ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ナカヤマフェスタ(ウマ娘)

うまむすめのなかやまふぇすた

メディアミックスプロジェクト『ウマ娘プリティーダービー』に登場するウマ娘の一人。モチーフは2000年代後期から2010年代前期にかけて活躍し、日本調教馬で最も凱旋門賞制覇に近づいた競走馬『ナカヤマフェスタ』号。
目次 [非表示]

プロフィール

キャッチコピー一か八か!ギリギリ攻めるアウトロー勝負師
誕生日4月5日
身長159cm
体重レースに支障なし
スリーサイズB78・W54・H79
靴のサイズ左右ともに24.0cm
学年高等部
所属寮美浦寮
得意なこと植物と小動物の世話
苦手なことするめ
耳のこと帽子の耳用の穴は、自分で切って縫った
尻尾のこと賭け事の際は尻尾の動きをブラフに使う
家族のこと家族全員、寝相が悪い
ヒミツ①炭酸飲料が飲めない / ②歌劇にはほんのちょっと詳しい
自己紹介ナカヤマフェスタだ。生ぬるいレースじゃ、スリルを感じねぇ。なァ…もっとアツくヒリつかせてくれよ…!
CV下地紫野

アウトロー気質の勝負師。無気力でブラブラしていたが、恩師の導きで、レースに身を投じるスリルに出会う。

ギリギリで生きることしかできず、ぬるい状況だと手を抜きがち。古き良き人情派で、よく裏路地で、見知らぬ人とホルモン煮込みをつついている。

公式ポータルサイトより)


(リニューアル前)

ポーカーフェイスでハードボイルドな勝負師のウマ娘。

普段はクールだが、賭け事にはめっぽう熱くなる。

彼女の中ではレースすらも賭け事であり、熾烈なレースの中に自分の存在意義を見出している。


ソロ曲

無題

誰も届かない速さで 奇跡起こすのは 今だ

『 You Know me 』

作詞:Tayuto Nakasu、Kanata Okajima 作曲:Kanata Okajima、MEG (MEGMETAL)

編曲:MEG (MEGMETAL)


概要

ナカヤマフェスタは、メディアミックス作品『ウマ娘プリティーダービー』に登場するウマ娘。実在の競走馬ナカヤマフェスタ』をモチーフとしている。


ポーカー麻雀等を好み、スリルのあるギャンブルに目がない生粋の勝負師。ギャンブル要素が消されたウマ娘世界において貴重なハードボイルド枠。


何故このような性格になったのか正確な理由は不明だが、史実で『当たるときは大当たりする』というステイゴールド産駒らしいマイペースの極致のような戦績を残しているため、そこから『自分がやる気になったときはとことん本気になる』→『勝つか負けるか分からないスリルを追い求める』という経緯があったのではないかとファンは予想している。

倍プッシュするナカヤマフェスタ(ウマ娘)ピックアップ黙示録ナカヤマ🐴


ただし悪友のゴールドシップが絡むと途端に勝負の題材がボーボボ化し、人生ゲームに謎ルールを付け足したりマネキンのモノマネ対決やら犬のぬいぐるみを使った謎対決やら混沌としたゲームで遊び始める。

ナカヤマフェスタとゴルシゴのナ


また、そこにトーセンジョーダンエイシンフラッシュも巻き込んで、屋上でのメンコ対決やおにぎりじゃんけんに高じたり、一緒にいる場面が見受けられる。おそらくは史実での活躍時期が比較的近いからだと思われる。(10年代前半のウマ娘化されている競走馬が少ないという事情も垣間見える)

祭り仲良しだね


エルコンドルパサーは史実ではかなり年上だが、ウマ娘ではこちらが先輩。ただしデビューはエルコンドルパサーの方が早いようで、凱旋門賞へ挑戦し2着となった先達として、育成ストーリーでは師匠のような立ち位置で深い関わり方をしている。史実は厩舎も鞍上も同じ。

