ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

武幸四郎はJRAの元騎手であり、調教師。
1978年11月3日生まれ、滋賀県出身。
騎手としては長身の177.0cmで、その長身を活かしたフォームが特徴だったが、それ故に減量が非常に厳しく、現役時代通して体重管理には悩まされた。

来歴

1978年11月3日滋賀県栗太郡栗東町(現・栗東市)にて生を受ける。
父は元騎手・調教師の武邦彦。兄はあの名ジョッキー武豊という競馬一家に生まれ育った。

ちなみに、幸四郎が生まれた直後に邦彦がインターグシケン菊花賞3勝目を挙げたことから、邦彦は菊三(きくぞう)という名前を提案していたが、妻(豊・幸四郎の母)からは「落語家みたい」という理由で却下されたという。

1997年、父である武邦彦厩舎所属でデビュー。
武豊の弟という事もあり、メディアなどで大々的に取り上げられた。

デビュー戦は1997年3月1日阪神競馬第1競走。メイショウユリヒメに騎乗し、13頭中6着という結果になった。

そして期待通りデビューから2日で、11番人気のオースミタイクーンでマイラーズCを制し初勝利が重賞制覇という離れ業をやってのけた(兄の武豊騎手も同じ日にランニングゲイルで弥生賞を制しており兄弟同日重賞制覇)。JRA史上最年少(18歳)重賞勝利。

以後は

  • 2000年:10番人気のティコティコタックで秋華賞を勝利しGI初制覇。
  • 2003年:9番人気のウインクリューガーでNHKマイルCを制しGI2勝。
  • 2006年:8番人気のソングオブウインドで菊花賞を制しクラシック初勝利。親子2代菊花賞制覇、兄弟菊花賞制覇。
  • 2013年:9番人気のメイショウマンボでオークス制覇、兄弟オークス制覇。メイショウマンボで年間GI3勝
と勝利を重ね活躍。

調教師転身

2017年騎手引退、引退後は調教師に転身したが、しばらくは厩舎を構えずは美浦所属である藤沢和雄調教師のもとで技術調教師として活動
2018年3月1日、栗東トレーニングセンターに厩舎を構えた。

2019年調教師としてハッピーアワーで重賞初制覇。

主な管理馬

関連記事

親記事

調教師 ちょうきょうし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「武幸四郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1409

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました