ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要編集

ブライアンズタイムは1985年5月28日アメリカ生まれ、父ロベルトケリーズデイ。通算21戦5勝。


現役時代(1988年~89年)はフロリダダービー(GI)・ジムダンディS・ペガサスHなどを勝ち、ケンタッキーダービー6着、プリークネスS2着、ベルモントS3着などの実績を上げた。引退後日本に輸入され、初年度産駒からナリタブライアンチョウカイキャロルなど産駒が大活躍し、前年のトニービン後年のサンデーサイレンスと合わせ90年代種牡馬界では三強種牡馬と謳われた。


その後もマヤノトップガンシルクジャスティス・マイネルマックス・サニーブライアンファレノプシス・シルクプリマドンナ・トーホウエンペラーダンツフレーム・ノーリーズン・タニノギムレットタイムパラドックスフリオーソなどのGI馬や重賞勝ち馬を多数輩出。


ブライアンズタイム産駒の特徴としてみにくいアヒルの子の話が当てはまり、最初は見た目が良くない馬が多いが、不安点が解消されると大化けし一気に強くなる馬が多かった。


レースを使われながら強くなる叩き良化型の産駒も多かった。


比較的パワー型なのでダート馬も結構多くいた。


2013年4月、放牧中の転倒による骨折で安楽死の処分がとられ永眠。


関連タグ編集

競走馬 種牡馬 88世代

関連記事

親記事

88世代 はちはちせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62449

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました