2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

経歴

1969年3月19日生まれ。北海道札幌市出身。
1987年騎手デビュー。同期は武豊。(武豊は1969年3月15日生まれで生年月日が4日違い。)

重賞初勝利は1992年のフェブラリーハンデキャップ(当時GⅢ、現GⅠフェブラリーステークス)のラシアンゴールド
GⅠ初勝利は1996年天皇賞(秋)のバブルガムフェロー

1995年、フジヤマケンザンで日本馬として36年ぶりの海外重賞制覇を達成。
1999年、エルコンドルパサーで日本馬として史上初めて凱旋門賞で2着(2010年にもナカヤマフェスタで2着)。
2001年、トロットスターマンハッタンカフェなどが活躍し、初の全国リーディング獲得。
2010年、アパパネ牝馬三冠達成、オークスでGI初の1着 同着。

2012年、史上7人目となるJRA通算2000勝を挙げるなど、関東のトップジョッキーとして名を馳せる。

2020年12月、2021年度の調教師試験に合格し、2021年2月28日を以て騎手を引退し、調教師へ転身する。
現役最後の競走となった中山記念(GⅡ)はゴーフォザサミットで4着に入り、34年に渡る騎手生活を終えた。

八大競走のうち、東京優駿(日本ダービー)だけは勝てなかった。

エピソード

2014年より始まった有馬記念の公開枠順抽選会では、3年連続で8枠16番となった。
2014年はくじ引きが最後だったため、残っていたのが8枠16番だった。
2015年は逆に最初にくじを引いたが、出てきたのはまさかの8枠16番。
そして2016年は最後から2番目にくじを引くことになった。この時点で残っていたのは1枠2番と8枠16番だったが、蛯名が引いたのはなんと8枠16番。これには蛯名自身も苦笑いを浮かべるしかなかった。

騎手を目指すきっかけはグリーングラスが勝利した菊花賞の競馬中継を見て志した

主な騎乗馬

※勝鞍は蛯名とコンビを組んだレースのみ記載。

GⅠ勝利馬

バブルガムフェロー'96天皇賞(秋)
エルコンドルパサー'98ジャパンカップ、'99サンクルー大賞【フランス】
ウメノファイバー'99優駿牝馬
エアジハード'99安田記念、'99マイルチャンピオンシップ
ファストフレンド'00帝王賞大井〉、'00東京大賞典〈大井〉
トロットスター'01高松宮記念、'01スプリンターズステークス
マンハッタンカフェ'01菊花賞、'01有馬記念、'02天皇賞(春)
トウカイポイント'02マイルチャンピオンシップ
ドリームジャーニー'06朝日杯フューチュリティステークス
マツリダゴッホ'07有馬記念
アパパネ'09阪神ジュベナイルフィリーズ、'10桜花賞、'10優駿牝馬※、'10秋華賞、'11ヴィクトリアマイル
フェノーメノ'13・'14天皇賞(春)
イスラボニータ'14皐月賞
マリアライト'15エリザベス女王杯、'16宝塚記念
ディーマジェスティ'16皐月賞

※優駿牝馬はサンテミリオン(横山典弘)と同着

関連イラスト

どうする?有馬記念!?



関連タグ

JRA 騎手 調教師

関連記事

親記事

調教師 ちょうきょうし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30776

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました