2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

エアシャカール(ウマ娘)

うまむすめのえあしゃかーる

メディアミックスプロジェクト『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクター「ウマ娘」の一人。モチーフは2000年代前期に活躍し、クラシック三冠のうち二冠を勝ち取りながら僅か7センチの差で三冠制覇を逃したことから「準三冠馬」とも呼ばれる競走馬『エアシャカール』号。
目次[非表示]

プロフィール


キャッチコピーロジカルにいこうぜ!常識外れの天才ガール
誕生日2月26日
身長168cm
体重計測不可能
スリーサイズB77・W56・H85
靴のサイズ左:26.0cm 右:25.5cm
学年高等部
所属寮栗東寮
得意なことプログラミング
苦手なことアブラゼミ
耳のことロジカルな思考中は直立する
尻尾のこと走りに適した長さと毛量を計算し維持中
家族のこと母からの仕送りの箱は開けた事が無い
ヒミツ①右クリックの時だけ体が右に傾くクセがある / ②イタリアのプロサッカー中継をちょくちょく見ている
自己紹介エアシャカールだ。どんな勝負でもデータがものをいう。シミュレーションに問題はねェ。ねじ伏せてやるよ、ロジカルにな
CV津田美波

アナーキーなデータ至上主義者。
頭も性格もキレキレで、アバウトな勝利ではなく、ロジックによる絶対的な勝利を追い求める。
何度計算しても、三冠獲得には7cm足りないと出ており、自分の計算に対する自信と絶望を抱えながら、一縷の可能性を探し続ける。
公式ポータルサイトより)

(リニューアル前)
気難しく発言が突飛なエキセントリックウマ娘。
納得出来ないことはしない主義で、トレーナーに対しても反抗的。
実はかなり頭がよく、特技はハッキング。
常に脳内でレースのシミュレーションを繰り返し、勝利を掴むため日々思案を巡らせている。

ソロ曲

夢が何度破れたって


ゼロより低い可能性だとしても 信じてるよ
『Air Race』
作詞:中村彼方 作曲:小高光太郎, UiNA

概要

メディアミックス作品『ウマ娘プリティーダービー』に登場するウマ娘。実在した競走馬エアシャカールをモチーフとする。

かなりエキセントリックな見た目と、かなりぶっきらぼうな口調が特徴のウマ娘。逆立てた髪の分け目がギザギザしている。ついでに歯もギザギザしている
とにかく口調が荒くキツく、「あ゛ぁ!?」のような返事は当たり前。

エアシャカール



しかしそうした一面を持つ一方で、ガチガチ理系のデータ・理論派でもあるという一面を持つ。
ただ同じ理系だが感情や偶然も考慮するアグネスタキオンとは異なり、数字を信じて不確定要素を拒絶するタイプ。
本人曰く「感情などの不確定要素を考慮するのはコスパが悪い」とのことで彼女の理論は極力そう言ったものを排斥している。
シャカールはタキオンを「ロマンチスト」と言い、タキオンはシャカールを「狂信的」「数字の信奉者」と言い合う。
とはいえ同じ理系同士、タキオンの極秘研究を知っている程度には話す仲であるようだ。

シャとタキ



上述したようにトゲトゲした印象の彼女だが、意外と他ウマ娘との絡みも多い。
データと引き換えにファインモーションとラーメンを食べ歩き、レースをサボるタキオンに声を掛けて忠告し、ルームメイトであるメイショウドトウに忘れ物を教え、アグネスデジタルの相談に乗ってアドバイスし……。と、実はかなりのお人好しのようだ。変わり種ばっかりのウマ娘たちに全方位からツッコミを入れられる貴重なウマ娘とも言える。

ただしマンハッタンカフェの身の回りで起きる霊障については「ロジックで説明できねェ現象を起こすな」とのことで、どうしても慣れない様子。ロジカルな存在では無いためか幽霊や怪談話は苦手なようだ。

またDTMを趣味としており、『!monad』名義でひっそりと曲を出すこともあるようで、休日はそちらの活動に精を出していることも多い。

その他、糖分補給用のラムネのケースを持ち歩いており、ゴールドシップやバンブーメモリーからアレだと勘違いされた。

おまけにウオッカタニノギムレットケイエスミラクルとは同じくオレっ娘である。

家族構成は数学者の父と元バーの歌姫の母。
ロジカルな性格は幼少期からだったようで母親をはじめ周囲は彼女を理解できなかったらしい。
母親は娘と関係修復したいようだが「普通の親子」を求める母親にシャカールは期待をしておらず殆ど絶縁状態。
父親との関係も詳細は不明だが微妙の様で他の数学者を父と比較するイベントも存在する。

「Parcae」(パルカイ)

エアシャカールが独自に作り出したデータ分析プログラム。
彼女は私物の大量のステッカーが貼られたノートPC(よく見ると、馬名の元ネタのアーティストアルバムのタイトルらしきロゴも入っている)と、このプログラムを相棒のように大切にしており、常に情報を集めてはParcaeを通じてレースを分析している。
このParcaeはレースに誰が出走するのか、そして着順までも正確に予測することができ、さながらSFアニメの物理演算コンピュータのような予測精度を誇る。

そんなParcaeはシャカールが日本ダービーで7cm差で敗れて三冠を逃すと予測しており、その7cmを埋めるべく彼女とトレーナーがその方法を模索する、というのがゲーム版での育成ストーリーの大まかな流れとなっている。
また、史実におけるキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスに関しては夏合宿中にシミュレーションを行い、5着であると算出する形で育成シナリオに落とし込まれている。

ちなみにParcae(パルカイ)とはローマ神話に登場する3人の運命の女神たちのこと。ギリシャ神話モイライと同一視される存在で、現在を司るノーマ(モイライにおけるクロートー)、過去を司るデキマ(モイライにおけるラケシス)、未来を司るモルタ(モイライにおけるアトロポス)の3人から成る。

容姿・デザイン

シャ


青と黄のカラーを基調としたパンクな印象のセーラー服風の衣装。右腕にはタトゥーが確認できる。

  • 勝負服(ゲーム版)

実装おめでとう!


育成ウマ娘実装を期に勝負服が一新。よりパンクな印象となったが肌の露出が減り、右腕のタトゥーが無くなっている。

  • 私服

なンだぁ?
エアシャカール


紫のパーカーの上にモンドリアン柄のジャケットを羽織っている。

アニメ版

OVA『BNWの誓い

Nチームの走者として登場。メンバー集合の際は公園でゲームをしており、また駅伝当日のレース場でもゲームをしていた。
他のNチームの面子同様ポージングは取ってくれるなど、結構ノリがいい。
ゲームとは違い目にクマのようなあとができている。

大阪杯ではゴールドシップとゲートが隣同士になっていたが、ちょっとしたことがきっかけでゴルシに絡まれたせいで……

ゲーム版

リリース初期よりR[トレセン学園]とSSR[7センチの先へ]の二種類のサポートカードが実装されている。
2022年7月11日にはチャンピオンズミーティングキャンサー杯」の参加リーグ選択開始とともに☆3の育成ウマ娘[unsigned]として実装された。

育成ストーリーはマンハッタンカフェのシナリオのようにウマ娘の存在そのものや運命について触れていく内容にもなっており、元になったエアシャカール号や対戦経験のある競走馬と重なる点、異なる点がより鮮明に描かれている。

トレーナー
シャカールの走りに興味を持ち担当になることを持ちかけたトレーナー。紆余曲折あり彼女が夜遅く一人で出かけていのを見守っているとウマ娘の後ろをつけている不審者がいると通報されてしまい、職質を受けることになってしまった。そのとき彼女が自分のトレーナーであると話したことから、契約することになった。
前述の通り彼女は感情などの不確定要素について考慮するのはコスパが悪い、と話しており、彼(女)はそのコスパが悪い部分を代わりに調査することで支えている。どちらかというと足で稼ぐタイプ。

育成ウマ娘

  • ☆3[unsigned]エアシャカール
    スピードスタミナパワー根性賢さ
    99859569102
    +0%+0%+0%+0%+30%
    バ場適性AダートG
    距離適性短距離マイル中距離長距離
    GEAA
    脚質適性逃げ先行差し追込
    GCAA


固有スキル

  • trigger:BEAT
最終コーナー以降に中団の内ラチ側にいると勝利への道筋を見出して最終直線で速度が上がりコース取りがうまくなる

固有二つ名

壁を超えた天才
皐月賞、日本ダービー、菊花賞を勝利し、シニア級の天皇賞春、宝塚記念、天皇賞秋、有馬記念を勝利し、基礎能力[賢さ]が1200以上になる

  • 遂に1200族も賢さが出てきた、シャカールの賢さ適性が30%なのでサポカとトレーニングをちゃんとすれば難しくはない。
  • 問題はクラシック三冠だけじゃなく、春シニア・秋シニアも三冠取るくらいの気持ちで行かないと難しい。

固有実況

「やっぱり菊花賞は皐月賞からか!やったやった!エアシャカールです!」(実況:杉本清)
条件:皐月賞1着かつ日本ダービーで敗れた状態で、菊花賞を勝利。

サポートカード

リリース初期よりサポートカードガチャにて入手可能なSSRサポート。タイプは賢さ。詳細はリンク先にて。

  • SSR[mag!c number]エアシャカール
ストーリーイベント「今宵、リーニュ・ドロワットで」にて報酬での配布として登場したSSRサポート。タイプはスピード。

競走馬「エアシャカール

1997年2月26日生まれ、サンデーサイレンス産駒の1頭。馬主は「女帝」ことエアグルーヴなどを所有した吉原毎文(電気炉メーカー社長、名義は株式会社ラッキーフィールド)。
馬名は吉原氏が同じく馬主だった父・吉原貞敏より受け継いだ冠名「エア」と、アメリカ人ラッパー・2Pacの本名に由来する。

姉のエアデジャヴーはGⅢクイーンステークスに勝ち、オークス2着などGⅠでは勝てないまでも善戦を繰り返した。そのエアデジャヴーの産駒に秋華賞馬エアメサイア、さらにその産駒にエアスピネル、エアウィンザーという重賞勝ち馬がいる。

1999年10月12日にデビュー。当時オープン特別だったホープフルステークスに勝利している。
2000年、3歳になると弥生賞はフサイチゼノンの2着だったが、武豊を背にクラシック戦線に参入し、皐月賞では3番人気ラガーレグルスがゲートから出られず競走中止する波乱の中、後方から一気にまくる競馬で1番人気ダイタクリーヴァ(ダイタクヘリオスの甥)を完封し一冠を得た。

続く日本ダービーは、アグネスフライトアグネスタキオンの全兄)の前にわずか7cmの差で2着に惜敗。この時、騎手引退を前に悲願を成し遂げたかったアグネスフライト騎乗の河内洋と、河内の弟弟子で、前人未到のダービー3連覇がかかった武豊によって繰り広げられた、「夢(河内洋)」と「意地(武豊)」が激突したゴール前の壮絶な叩き合いは、日本ダービー屈指の名勝負の一つとして知られている。サポートカードの「7センチ」はこのダービーの着差から来ており、エアシャカールの代名詞。

フジテレビで実況を担当した三宅正治のこの実況も有名(アニメ・ウマ娘5話の第65回(1998年)日本ダービーにて、スペシャルウィークエルコンドルパサーの決着シーンでも使われた)。

菊花賞の前に海外遠征を行い、イギリスGⅠ・キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスに出走。そこでは1999年凱旋門賞エルコンドルパサーを打ち破り、ジャパンカップスペシャルウィークの4着だったモンジューと直接対決となったが、モンジューから大きく離された5着に敗れる。それでもクラシック最終戦の菊花賞でアグネスフライトにリベンジし、二冠を達成した。

しかし菊花賞の後に挑んだジャパンカップでは00世代が揃ってシンガリ争いを行いアグネスフライト(13着)とともに全くいいところなく14着惨敗を喫する。そして古馬戦線に参入すると、テイエムオペラオーメイショウドトウステイゴールドシンボリクリスエスらの前に敗北を繰り返す。2001年には肺炎で秋季シーズンを棒に振るなどいい所なく、2002年有馬記念で9着に終わったのを最後に引退・種牡馬入りする。GⅡでは2着が数回あったがGⅠでは苦戦が続き、人気以下の着順に終わるレースばかりだった。

デビュー前からも武豊から「スペシャルウィークをこぢんまりさせたような印象だけど、将来重賞ぐらいは勝てる能力は確実に持っている」と評価されるほどのポテンシャルがあった反面、調教中にしょっちゅう騎手を振り落とそうとしたり激しい斜行癖を持っていたりとかなりの気性難のクセ馬として知られており、管理していた森秀行厩舎はじめ陣営や、どれだけ乗り難い馬でも乗りこなしてきた天才が尽力しても最後まで改善されなかったことが古馬時代以降の低迷の遠因としてつきまとうことになった。
特に斜行癖については様々な手を尽くしても再発してしまうため、武騎手でさえも(菊花賞トライアル重賞・神戸新聞杯出走時、途中で斜行癖が再発して3位になったことを受けて)「何でまっすぐ走ってくれないんでしょうか。気性面の成長が見られないですね。一体何を求めてるのか頭の中を見てみたいですよ」と辛辣に評価するほどであった(シャカールの没後、武騎手は社台ファーム代表・吉田照哉との対談で「サンデー産駒の良くないところが全部集まったような馬だったんです。とにかく真っ直ぐ走ってくれないし、乗りにくいことこの上なかったです」とも回想している)。森厩舎でもあまりの気性の悪さから誰も調教に乗りたがらず追い切りの乗り役をくじ引きで無理やり決めたとされる逸話もある。

引退のわずか3ヶ月後2003年3月13日、放牧中の事故により左後脚を骨折し安楽死の処置が取られた。結果、種牡馬としては4頭(全て牝馬)しか子孫を残す事が出来なかった。

その4頭の産駒のうち2頭が繁殖に上がったが、残念な事にもちろん現在父系エアシャカールの血を受け継いだ馬を見る事は出来ず、牝系についても地方競馬でごくわずかに母の父がエアシャカールという馬はいるが、2021年8月現在下級クラスを走り続けている状態でその血は後世に残りそうにない。

史実で対戦経験のあるウマ娘

強調はエアシャカールが先着したレース
(※)はアニメオリジナルウマ娘。アニメ1期に登場。

キンイロリョテイ(※ステイゴールド)…00年ジャパンカップ 01年宝塚記念
セイウンスカイ:01年天皇賞(春)
テイエムオペラオー…00年ジャパンカップ 01年産経大阪杯 天皇賞(春) 宝塚記念
メイショウドトウ…01年天皇賞(春) 宝塚記念 
ナリタトップロード…01年天皇賞(春) 02年天皇賞(秋) ジャパンカップ 有馬記念
モンジュー…00年キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス
シンボリクリスエス…02年天皇賞(秋) 有馬記念
ファインモーション…02年有馬記念

※同期(00世代)のアグネスデジタル、「うまよん」で絡みのあるマンハッタンカフェ01世代)との対戦経験はない。

関連イラスト

エアシャカール
釈迦実装
Solve( it );
ジャパンカップ


エアシャカール実装されたら呼んで
エアシャカール
エアシャカール
エアシャカール


エアシャカール
塔
シャカール
シャ


!monado
⚡️
DJシャカール
mag!c number エアシャカール


エアシャカール///
シャシャシャ
エアシャカール実装オメデトウ🎉
ウマたち


シャカールにしこたまぬいぐるみを取って渡したい
🐎
恋を育む
エアシャカール


エアシャカール
シャ
メイドシャ
エアシャカール



関連タグ

ウマ娘 データキャラ

ファインモーション(ウマ娘)ライバルであり親友。一緒にラーメンを食べる仲で、時折怪談話をふってくる。
アグネスデジタル(ウマ娘)史実における同期、但し対戦経験は無し。お互いの育成イベントでちょくちょく絡みがある。
アグネスタキオン(ウマ娘):理系ウマ娘仲間。史実でシャカールの三冠を阻止したアグネスフライトの全弟。
メイショウドトウ(ウマ娘):ルームメイト。
エアグルーヴ(ウマ娘):現実で同じ馬主(冠名エア)。対戦経験はなく、血統でも関りはない。
ゴールドシップ(ウマ娘):気性難の追込型二冠馬つながりか、何かと絡みがある博識問題児コンビ。史実では親子ほど世代が離れており面識すらないが、エアシャカールはゴールドシップの父ステイゴールドと2戦している(全敗)。

関連記事

親記事

ウマ娘 うまむすめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「エアシャカール(ウマ娘)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「エアシャカール(ウマ娘)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37198131

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました