ピクシブ百科事典

ナカヤマフェスタ(ウマ娘)

うまむすめのなかやまふぇすた

『ウマ娘プリティーダービー』に登場するウマ娘の一人。モチーフ馬は2000年代後期から2010年代前期にかけて活躍し、日本調教馬で最も凱旋門賞制覇に近づいた競走馬『ナカヤマフェスタ』。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日4月5日
身長159cm
体重レースに支障なし
スリーサイズB78/W54/H79
CV下地紫野


「一瞬の隙を突いて敵を出し抜く……そういうギリギリのレースがしたいんだ」

ポーカーフェイスでハードボイルドな勝負師のウマ娘。
普段はクールだが、賭け事にはめっぽう熱くなる。
彼女の中ではレースすらも賭け事であり、熾烈なレースの中に自分の存在意義を見出している。
(公式ホームページより)

スリルのあるギャンブルに目がない生れながらの勝負師で、アプリ版ではあのゴルシを相手取り互角以上の勝負をする。題材は人生ゲームからマネキンのモノマネ対決までなんでもござれで、万年ハジケリストのゴルシを出会って一発でシリアスモード(?)にさせる凄い気迫を放つ。余談だがこの時の余波を受けたのか、トレーナーの心境を語った地の文ですらどこか『凄み』のある文体に変化させている…ってそっちのダービーじゃぁねーんだよ!
以上の経緯から、ゴールドシップとは、悪友のような関係であり関係は良好。

ナカヤマフェスタとゴルシ
ゴのナ



何故このような性格になったのか正確な理由は不明だが、史実で『当たるときは大当たりする』というステゴ産駒らしいマイペースの極致のような戦績を残しているため、そこから『自分がやる気になったときはとことん本気になる』→『勝つか負けるか分からないスリルを追い求める』という経緯があったのではないかとファンは予想している。

倍プッシュするナカヤマフェスタ(ウマ娘)
ピックアップ黙示録ナカヤマ🐴



勝負服はニット帽と水色のスカジャンで、立ち絵では音楽を聴いている。
ヘッドフォンを首にかけているが、ウマ娘はヒトの耳が無いか、あっても聴覚は有していないかである事は判明している(ウマ娘用の長めな受話器がある事などから)ため、恐らく実際に装着する事はできないと思われる。ファッションの一部なのだろうか。
無理矢理使おうとすると、下のイラストのようになる。

さァ、手持ちを全部賭けてきな。もっとヒリつく勝負にしようぜ?
無理矢理音楽を聴くフェスタ



競走馬ナカヤマフェスタ

ナカヤマフェスタは日本競馬史上2頭目の凱旋門賞2着馬。
父のステイゴールドは競走馬時代に大問題児として知られ、種牡馬としても多くのGⅠ馬を輩出した一方で癖の強い産駒も多かった。
ナカヤマフェスタは中でも最も気性の悪い産駒と言われており、ロクに調教も施せないほど我の強さが目立ち、三歳後半は調教を諦めるほどだったという。だが父譲りの勝負根性も十分に受け継いでおり、3歳クラシックは無冠に終わったが、4歳時の宝塚記念では同期の二冠牝馬ブエナビスタをゴール前気迫の差し切り勝ちでGⅠを初制覇。
秋には蛯名正義を鞍上に凱旋門賞に挑戦し、直線一時は先頭に立ち最後まで食い下がるもワークフォースにアタマ差の2着。蛯名にとってはエルコンドルパサーに続く悔しい惜敗となった。

より詳しくは当該記事を参照。

余談

・実は炭酸飲料が全く飲めない
・寮での同室は、シリウスシンボリ

関連イラスト

ナカヤマフェスタ
決死の覚悟(麻雀)
闇に溶ける夕
ナカヤマフェスタ


ナカヤマフェスタ
ナカヤマフェスタ
センシティブな作品
ナカヤマフェスタ


ナカヤマフェスタ
ナカヤマフェスタ
センシティブな作品
賭けないと勿体ないだろ?


ナカヤマフェスタ
ナカヤマフェスタ
ナカヤマフェスタのヒミツ①
ナカヤマ



関連タグ

ウマ娘プリティーダービー

競走馬同士が対戦のあるウマ娘
トーセンジョーダン(ウマ娘)
エイシンフラッシュ(ウマ娘)

ステイゴールド産駒のウマ娘
ゴールドシップ(ウマ娘)

蛯名正義と共に凱旋門賞に挑戦した競走馬のウマ娘
エルコンドルパサー(ウマ娘)
マンハッタンカフェ(ウマ娘)

シリウスシンボリ(ウマ娘)…恐らく同室。凱旋門賞繋がり

その他
ビート板勢

関連記事

親記事

ウマ娘 うまむすめ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ナカヤマフェスタ(ウマ娘)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ナカヤマフェスタ(ウマ娘)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4942214

コメント