04エリザベス女王杯

GⅠ:'04天皇賞(秋)、'04ジャパンカップ、'04有馬記念
※史上2頭目の秋古馬三冠達成

GⅠ:'05天皇賞(秋)

GⅠ:'06高松宮記念

2001年

GⅠ:'04桜花賞、'06ヴィクトリアマイル(初代女王)

GⅠ:'04皐月賞、'06天皇賞(秋)、'06/'07マイルチャンピオンシップ、'07安田記念

GⅠ:'04優駿牝馬

GⅠ:'05天皇賞(春)

GⅠ:'05マイルチャンピオンシップ、'05香港マイル

GⅠ:'05有馬記念、'06ドバイシーマクラシック

2002年

GⅠ:'05阪神ジュベナイルフィリーズ

GⅠ:'05皐月賞、'05日本ダービー、'05菊花賞、'06天皇賞(春)、'06宝塚記念、'06ジャパンカップ、'06有馬記念
※史上6頭目のクラシック三冠馬

GⅠ:'05秋華賞

GⅠ:'07高松宮記念

2003年産(最終世代)

GⅠ:'06エリザベス女王杯

GⅠ:'07有馬記念

ヴィクトリアマイルが創設された2006年時点の中央GⅠ(24個)で勝ったことがない競走は、
芝GⅠではNHKマイルカップジャパンカップダート(現チャンピオンズカップ)である。
障害GⅠの中山大障害中山グランドジャンプも勝ったことがない。

関連イラスト

【競馬】Sunday Silence



関連タグ

競走馬

関連記事

親記事

競走馬 きょうそうば

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サンデーサイレンス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 105

コメント