Reach for the stars

サトノダイヤモンドからは勝負師として尊敬されており、お嬢様だが豪胆な彼女にナカヤマも興味を持っている模様。

ウマ娘まとめ


同室はシリウスシンボリで、凱旋門賞へ出走した繋がりだと考えられる。ナカヤマフェスタの物怖じせず、ロマンを追い求める性格や生き方をかなり気に入っている様子。

new collections


容姿・デザイン

ナカヤマフェスタ

グレーの耳の穴あけニット帽がトレードマーク。鹿毛の無造作ロングヘアで、帽子を脱ぐと頭頂部にアホ毛が立っている。瞳の色は薄い紫色で、これは史実で同じ父を持つゴールドシップらと共通した特徴である。普段から口に咥えている棒状のものはおそらく棒つきキャンディー。


さァ、手持ちを全部賭けてきな。もっとヒリつく勝負にしようぜ?

原案ではニット帽と水色のスカジャン、その下に赤のベストと白シャツ、白色のミニスカートを履いている。

ヒト用のヘッドフォンを首にかけているが、ウマ娘はヒトの耳が無いか、あっても聴覚は有していないかである事は判明している(ウマ娘用の長めな受話器がある事などから)ため、恐らく実際に装着する事はできないと思われる。ウマ娘用のヘッドフォンはエアシャカールの配布SSRサポートカードで使用例が確認できるため、ファッションの一部なのだろうと思われる。


  • 勝負服(リニューアル版)

no title

ゲーム版での呼称は「死中求活」。

それまでゲーム内のGⅠレースでは汎用勝負服で出走していたが、育成ウマ娘実装を期に新たな勝負服がお披露目された。ニット帽はあいかわらずだが、サイコロの形のペンダントを付け、胸元にスミレの花が施された青色のロングコートを羽織り、その下にダメージ加工された赤白の長袖を着、ダメージジーンズを履き、ワイルドさが上がっている。


マンガ版

うまむすめし

学園ではまず出ないとされるモツ串を食べるために路地裏を回っていたが、こそこそ怪しんで追いかけてきたトーセンジョーダン某漫画のパロディアッサリ看破した。


ウマ娘ピスピス☆スピスピゴルシちゃん

ピスピスゴルナカ

「退屈な日常をこわしてくれるアツイ闘い…。ヒリつく勝負…!!それこそが私の生きがいなのさ!!不利な状況ならなおの事燃えるね!!」

11話において初登場。一応『うまよん』や『うますむめし』に次いで3作目の漫画作品への出演。みどり幼稚園のと他園との交流会に参加する別の幼稚園の子供と言う設定。


ゴルシとあっち向いてホイやチキンレース対決など(罰ゲームも込みで)熾烈な戦いを繰り広げ、お互い互角の勝負となったため多くの罰ゲームを課された…のだが、まなみ先生に流石に止められ2人仲良くトイレ掃除当番になることで決着した。なお、その後度々みどり幼稚園に遊びに行っている様で、劇中では宇宙人の目を引きゴルシの誕生日パーティのアシストを行ったりする場面もあった。

ナカヤマフェスタ誕生日イラスト


アニメ版

Season3

本編にはほぼ登場しないが、第10話のトレセン学園地域合同イベントにて、「強者求ム!ナカヤマフェスタのちんちろりん」を開いていたらしい(地域復興のイベントでやっていいのだろうか…)。なお、凱旋門賞の紹介ページにて、凱旋門に挑戦した日本のウマ娘の一人として描かれている。


ゲーム版

ナカヤマフェスタ

リリース初期より一部育成ウマ娘のイベントに登場。

2021年10月20日よりR・SSRのサポートカードとして本格的な登場を果たす。

育成ウマ娘としては2022年11月9日にチャンピオンズミーティングスコーピオ杯」の参加リーグ選択開始とともに実装がされた。


育成ストーリーでは、ヒリついた勝負にしか燃えられない彼女に共に世界に喧嘩を売る形でトレーナーとなり、史実の最初の馬主であった女性をモチーフにした「先生」に生きる希望を見せるため、凱旋門賞を最大目標とした重厚な話が描かれる。

