2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

同馬をモデルとするウマ娘バンブーメモリー(ウマ娘)を参照。

1985年5月14日生まれ、父モーニングフローリック、母マドンナバンブー。通算39戦8勝。武邦彦厩舎所属。

1987年デビュー、1989年4月にようやく条件戦を勝ち上がり、シルクロードステークス3着のあとで、ここで勝負に出て安田記念に連闘で出走、このレースは本命不在の混戦で、鞍上に岡部幸雄を据えて10番人気で挑み、最後の直線を豪快に差し切ってGI初制覇を果たす。秋シーズンは松永昌博を鞍上に迎えてスワンステークスで重賞2勝目、続くマイルチャンピオンシップでは、管理する武邦彦の息子である武豊が鞍上となり、レースでは最後の直線を抜け出してGI2勝目、というところで大内からオグリキャップが強襲。史上に残る名勝負となるが結果は2着、続くジャパンカップもオグリキャップと同じく連闘で出走し13着。この年のJRA最優秀スプリンターを受賞。

1990年は初戦の安田記念をオグリキャップのレコード勝ちの後ろで6着、宝塚記念は長市ジョージの6着と精彩を欠くものの、続く高松宮杯(当時GⅡ、芝2000m)を危なげなく制して重賞3勝目、天皇賞(秋)ヤエノムテキの3着、去年の借りを返すべく出走したマイルチャンピオンシップでは、パッシングショットの2着に敗れてしまうが、年末のスプリンターズステークスでは最後直線を末脚を延ばして快勝。GⅠ2勝目を挙げ、しかも勝ちタイム1分7秒8は当時の芝1200mのJRAレコードタイムだった。この年も最優秀スプリンターを受賞。

1991年も現役を続けるが、さすがにピークは過ぎており安田記念はダイイチルビーの3着、宝塚記念は杉本清アナウンサーの「私の夢はバンブーです」と指名されたが、10頭立ての10着と最下位負けを喫し、毎日王冠はプレクラスニーの6着、スワンステークスはケイエスミラクルの6着、そしてマイルチャンピオンシップは8着で、このレースを最後に引退した。

パッシングショットとは2勝1敗、ダイタクヘリオスとは4勝2敗だったが、ついにマイルチャンピオンシップは勝てなかった。

関連タグ

競走馬 88世代

関連記事

親記事

88世代 はちはちせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「バンブーメモリー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「バンブーメモリー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 127611

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました