ピクシブ百科事典

菊花賞

きっかしょう

京都競馬場芝3000mで施行されるGⅠ競走。牡馬クラシック最後の1冠である。「きくかしょう」とも読む。
目次[非表示]

概要

創設は1938年(昭和13年)。
イギリスのクラシック競走、セントレジャーステークスが手本となっている。
施行距離もセントレジャーステークスとほぼ同じ3000mに設定され、「京都農林省賞典4歳呼馬」という名称で創設された。
翌年に新設された「横濱農林省賞典4歳呼馬(現在の皐月賞)、以前から存在していた「東京優駿競走」(現在の日本ダービー)と共に、日本における牡馬クラシック三冠を構成している。
1948年、名称が現在の「菊花賞」に変更された。

施行時期が日本ダービーから離れている事もあり、夏場に力をつけた馬、いわゆる「上がり馬」がやってくる事も多く、皐月賞とダービーを制した2冠馬が菊花賞で敗れるケースも多い。
具体的には、ミホノブルボンメイショウサムソンなどが菊花賞で敗れ3冠を逃している。
ちなみに、日本ダービーと菊花賞を制した2冠馬は過去2頭しか存在していない(クリフジタケホープ、奇しくもこの2頭は皐月賞に出走していない)。
皐月賞と比べるとダービーの方が距離が近く、一見皐月賞馬よりダービー馬の方が有利に見えるが、皐月賞と菊花賞を制する形での2冠馬の方が多いのである。
実際の所、ダービーの方は有力馬が多数集まってくる事もあり皐月賞を制してもダービーをとれない馬は多い。また、ダービーに比べて皐月賞はレース間隔が空いており、故障でダービーに出走できなかったが秋に復帰した2冠馬も複数いる。
また、後述するが最近はダービー馬でも菊花賞を回避する事がある。
そういった諸々の事情が重なっての結果なのかもしれないが・・・
それにしても1973年から40年近くダービーと菊の2冠馬が出てないのはある意味凄い。

トライアル競走

下記の2競走がトライアル競走となっている。
しかし、いずれも菊花賞とは距離が離れており「トライアルとして機能していない」という批判も多い。

レース名グレード施行馬場競馬場出走権が与えられる着順
セントライト記念GⅡ芝・外回り2200m中山競馬場3着以内
神戸新聞杯GⅡ芝・外回り2400m阪神競馬場3着以内

最も強い馬が勝つ

菊花賞は、3冠の中でも「最も強い馬が勝つ」と言われている。
何故なら、3歳馬にとって3000mという長丁場は未知の領域であり、長距離を走り抜けるだけのスタミナが要求される。
また、このレースが行われる京都競馬場の第3コーナーには高低差3.9mという急坂、通称「淀の坂」が存在している。このレースでは、そんな急坂を2回も通過する必要がある。
そのため、このレースは単純なスピードだけではない、スタミナやパワーなど競走馬としての総合的な能力が求められるレースと言える。
しかし、それは言い換えれば「長距離を走り抜けられない馬は勝てない」という事である。
そのため現在では、施行時期が近く菊花賞に比べ距離も短い天皇賞(秋)に有力馬が出走する事も多い。
そんな背景もあってか、近年の菊花賞には条件戦を勝ち上がってきたばかりの馬が出走する事も多く、レベルの低下が懸念され始めている。
そんな中、2010年代からは菊花賞を制した馬の活躍ぶりに目を見張るものがあることから(2010年~2016年までの菊花賞馬7頭中5頭が菊花賞後に他のG1を勝利しており)、再評価の兆しが見られる。

余談

・1970年にビクトリアカップ(現在のエリザベス女王杯)が創設されるまで、牝馬3冠の最終戦は菊花賞だった。

・1944年の第7回菊花賞(この時は長距離特殊競走という名称)は、競走不成立となっている。
このレースは、前回とはコースが変わっており内回りのコースを2周するコースであった。
が、伝達不備によりすべての馬が前回と同じく内1周、外1周の3100mを走っていたのである。
結果、全馬失格となり競走不成立という前代未聞の結果となった。

・2002年の第63回菊花賞は、色んな意味で波乱を巻き起こしたレースだった。
この時の1番人気は、皐月賞を制した武豊騎乗のノーリーズン。単勝オッズ2.5倍という大きな支持を受けていた。
が、スタートから1秒近くで落馬。
競馬中継において実況の美藤アナが「ああっ何とノーリーズン落馬あああああああああ!!!!!!!」と思わず絶叫していた。
幸い人馬共に異状はなかったものの、スタートから数秒でノーリーズンがらみの馬券およそ110億円分が吹っ飛んだのである。
この時点で充分大波乱なのだが、レース結果も1着が10番人気のヒシミラクル、2着が16番人気のファストタテヤマというとんでもない大荒れ。
最終的に、馬単馬券の払戻金が18万2580円という大波乱が巻き起こった。

歴代優勝馬

回数施行年馬名騎手
第1回1938年テツモン伊藤正四朗
第2回1939年マルタケ清水茂次
第3回1940年テツザクラ伊藤勝吉
第4回1941年セントライト小西善蔵
第5回1942年ハヤタケ佐藤勇
第6回1943年クリフジ前田長吉
第7回1946年アヅマライ武田文吾
第8回1947年ブラウニー土門健司
第9回1948年ニユーフォード武田文吾
第10回1949年トサミドリ浅野武志
第11回1950年ハイレコード浅見国一
第12回1951年トラツクオー小林稔
第13回1952年セントオー梅内慶蔵
第14回1953年ハクリヨウ保田隆芳
第15回1954年ダイナナホウシユウ上田三千夫
第16回1955年メイヂヒカリ蛯名武五郎
第17回1956年キタノオー勝尾竹男
第18回1957年ラプソデー矢倉義勇
第19回1958年コマヒカリ浅見国一
第20回1959年ハククラマ保田隆芳
第21回1960年キタノオーザ伊藤竹男
第22回1961年アズマテンラン野平好男
第23回1962年ヒロキミ高松三太
第24回1963年グレートヨルカ保田隆芳
第25回1964年シンザン栗田勝
第26回1965年ダイコーター栗田勝
第27回1966年ナスノコトブキ森安弘明
第28回1967年ニツトエイト伊藤竹男
第29回1968年アサカオー加賀武美
第30回1969年アカネテンリュウ丸目敏英
第31回1970年ダテテンリュウ宇田明彦
第32回1971年ニホンピロムーテー福永洋一
第33回1972年イシノヒカル増沢末男
第34回1973年タケホープ武邦彦
第35回1974年キタノカチドキ武邦彦
第36回1975年コクサイプリンス中島啓之
第37回1976年グリーングラス安田富男
第38回1977年プレストウコウ郷原洋行
第39回1978年インターグシケン武邦彦
第40回1979年ハシハーミット河内洋
第41回1980年ノースガスト田島良保
第42回1981年ミナガワマンナ菅原泰夫
第43回1982年ホリスキー菅原泰夫
第44回1983年ミスターシービー吉永正人
第45回1984年シンボリルドルフ岡部幸雄
第46回1985年ミホシンザン柴田政人
第47回1986年メジロデュレン村本義之
第48回1987年サクラスターオー東信二
第49回1988年スーパークリーク武豊
第50回1989年バンブービギン南井克己
第51回1990年メジロマックイーン内田浩一
第52回1991年レオダーバン岡部幸雄
第53回1992年ライスシャワー的場均
第54回1993年ビワハヤヒデ岡部幸雄
第55回1994年ナリタブライアン南井克己
第56回1995年マヤノトップガン田原成貴
第57回1996年ダンスインザダーク武豊
第58回1997年マチカネフクキタル南井克己
第59回1998年セイウンスカイ横山典弘
第60回1999年ナリタトップロード渡辺篤彦
第61回2000年エアシャカール武豊
第62回2001年マンハッタンカフェ蛯名正義
第63回2002年ヒシミラクル角田晃一
第64回2003年ザッツザプレンディ安藤勝己
第65回2004年デルタブルース岩田康成
第66回2005年ディープインパクト武豊
第67回2006年ソングオブウィンド武幸四郎
第68回2007年アサクサキングス四位洋文
第69回2008年オウケンブルースリ内田博幸
第70回2009年スリーロールス浜中俊
第71回2010年ビッグウィーク川田将雅
第72回2011年オルフェーヴル池添謙一
第73回2012年ゴールドシップ内田博幸
第74回2013年エピファネイア福永祐一
第75回2014年トーホウジャッカル酒井学
第76回2015年キタサンブラック北村宏司


関連タグ

競馬 メジロマックイーン ライスシャワー オルフェーヴル ディープインパクト ナリタブライアン

pixivに投稿された作品 pixivで「菊花賞」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15641

コメント