ピクシブ百科事典

武豊

あいまいさかいひをさんしょう

武豊とは、以下の2つの意味を持つ。
目次[非表示]

曖昧さ回避

1:愛知県知多郡武豊町(たけとよちょう)
2:JRA所属の騎手武豊(たけ・ゆたか)

本記事では騎手の武豊について記述する。
※親族と区別するため本文中は「豊」と表記する。

注:「武豊」だけで検索しようとすると、ゴールデンボンバーのメンバー・喜矢武豊(きゃん・ゆたか)もヒットするため、「武豊 馬」「武豊 騎手」などと検索するのが望ましい。奇しくもその喜矢武豊とは、誕生日が同じ3月15日である。

家族

父は「ターフの魔術師」「名人」と謳われた騎手で、元調教師武邦彦
4人兄弟の三男で、9歳年下の弟武幸四郎も騎手であったが、2017年3月に調教師に転身した。
妻は元アイドル佐野量子1995年に結婚した。

経歴

1969年3月15日滋賀県栗東市に生まれる。同じく2世騎手の福永祐一とは、実家が近所である。
1987年に競馬学校を卒業しプロデビューを果たす。同期の騎手には、蛯名正義がいる。(ちなみに蛯名は1969年3月19日生まれで、豊と4日違いである。)

1980年代

1987年3月1日に騎手デビュー。初勝利は3月7日
ルーキーイヤーは69勝で終え、2008年三浦皇成が更新するまで最多記録を保持していた。
トウカイローマンに騎乗した京都大賞典(G2)で、初の重賞勝利。
1988年菊花賞スーパークリークに騎乗し、1着でゴール。19歳8ヶ月でGⅠレースに初勝利。

1990年代

1991年には22歳4ヶ月で史上最速・最年少でJRA通算500勝を達成した。
1994年にはフランスのムーラン・ド・ロンシャン賞に勝利し、自身初そして、JRA所属の騎手で初めて海外G1勝利。
1995年7月には史上最速・最年少(26歳4ヶ月)でJRA通算1000勝を達成した。
1998年日本ダービーではスペシャルウィークで初制覇を果たす。これまで過去9回勝てなかった同レースで初勝利し、ダービージョッキーの栄誉に輝く。そして、騎手では保田隆芳以来2人目となる八大競走完全制覇を果たした。
1999年の日本ダービーでも、アドマイヤベガに乗り、史上初の日本ダービー連覇を達成する。

2000年代

2002年9月に史上最速・最年少(33歳6ヶ月)でJRA通算2000勝を達成。
2005年の日本ダービーでは、ディープインパクトで挑み、4度目の勝利を達成した。
同年の菊花賞でもディープインパクトに騎乗し、ここでも勝利。同馬を三冠馬に導いた。
2007年11月に史上初のJRA通算3000勝を達成する。(38歳7ヶ月)
2008年天皇賞(秋)をウオッカで勝利し、春秋合わせて最多の11勝目を記録する。

2010年代

2010年ジャパンカップで1988年から続けたG1レース連続勝利記録を23年に伸ばした。
2012年にはこの時点まで勝利がなかったマイルチャンピオンシップを初制覇した。
2013年1月で、史上初の3500勝を達成する。
同年の日本ダービーでは、ディープインパクトの産駒キズナで8年ぶり自身通算5勝目を挙げる。
同年11月にはマイルチャンピオンシップを勝利し、地方・海外含めG1レース通算100勝を達成した。
2017年4月に、春の天皇賞キタサンブラックで勝利し、このレース通算8勝目を挙げ、同一G1レース最多勝記録を更新。
2018年9月29日、JRA通算4000勝の大台に到達。

評価・特筆

  • JRA通算4000勝(2018年9月29日時点)は前人未到の大記録であるとともに、GⅠ(Jpn1を含む)レース100勝はグレード制の導入(1984年)以後の最多勝利記録である。
  • 2003-2005年に、JRA年間200勝以上を記録。年間200勝以上を記録したのは彼と2018年のクリストフ・ルメールだけである。
  • 1987年にデビューしてから、2019年まで33年連続で重賞勝利を更新中。
  • 1988年から2010年に至るまで23年連続G1レース勝利。(地方競馬のJpn1レースを含めると2017年まで30年連続GⅠ級レース勝利。)
  • 1988年から2009年まで2001年を除き21度リーディングジョッキーに輝く。
  • 同一年に最多勝利、最多獲得賞金、最高勝率を獲得した騎手に送られる「騎手大賞」を9度(97~99、02~06年)受賞している。騎手大賞を受賞している騎手は彼の他には岡部幸雄(87.91年)、クリストフ・ルメール(18年)の3名だけである。
  • 1998年に日本ダービーで初勝利。これにより、騎手では保田隆芳以来2人目の八大競走完全制覇を達成した。(豊は29歳、保田は38歳で達成。)また、日本ダービー5勝は騎手では歴代最多勝利である。
  • 天皇賞春秋合わせて14勝は歴代最多である。(春8勝・秋6勝)特に春8勝は同一G1レース最多勝利記録であり、「平成の盾男」とも言われる。また、1989年~1992年にかけて4年連続で春を勝利している。(1989年がイナリワン、1990年がスーパークリーク、1991年と1992年がメジロマックイーン。)
  • 2002年12月7日には、阪神競馬場で1日に8勝を記録した。
  • 『平成三強』と呼ばれたオグリキャップスーパークリークイナリワン3頭すべてに騎乗し、それぞれ複数回GⅠ勝利を記録した。
  • 2018年終了時点で、未勝利のJRA・G1レースは、朝日杯フューチュリティステークスと、2017年よりG2から昇格したホープフルステークス。これに勝利すると、前人未到のG1レース完全制覇を達成する。また、地方競馬の交流重賞のG1/Jpn1競走でも未勝利なのは「JBCレディスクラシック」だけである。
  • 2016年10月4日に金沢競馬場で行われた第36回白山大賞典に勝利したことで、交流重賞が実施されているすべての競馬場での重賞制覇という前代未聞の記録を達成している。これは過去には実施されていたが現在は交流重賞が行われていない競馬場及び廃止された競馬場を含めての記録。(現存する競馬場全体で見ると未勝利なのは、ばんえい専門の帯広と交流重賞の開催実績がなく現在休止中の姫路のみ)
  • メディア露出も本人が積極的なこともあって多く。ドラマやアニメで本人役として出演したこともある。2018年にはウマ娘プリティーダービーのプロモーターに就任しており、アニメ版でも第5話において本人役で出演、この時は日本ダービーのレース実況(奇しくも元ネタは、自身が初めて優勝した1998年の第65回日本ダービー)を担当した。


主な騎乗馬

GⅠ勝利馬

※勝鞍は武豊とコンビを組んだもののみ記載。 ★はJRA顕彰馬
※海外GⅠ(G1)は()に開催国を記載。
※地方GⅠは〈〉に開催地を記載。

GⅠ:'88菊花賞、'89天皇賞(秋)、'90天皇賞(春)
GⅡ:'89/'90京都大賞典、'90大阪杯

GⅠ:'89桜花賞
GⅡ:'89ローズステークス
GⅢ:'89ペガサスステークス

GⅠ:'89天皇賞(春)、'89宝塚記念

GⅠ:'90安田記念、'90有馬記念

GⅠ:'90スプリンターズステークス
GⅡ:'90高松宮杯

GⅠ:'91/'92天皇賞(春)、'93宝塚記念
GⅡ:'91/'92阪神大賞典、'91/'93京都大賞典、'93産経大阪杯

GⅠ:'93桜花賞、'93優駿牝馬
※他にチューリップ賞を勝っているが、チューリップ賞は'93年当時重賞ではなかった。翌'94年よりGⅢに昇格し、2018年にGⅡに昇格した。

GⅠ:'93皐月賞
GⅡ:'94目黒記念

GⅠ:'94桜花賞

GⅠ:'94阪神牝馬3歳ステークス

GⅠ:'95安田記念
GⅡ:'96京王杯スプリングカップ

GⅠ:'95優駿牝馬

GⅠ:'96優駿牝馬、'97天皇賞(秋)
GⅡ:'97/'98札幌記念、'98産経大阪杯
GⅢ:'96チューリップ賞、'97マーメイドステークス

GⅠ:'96菊花賞
GⅡ:'96弥生賞、'96京都新聞杯

GⅠ:'97NHKマイルカップ、'98モーリス・ド・ゲスト賞(フランス
GⅡ:'96デイリー杯3歳S、'97ニュージーランドトロフィー4歳ステークス
GⅢ:'97シンザン記念、'97フラワーカップ、'98シルクロードステークス

GⅠ:'97宝塚記念
GⅡ:'96京都大賞典、'97大阪杯
GⅢ:'96エプソムカップ、'96札幌記念、'96朝日チャレンジカップ

GⅠ:'98桜花賞、'98秋華賞
GⅡ:'98ローズステークス

GⅠ:'98東京優駿、'99天皇賞(春秋連覇)、'99ジャパンカップ
GⅡ:'98京都新聞杯、'99阪神大賞典

GⅠ:'99東京優駿
GⅡ:'99京都新聞杯
GⅢ:'98ラジオたんぱ杯3歳ステークス

GⅠ:'00皐月賞、'00菊花賞

GⅠ:'01NHKマイルカップ、'01ジャパンカップダート

GⅠ:'01エリザベス女王杯

海外G1:'01香港ヴァーズ(香港)
海外G2:'02ドバイシーマクラシック(ドバイ)
GⅡ:'00目黒記念

GⅠ:'02東京優駿
GⅢ:'02シンザン記念、'02アーリントンカップ

GⅠ:'02ジャパンダートダービー〈大井〉、'02ダービーグランプリ〈盛岡〉、'02東京大賞典〈大井〉、'03フェブラリーステークス
GⅢ:'03アンタレスステークス

GⅠ:'02スプリンターズステークス

GⅠ:'02秋華賞、'02エリザベス女王杯
GⅡ:'03阪神牝馬ステークス、'04札幌記念

GⅠ:'03/'04エリザベス女王杯
GⅡ:'03ローズステークス、'05阪神牝馬ステークス
GⅢ:'04マーメイドステークス

GⅠ:'04桜花賞
GⅢ:'04フラワーカップ

GⅠ:'04ジャパンカップダート、'05川崎記念〈川崎〉、'05帝王賞〈大井〉、'05/'06JBCクラシック

GⅠ:'05クラシック三冠(皐月賞、東京優駿、菊花賞)、'06天皇賞(春)、'06ジャパンカップ、'06有馬記念
GⅡ:'05弥生賞、'06神戸新聞杯、'06阪神大賞典

GⅠ:'05秋華賞
GⅡ:'05ローズステークス

GⅠ:'05ジャパンダートダービー '05ダービーグランプリ '05ジャパンカップダート '06フェブラリーS 

GⅠ:'07JBCクラシック '07ジャパンカップダート '07東京大賞典 '08フェブラリーS
Jpn1:'08/'09JBCクラシック '09帝王賞 '10川崎記念

GⅠ:'08天皇賞(秋)、'09ヴィクトリアマイル、'09安田記念

GⅠ:'10/'11JBCクラシック〈'10は船橋、'11は大井〉、'10/'11東京大賞典〈大井〉、'11帝王賞〈大井〉、'12川崎記念〈川崎〉
GⅡ:'10浦和記念〈浦和〉、'10ダイオライト記念〈船橋〉、'10日本テレビ盃〈船橋〉

GⅠ:'10ジャパンカップ
※:ブエナビスタの降着による繰り上がり。
GⅡ:'10神戸新聞杯

GⅠ:'12マイルチャンピオンシップ

GⅠ:'13東京優駿
GⅡ:'13京都新聞杯、'14大阪杯
GⅢ:'13毎日杯
海外G2:'13ニエル賞(フランス)

GⅠ:'14帝王賞〈大井〉
GⅡ:'13日本テレビ盃〈船橋〉

GⅠ:'15フェブラリーステークス、'15JBCクラシック〈大井〉、'16/'17かしわ記念〈船橋〉、'16帝王賞〈大井〉
GⅡ:'15東海ステークス

GⅠ:'16天皇賞(春) '16ジャパンカップ '17天皇賞(春秋連覇) '17有馬記念
GⅡ:'16京都大賞典

GⅠ:'19フェブラリーステークス
GⅡ:'19東海ステークス

動画集

1:1988年菊花賞 -初のG1制覇
2:1989年天皇賞(春) -初の天皇賞制覇
3:1990年有馬記念 -オグリキャップで初めて有馬記念を勝利
4:1993年宝塚記念 -メジロマックイーン
5:1998年日本ダービー -初の東京優駿制覇および八大競走完全制覇達成。
6:1998年毎日王冠 -史上最高のG2
7:2005年日本ダービー -怪物馬・ディープインパクト
8:2011年帝王賞 -「ダートのサイレンススズカ」
9:2013年日本ダービー -父子制覇

関連タグ

武豊線:終着駅の武豊駅はファンの聖地
競馬 JRA 騎手

関連リンク

関連記事

親記事

騎手 きしゅ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「武豊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8693

コメント