ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「灼熱のグランプリへ。」

  • JRA2013年CM「THE LEGEND」シリーズ・宝塚記念編より

概要

阪神競馬場・芝2,200mコースで開催されるJRAGⅠレースのひとつで、冬季開催の有馬記念と並ぶ夏のグランプリレース

有馬記念と同じくファン投票で出走馬を選出する。


1960年、「関西地区の競馬を華やかに盛り上げよう」という趣旨の下、上半期の競馬の総決算的レースとして阪神競馬場・芝1800m戦として創設された。以降、2000m(1961年)及び2200mへの距離延長(1966年)や、グレード制導入によるGⅠへの格付け(1984年)などを経つつ現在に至っている。


基本的に6月第4日曜日の開催で(年によっては5月末・6月初旬・7月初旬に開催されたことも)、上半期最後のGⅠレース。発走時のファンファーレは宝塚記念オリジナルでJRAのファンファーレでは年に1回しか使われないものの一つである(他に「名鉄杯」もオリジナルファンファーレで名鉄電車のミュージックホーンをアレンジしたもの)。

「夏」と書いたが、競馬シーズンとしては「春競馬」の締めくくりとして扱われるため「春のグランプリ」という呼ばれ方をする(そのため、同様の理由で「秋競馬」の締めくくりとして扱われる有馬記念と合わせて「春秋グランプリ」とも呼ばれる)。宝塚記念が終わると主要4場(東京・中山・阪神・京都)での開催は一旦お休みとなり、ローカル場を舞台とする「夏競馬」のシーズンが始まる。


概要の台詞は杉本清・元関西テレビアナウンサーの実況が元ネタ。


今年も、あなたの、そして私の夢が走ります。あなたの夢は○○か、○○か、○○か?私の夢は○○です。


と続き、自分の本命馬を表現していた。ただ本命にされた馬にとっては負けフラグ(例:バンブーメモリー(1991年)、ミッドナイトベット(1998年)。とくに後者は管理する長浜博之調教師が「何?杉さんが本命打ったって?」と顔を曇らせた逸話がある。)。この中でも、1998年天皇賞(秋)においてサイレンススズカ無念の最期を遂げた後となった後に行われた1999年の第40回開催における「あなたの夢はスペシャルウィークグラスワンダーか…私の夢はサイレンススズカです。夢叶わぬとはいえ、もう一度この舞台でダービー馬やグランプリホースと走ってほしかった」という台詞はスポーツ実況屈指の名言として有名になっている。


なお、3歳馬も出走出来るが、2024年現在3歳で優勝した競走馬はいない。

その理由として、有力馬の3歳シーズンは日本ダービー優駿牝馬などのクラシック競走が目標となり、ダービーやオークスからでは間隔が短く馬の疲労が抜けきれてないことが殆どであり、基本的にはそのまま休養に入る。

3歳馬の最高記録は2002年ローエングリンが記録した3着である。


日本ダービー秋華賞ジャパンカップと同様に、比較的堅い決着になりやすいGⅠの1つ(いつも全く荒れないわけではない。ヒシミラクルの例もある)とされる。


大阪杯がGⅠに昇格した2017年から、春古馬三冠競走の最終戦に位置づけられている。

競走条件

出走資格

サラ系3歳以上(出走可能頭数:18頭)

JRA所属馬(ファン投票選出馬・JRA選出馬)

地方所属馬

外国調教馬(最大8頭まで、優先出走)

出走馬の選定方法は以下のとおり。


特別登録を行った馬の中からファン投票上位10頭が優先出走できる。

上記以外の馬(外国所属競走馬を除く)は「通算収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI競走の収得賞金」の総計が多い順に出走できる(地方所属馬も同様)

負担重量

定量(3歳53kg、4歳以上58kg、牝馬2kg減)


歴代優勝馬・騎手

馬の太字は同年の最優秀古馬牡馬or牝馬受賞馬。騎手の太字は騎手・調教師顕彰者。また年の太字京都競馬場で施行。


馬名   騎手   備考
昭和創設・芝1800m
第1回1960年ホマレーヒロ近藤武夫
芝2000mに変更
第2回1961年シーザー伊藤修司
第3回1962年コダマ栗田勝ラストラン。顕彰馬
第4回1963年リユウフオーレル宮本悳
第5回1964年ヒカルポーラ高橋成忠
第6回1965年シンザン栗田勝初の前年三冠馬勝利。現代のGⅠからすればこの勝利を含めて六冠馬となるが、当時は八大競走に本競走が加えられていなかった。顕彰馬
芝2200mに変更
第7回1966年エイトクラウン内藤繁春基準タイム2.15.0。史上初の牝馬制覇。
第8回1967年タイヨウ内藤繁春基準タイム2.19.4。鞍上の内藤は初の騎手連覇。
第9回1968年ヒカルタカイ野平祐二レコード2.14.7。初の地方競馬出身(マル地)馬勝利。
第10回1969年ダテホーライ宇田明彦
第11回1970年スピードシンボリ野平祐二レコード2.13.3。前年の有馬記念馬で、初の秋春グランプリ制覇。最高齢勝利(現7歳)。顕彰馬
第12回1971年メジロムサシ横山富雄
第13回1972年ショウフウミドリ松本善登
第14回1973年ハマノパレード田島良保レコード2.12.7。天皇賞馬タイテエムを破る。次走高松宮杯で悲劇的最期を迎えた。
第15回1974年ハイセイコー増沢末夫京都コースレコード2.12.9。皐月賞以来のGⅠ級勝利。顕彰馬
第16回1975年ナオキ佐々木昭次
第17回1976年フジノパーシア大崎昭一
第18回1977年トウショウボーイ武邦彦2頭目の秋春グランプリ制覇。顕彰馬
第19回1978年エリモジョージ福永洋一
第20回1979年サクラショウリ小島太レコード2.12.4
第21回1980年テルテンリュウ西浦勝一宝塚記念史上唯一中京芝2400mにて施行。
第22回1981年カツアール樋口弘
第23回1982年モンテプリンス吉永正人
第24回1983年ハギノカムイオー伊藤清章レコード2.12.1
グレード制導入
第25回1984年カツラギエース西浦勝一
第26回1985年スズカコバン村本善之
第27回1986年パーシャンボーイ柴田政人唯一のGⅠ勝ちにして重賞勝ち。初の外国産馬勝ち。
第28回1987年スズパレード蛯沢誠治
第29回1988年タマモクロス南井克巳
平成時代
第30回1989年イナリワン武豊鞍上の武豊は初の騎手親子制覇。
第31回1990年オサイチジョージ丸山勝秀
第32回1991年メジロライアン横山典弘鞍上の横山典は2人目の騎手親子制覇。
第33回1992年メジロパーマー山田泰誠
第34回1993年メジロマックイーン武豊最後のGⅠ勝ち。顕彰馬
第35回1994年ビワハヤヒデ岡部幸雄レコード2.11.2
第36回1995年ダンツシアトル村本善之阪神・淡路大震災による阪神被災のため京都で施行。レコード2.10.2ライスシャワー予後不良
あなたの夢は誰でしたか?
第37回1996年マヤノトップガン田原成貴3頭目の秋春グランプリ制覇。
第38回1997年マーベラスサンデー武豊
第39回1998年サイレンススズカ南井克巳結果的に唯一のGⅠ勝ちとなった。
サイレンススズカの宝塚記念競馬 サイレンススズカ
第40回1999年グラスワンダー的場均4頭目のグランプリ秋春制覇。スペシャルウィークとの激戦。
グラスワンダーの宝塚記念
第41回2000年テイエムオペラオー和田竜二この後、古馬中長距離GⅠ「年間グランドスラム」達成。顕彰馬。グラスワンダーはこの競走がラストランとなる。
第42回2001年メイショウドトウ安田康彦テイエムオペラオーのGⅠ連勝、連覇を阻止。
第43回2002年ダンツフレーム藤田伸二
第44回2003年ヒシミラクル角田晃一単勝2億円を当てた「ミラクルおじさん」が有名になった。
ヒシミラクルの宝塚記念
第45回2004年タップダンスシチー佐藤哲三2頭目の7歳馬勝利。前回王者のヒシミラクルとはこの宝塚記念以前の京都大賞典で対戦し、勝利している
第46回2005年スイープトウショウ池添謙一グレード制導入後初の牝馬グランプリ制覇
スイープトウショウ
第47回2006年ディープインパクト武豊シンザン以来2頭目の前年三冠馬勝ち。顕彰馬
第48回2007年アドマイヤムーン岩田康誠
第49回2008年エイシンデピュティ内田博幸
第50回2009年ドリームジャーニー池添謙一
第51回2010年ナカヤマフェスタ柴田善臣同年凱旋門賞で2着。
宝塚記念メンバーをマグカップに入れてみたナカヤマフェスタ選手のゴール!!
第52回2011年アーネストリー佐藤哲三レコード2.10.1
【捧げもの】第52回宝塚記念優勝馬と鞍上。佐藤哲三騎手
第53回2012年オルフェーヴル池添謙一3頭目の前年三冠馬勝ち。また5頭目の秋春グランプリ制覇。顕彰馬
金色の王者オルフェーヴル
第54回2013年ゴールドシップ内田博幸6頭目の秋春グランプリ制覇。
ごーるどしっぷ
第55回2014年ゴールドシップ横山典弘2着:カレンミロティック 3着:ヴィルシーナ ゴールドシップ、史上初の2連覇達成
宝塚記念
第56回2015年ラブリーデイ川田将雅ゴールドシップ3連覇ならず→120億円事件
第57回2016年マリアライト蛯名正義3頭目の牝馬制覇。1番人気ドゥラメンテは2着入線後故障、ラストランとなる。
第58回2017年サトノクラウンM・デムーロ
第59回2018年ミッキーロケット和田竜二和田17年ぶりの中央GⅠ制覇
2273 宝塚記念 ~ゴール直後の男泣き~
令和時代
第60回2019年リスグラシューD・レーン4頭目の牝馬制覇。同年の有馬記念も制し史上初の牝馬グランプリ春秋制覇。
第61回2020年クロノジェネシス北村友一5頭目の牝馬制覇。※新型コロナウイルス感染拡大の為、無観客開催
第62回2021年クロノジェネシスC・ルメール7頭目の秋春グランプリ制覇、史上2頭目の宝塚記念2連覇
第63回2022年タイトルホルダー横山和生レコード2.09.7。鞍上の横山和は史上3人目の騎手親子制覇かつ、初の騎手親子三代制覇。
第64回2023年イクイノックスC・ルメール8頭目の秋春グランプリ制覇
第65回2024年※阪神競馬場スタンドリフレッシュ工事により京都競馬場で開催。

関連項目

JRA ファン投票

有馬記念:宝塚記念と有馬記念を同年に優勝すると、「春秋グランプリ制覇」と言われる。


帝王賞:宝塚記念の3日後、6月第4水曜日に大井競馬場で開催されるダートJpn1。


春古馬三冠大阪杯 天皇賞(春)


疾走の馬、青嶺の魂となり:第36回宝塚記念の悲劇

120億円事件:第56回宝塚記念の喜劇(人によっては悲劇)

関連記事

親記事

GⅠ じーわん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1701327

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました