ピクシブ百科事典

ナカヤマフェスタ

なかやまふぇすた

2006年生まれの競走馬。2010年JRA賞最優秀4歳以上牡馬受賞。
目次[非表示]

誘導
ウマ娘プリティーダービーに登場するウマ娘。→ナカヤマフェスタ(ウマ娘)

概要

生年月日2006年4月5日
英字表記Nakayama Festa
性別
毛色鹿毛
ステイゴールド
ディアウィンク
母の父タイトスポット
競走成績15戦5勝
近親タイキブリザード


2006年生まれ。父はステイゴールド。香港名は「中山慶典」。
主戦騎手は蛯名正義

2008年11月2日東京競馬場芝1600m新馬戦でデビュー。内田博幸を背に3番人気1着。
続く東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)では蛯名を背に9番人気ながら重賞初勝利。

年が明けて2009年中山競馬場京成杯(GⅢ)に出走するが1番人気2着。
皐月賞は6番人気でアンライバルドの8着。
日本ダービーは不良馬馬で9番人気、1着ロジユニヴァースからは突き放されたが、2着リーチザクラウンとは0.1秒差の4着に食い込む。
秋初戦のセントライト記念(GⅡ)は勝利したが、菊花賞は4番人気ながらまさかのスリーロールスの12着に惨敗。
12月の中日新聞杯(GⅢ)でも3番人気13着に惨敗。

2桁着順が連続したため、年が明けた2010年から鞍上が柴田善臣に代わった。
4月のメトロポリタンステークス(OP)を蛯名正義騎乗トップカミングに2馬身差をつけて勝利すると、続く宝塚記念は8番人気ながら上がり最速の末脚でゴール前ブエナビスタアーネストリーをまとめてかわし1着。GⅠ勝利を決めた。

以降は騎手が再び蛯名に戻り、陣営は凱旋門賞を獲るために渡仏。前哨戦のフォア賞は2着だった。
そして凱旋門賞は一旦は先頭に立つも2着に惜敗。蛯名にとってもエルコンドルパサーに続く悔しい結果となった。
帰国後のジャパンカップは凱旋門賞2着が評価されて2番人気だったが、まさかの14着に沈み期待を裏切った。
宝塚記念と凱旋門賞での活躍が評価され、2010年のJRA賞最優秀4歳以上牡馬受賞。

2011年は再び凱旋門賞に挑戦するため渡仏。前哨戦のフォア賞は4着だった。
そして2度目の凱旋門賞。今度こそと思いきや結果は11着に終わり、この凱旋門賞を最後に引退した。

引退後は種牡馬となり、初年度産駒のガンコ2018年日経賞(GⅡ)を勝利している。

繁殖成績


外部リンク

関連記事

親記事

競走馬 きょうそうば

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ナカヤマフェスタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 660

コメント