その過程でクラシックに出走できなかった同期のトーセンジョーダンや、凱旋門賞で惜しくも敗れたエルコンドルパサーを始めとする周りの人々に多くの希望を託される。

生死が絡む非常に重たい話であるが、史実のナカヤマフェスタを最大限に落とし込んだ希望の物語としてとても高い評価を得ている。

またクラシック期では同期の二冠牝馬がモチーフと思われるウマ娘が名前は出てこないものの存在感を放っている。


2023年8月追加のシナリオ「プロジェクトL'Arc」ではシナリオリンクキャラクターに設定され、プレイヤーの育成するウマ娘と共に凱旋門賞を目指す役回り。もちろん、彼女を育成することも可能であり、その際の、トゥインクルシリーズ挑戦の中で度々描かれてきた「先生」との関係、それにトレーナーを加えた三者の「賭け」の場面は必見である。


育成ウマ娘

スピードスタミナパワー 根性  賢さ  
9792997587
+10%+10%+10%+0%+0%
バ場適性AダートG
距離適性短距離マイル中距離長距離
GCAB
脚質適性逃げ先行差し追込
GAAD

所持スキル

初期スキルありったけラストスパートの直線で好位置にいると速度がわずかに上がる<中距離>
あやしげな作戦レース後半に速度が少し上がるがすごく疲れてしまうことがある
やまっけレースでごくまれにさらなる力を発揮しスピード、パワー、根性が少し上がる。人気が低いと力を発揮しやすくなる
覚醒スキル差し直線○(覚醒Lv2)直線で速度がわずかに上がる<作戦・差し>
博打うち(覚醒Lv3)レース後半に速度がすごく上がるがすごく疲れてしまうことがある
中距離直線○(覚醒Lv4)直線で速度がわずかに上がる<中距離>
勝負師(覚醒Lv5)レースでたまにさらなる力を発揮しスピード、パワー、根性がすごく上がる。人気が低いと力を発揮しやすくなる

固有スキル

  • 剣ヶ峰より、狂気に嗤え

最終コーナー以降に追い抜こうとすると残り400m以降に好位置で速度が上がる。人気が低い場合はすごく上がる

  • スキル名にある「剣ヶ峰(けんがみね)」は富士山の最高峰のこと。

中距離・差し向けのスキルが揃うが、兎にも角にも運が絡むスキルだらけ。

固有スキルの「剣ヶ峰より、狂気に嗤え」や所持スキルの「やまっけ」→「勝負師」などは最高値を発揮するのに人気が絡むという不安定さ。

勝つも負けるも一天地六の賽の目次第で、まさに「分の悪い賭けは嫌いじゃない」人向けと言える。

育成では人気上位となる場合が多く、スキルの強さはなかなか実感できないが、対人戦では人気が乱高下しやすいため、チャンピオンズミーティング等では大穴を開ける可能性はあるだろう。


固有二つ名

生粋のギャンブラー

シニア級の宝塚記念ジャパンCを勝利し、

失敗率30%以上のトレーニングを成功させ、

トレーニングに一度も失敗しないで育成を完了する

  • クライマックス編以外の達成可能な育成シナリオ(プロジェクトL'Arcは後述)ではシニア級の宝塚記念もジャパンCも目標かつ1着が条件なので問題はない。
  • 失敗率30%以上のトレーニングを成功させる条件は非常に厄介。トレーニングに一度も失敗しないことも条件なのでチャンスは一度きり、成功を祈ろう。
  • なお、プロジェクトL'Arcでは最終レースがシニア級の凱旋門賞(10月前半)である関係上、それ以降に開催されるシニア級のジャパンCに出走できないので達成不可能。

サポートカード

  • SSR[43、8、1]ナカヤマフェスタ

2021年10月20日にシリウスシンボリ(SRサポートカード)、マンハッタンカフェ(☆3育成ウマ娘)とともに登場したSSRサポート。タイプはスタミナ。レアスキルは決死の覚悟。


イラストは、ファン投票43位のナカヤマフェスタが8番人気1着を取った2010年の宝塚記念をイメージしたものと思われ、背景にはファン投票1位1番人気でパドックに立つブエナビスタらしきウマ娘が描かれている。


  • SSR[一天地六に身を任せ]ナカヤマフェスタ

ストーリーイベント「大乱闘!?夏色☆バカンス」の開催とともに実装されたSSRサポート。タイプは賢さ。

一定確率で失敗率を0%にするという固有ボーナスを持つ博打性能で、入手できるレアスキルも博打うち。


  • SSR[鉄火場に咲く菫]ナカヤマフェスタ

育成シナリオ「プロジェクトL'Arc」の実装に伴い登場したSSRサポート。タイプは賢さ。

非常に高い得意率が特徴で、レアスキルは右回りの鬼。


イラストは、ワークフォースのアタマ差に敗れた2010年の凱旋門賞をイメージしたものと思われる。エピソードの内容からすると、最終直線で壮絶な叩き合いをしていた場面だろう。


競走馬『ナカヤマフェスタ

ナカヤマフェスタは日本競馬史上2頭目の凱旋門賞2着馬。

馬名の由来は冠名に祝祭日を意味する「Festa」。

父のステイゴールドは競走馬時代に大問題児として知られ、種牡馬としても多くのGⅠ馬を輩出した一方で癖の強い産駒も多かった。

ナカヤマフェスタは中でも最も気性の悪い産駒と言われており、ロクに調教も施せないほど我の強さが目立った。


2006年、日高の小さな家族経営の牧場で誕生。中小牧場生まれであることに加えて、本馬は牝系の血統が良血とは言えず、セレクトセールにて1000万円の安価で落札された。こういった背景もありあまり注目された馬ではなかった。


しかし、新馬戦を勝利で飾ると、続く2戦目の東京スポーツ杯2歳ステークス(当時はGⅢ)では蛯名正義を鞍上に、9番人気ながら重賞初制覇。才能の片鱗は見せていた。


明けて3歳。1番人気に推された初戦の京成杯(GⅢ)は隣を走っていた馬が予後不良となる不利もあり首差届かず2着。

皐月賞はハイペースの決着の中、先行勢最先着であったものの8着に終わり、日本ダービーは、泥んこダービーと言われるほどの不良馬場の中、最後方から直線上がり最速の末脚を見せたものの4着。


3歳後半になると更に手が付けられないほど気性が悪化。もはや調教を完全に諦めるほどで、秋初戦のセントライト記念(GⅡ)には勝利したが、菊花賞・中日新聞杯では共に2桁着順で惨敗。この年の暮れに馬主の女性が亡くなり、所有権がその父親に委譲されることとなる。


これが火をつけたかは定かではないが、4歳になると多少は落ち着いたようで安定した強さを見せ始める。

柴田善臣との新コンビで、初戦のメトロポリタンステークス(OP)を完勝。5月には凱旋門賞の1次登録を行った。


その後宝塚記念に直行。この年の宝塚記念は、同期の二冠牝馬ブエナビスタ、重賞2連勝中かつ翌年の覇者でもあるアーネストリー、前年覇者のドリームジャーニー天皇賞(春)を制したジャガーメイルなど好メンバーが揃っていたのに加え、前年後半の惨敗もあり8番人気に留まる。

道中は中団でレースを進め、4コーナーから進出。直線残り100mでコース中央から一気に伸び、前で粘る1番人気のブエナビスタとアーネストリーの競り合いを外からまとめてかわし、差し切り勝ちでGⅠ初制覇。ナカヤマフェスタは父譲りの勝負根性も十分に受け継いでいた。

また、美浦調教馬(関東馬)が宝塚記念を勝利したのはグラスワンダー以来11年ぶりであった。


秋には再び蛯名正義を鞍上に、馬主の女性が愛していたパリの地で凱旋門賞に挑戦。

前哨戦のフォワ賞(GⅡ)を2着。

本番の凱旋門賞では、中団外目でレースを進めたが、最終コーナー付近で鞍上が数度立ちあがるほどの大きな不利を受ける。それでも驚異的な伸びで直線一時は先頭に立ち、同年の英ダービー馬ワークフォースと壮絶なマッチレースを繰り広げたが、アタマ差の2着。蛯名にとってはエルコンドルパサーに続く悔しい惜敗となった。


だが、内国産馬としては初の快挙であり、これまでにたった3頭しか存在しない凱旋門賞2着になった日本馬(エルコンドルパサー、ナカヤマフェスタ、オルフェーヴル)の中でも、着差で見れば最も凱旋門賞に近づいた日本馬である。凱旋門賞後に発表されたワールド・サラブレッド・ランキング(2010年4月1日〜10月3日集計分)では、世界6位タイの127ポンドを獲得した。

帰国後のジャパンカップでは惨敗しレース後に故障を発生していたことが判明したが、活躍が評価され2010年のJRA賞最優秀4歳以上牡馬を受賞。


翌年は故障もあり春シーズンは休養にあて、再び凱旋門賞へ挑むためフォワ賞から始動するも4着。本番の凱旋門賞では同じく日本勢のヒルノダムール共々惨敗し11着。このレースを以て現役を終えた。


引退後は種牡馬となるが、産駒はフェスタ同様に気性の激しい馬が多く、なかなか結果を出せずにいたが、初年度産駒のガンコが2018年の日経賞を勝利し、産駒重賞初勝利を飾り、更に5年目産駒からはバビットが2020年のセントライト記念ラジオNIKKEI賞を勝利した。

2023年9月を以て種牡馬を引退し、かつてウイニングチケットが繋養されていた「うらかわ優駿ビレッジAERU」に功労馬として繋養されている。


より詳しくは当該記事を参照。


史実で対戦経験のあるウマ娘

トーセンジョーダン……09年中日新聞杯

エイシンフラッシュ……10年ジャパンカップ


※同期のワンダーアキュートはダート専門の為、対戦経験はない。


余談

好きな花

すみれの花が好きとされているが、これは宝塚歌劇団のファン(「フェスタ」の名前も宝塚が由来)でパリ好きだった馬主の女性が若くして他界し、父がその遺志を継いで「チームすみれの花」を結成し、ナカヤマフェスタでパリの凱旋門賞に挑んだ経緯というのが元ネタ。

 

ドンジャラとのコラボ

2023年に発売された「ドンジャラNEOウマ娘プリティーダービー]」にて、なんとドンジャラNEOウマ娘プリティーダービーSPECIALパイセット ナカヤマフェスタver.が発売。パイのイラストもゲーム版の固有スキルと同様のデザインに変えられており、麻雀と縁の深いナカヤマならではの商品となっている。こうしたグッズ展開でナカヤマがフィーチャーされるのはかなり珍しく、当時では「ナカヤマフェスタ」のワードがX(旧Twitterでもトレンド入りしている)。


関連イラスト

ナカヤマフェスタ決死の覚悟(麻雀)闇に溶ける夕ナカヤマフェスタ

ナカヤマフェスタナカヤマフェスタセンシティブな作品ナカヤマフェスタ

ナカヤマフェスタナカヤマフェスタセンシティブな作品賭けないと勿体ないだろ?

ナカヤマフェスタ地獄まで一緒にナカヤマ氏おむかえしたい(願望)②リペイントやつ⑦勝負師ナカヤマフェスタ


関連項目

ウマ娘プリティーダービー ウマ娘プリティーダービー(ゲーム) ウマ娘


同期(09世代

トーセンジョーダン(ウマ娘)

ワンダーアキュート(ウマ娘)

トランセンド(ウマ娘)


ステイゴールド産駒のウマ娘

ゴールドシップ(ウマ娘):ゴールドシップの新馬戦の3ヶ月後に引退しており対戦経験は無い。

オルフェーヴル(ウマ娘):凱旋門賞2着(2度)繋がりあり。


蛯名正義と凱旋門賞挑戦

エルコンドルパサー(ウマ娘)…凱旋門賞2着&二ノ宮敬宇厩舎繋がり

 フェスタ遠征時のチーム「すみれの花」はチーム・エルコンドルパサーの再結集

マンハッタンカフェ(ウマ娘)


シリウスシンボリ(ウマ娘)…同室。おそらく凱旋門賞繋がり。


ウイニングチケット(ウマ娘)…モデル馬が同じ施設(うらかわ優駿ビレッジAERU)で功労馬として繋養されている(いた)繋がり。ウイニングチケット号が亡くなってからおよそ半年後にナカヤマフェスタ号が同施設にやって来た。


その他

ビート板勢 チーム凱旋門賞

関連記事

親記事

09世代(ウマ娘) うまむすめのぜろきゅうせだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36311574

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました