ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

プロフィール

誕生日2月26日
身長168cm
体重計測不可能
スリーサイズB77・W56・H85
CV:津田美波

アナーキーなデータ至上主義者。
頭も性格もキレキレで、アバウトな勝利ではなく、ロジックによる絶対的な勝利を追い求める。
何度計算しても、三冠獲得には7cm足りないと出ており、自分の計算に対する自信と絶望を抱えながら、一縷の可能性を探し続ける。
公式ポータルサイトumamusume.jpより

(旧紹介文)
気難しく発言が突飛なエキセントリックウマ娘。
納得出来ないことはしない主義で、トレーナーに対しても反抗的。
実はかなり頭がよく、特技はハッキング。
常に脳内でレースのシミュレーションを繰り返し、勝利を掴むため日々思案を巡らせている。

かなりエキセントリックな見た目と、かなりぶっきらぼうな口調が特徴のウマ娘。逆立てた髪の分け目がギザギザしている。ついでに歯もギザギザしている
とにかく口調が荒くキツく、「あ゛ぁ!?」のような返事は当たり前。

エアシャカール



しかしその一方で、ガチガチ理系のデータ・理論派という一面を持つ。
同じ理系だが感情や偶然も考慮するアグネスタキオンとは異なり、数字を信じて不確定要素を拒絶するタイプ。
シャカールはタキオンを「ロマンチスト」と言い、タキオンはシャカールを「狂信的」「数字の信奉者」と言い合う。
とはいえ同じ理系同士、タキオンの極秘研究を知っている程度には話す仲であるようだ。

シャとタキ



上述したようにトゲトゲした印象の彼女だが、意外と他ウマ娘との絡みもある。
データと引き換えにファインモーションとラーメンを食べ歩き、レースをサボるタキオンに声を掛けて忠告し、ルームメイトであるメイショウドトウに忘れ物を教え、アグネスデジタルの相談に乗ってアドバイスし……。
実はかなりのお人好しのようだ。変わり種ばっかりのウマ娘たちに全方位からツッコミを入れられる貴重なウマ娘とも言える。

その他、糖分補給用のラムネのケースを持ち歩いており、ゴールドシップやバンブーメモリーからアレだと勘違いされた。また、ロジカルな存在では無いためか幽霊や怪談話は苦手としている。

ソロ曲

ゼロより低い可能性だとしても 信じてるよ
『Air Race』
作詞:中村彼方 作曲:小高光太郎, UiNA

アニメ

OVA「BNWの誓い」にNチームの走者として登場。メンバー集合の際は公園でゲームをしており、また駅伝当日のレース場でもゲームをしていた。
他のNチームの面子同様ポージングは取ってくれるなど、結構ノリがいい。

大阪杯ではゴルシとゲートが隣同士になっていたが、ちょっとしたことがきっかけでゴルシに絡まれたせいで……

ゲーム

育成キャラとしては未実装。RとSSR『7センチの先へ』の二種類のサポートカードが実装されている。

特にSSRは当初は数少なかった賢さSSRの一角だったが、その性能があまりにも尖っているのが問題。
というのも、

  • 単純なトレーニング性能が低い(友情15%~20%、やる気20%~30%、トレ効果5%)。
  • 得意率アップがなく、どのトレーニングに来るかランダム
  • レースボーナス・ファン数ボーナスがない。
  • 完凸でヒントレベル最高になり発生率もトップクラスだが肝心のスキルはわずか3つ
  • イベントで獲得できるスキルは上述のものと全く噛み合わない。

という要素があり、単純に友情トレーニングでステータスを上昇させる場合SR賢さにも劣ってしまう。そのため高いヒントレベル・発生率・少ないスキルを活かし「ヒントを踏んでステータスをブーストさせる」という特殊な運用が求められる。スキル重複を防ぐために完凸必須なこともあり、使いこなすにはあまりにも難易度が高い。気性が荒く扱いにくかったエアシャカールをある意味再現してはいる。
挙句の果てにはアオハル杯で判明した自分の適正ですら差しA追込Bと所持スキルに噛み合っていない。まぁBなので追込できなくもないが、そもそもスキルが3つしかないのも不利要素。
そしてアオハル杯の仕様上ヒントを踏んでステータスアップが殆ど期待できないため単純なサポートカードとしての性能が噛み合わない。
その扱いにくすぎる性能故、一種の『ハズレア』のような扱いを受けてしまっている。
ここまで来ると「育成ウマ娘と同じサポートカードは使えない」という仕様が気にならなくなるため、育成キャラ実装で汚名を返上してくれるだろう。

競走馬エアシャカール

1997年2月26日生まれ、サンデーサイレンス産駒の1頭。名前はアメリカ人ラッパー・2Pacの本名に由来する。

姉のエアデジャヴーはGⅢクイーンステークスに勝ち、オークス2着などGⅠでは勝てないまでも善戦を繰り返した。そのエアデジャヴーの産駒に秋華賞馬エアメサイア、さらにその産駒にエアスピネル、エアウィンザーという重賞勝ち馬がいる。

1999年10月12日にデビュー。当時オープン特別だったホープフルステークスに勝利している。
2000年、3歳になると弥生賞はフサイチゼノンの2着だったが、武豊を背にクラシック戦線に参入し、皐月賞では3番人気ラガーレグルスがゲートから出られず競走中止する波乱の中、後方から一気にまくる競馬で1番人気ダイタクリーヴァ(ダイタクヘリオスの甥)を完封し一冠を得た。

続く日本ダービーは、アグネスフライトアグネスタキオンの兄)の前にわずか7cmの差で2着に惜敗。この時、騎手引退を前に悲願を成し遂げたかったアグネスフライト騎乗の河内洋と、河内の弟弟子で、前人未到のダービー3連覇がかかった武豊によって繰り広げられた、「夢(河内洋)」と「意地(武豊)」が激突したゴール前の壮絶な叩き合いは、日本ダービー屈指の名勝負の一つとして知られている。サポートカードの「7センチ」はこのダービーの着差から来ており、エアシャカールの代名詞。

フジテレビで実況を担当した三宅正治のこの実況も有名(アニメ・ウマ娘5話の第65回(1998年)日本ダービーにて、スペシャルウィークエルコンドルパサーの決着シーンでも使われた)。

菊花賞の前に海外遠征を行い、イギリスGⅠ・キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスに出走。そこでは1999年凱旋門賞エルコンドルパサーを打ち破り、ジャパンカップスペシャルウィークの4着だったモンジューと直接対決となったが、モンジューから大きく離された5着に敗れる。それでもクラシック最終戦の菊花賞でアグネスフライトにリベンジし、二冠を達成した。

しかし菊花賞の後に挑んだジャパンカップでは00世代が揃ってシンガリ争いを行いアグネスフライト(13着)とともに全くいいところなく14着惨敗を喫する。そして古馬戦線に参入すると、テイエムオペラオーメイショウドトウステイゴールドシンボリクリスエスらの前に敗北を繰り返す。2001年には肺炎で秋季シーズンを棒に振るなどいい所なく、2002年有馬記念で9着に終わったのを最後に引退・種牡馬入りする。GⅡでは2着が数回あったがGⅠでは苦戦が続き、人気以下の着順に終わるレースばかりだった。

調教中にしょっちゅう騎手を振り落とそうとしたり激しい斜行癖を持っていたりとかなりの気性難のクセ馬として知られており、武豊からも「頭の中を割って見てみたい」という気性の荒さに関するコメントが発せられたほど。管理していた森秀行厩舎でもあまりの気性の悪さから誰も調教に乗りたがらず追い切りの乗り役をくじ引きで無理やり決めたとされる逸話もある。

引退のわずか3ヶ月後2003年3月13日、放牧中の事故により左後脚を骨折し安楽死の処置が取られた。結果、種牡馬としては4頭(全て牝馬)しか子孫を残す事が出来なかった。

その4頭の産駒のうち2頭が繁殖に上がったが、残念な事にもちろん現在父系エアシャカールの血を受け継いだ馬を見る事は出来ず、牝系についても地方競馬でごくわずかに母の父がエアシャカールという馬はいるが、2021年8月現在下級クラスを走り続けている状態でその血は後世に残りそうにない。

関連イラスト

エアシャカール実装されたら呼んで
エアシャカール
エアシャカール
ズキュンドキュン


シャカール
エアシャカール
ずっと待ってる
シャシャシャ



関連タグ

ファインモーション(ウマ娘):一緒にラーメンを食べる仲。時折怪談話をふってくる。
アグネスタキオン(ウマ娘):理系ウマ娘仲間。
メイショウドトウ(ウマ娘):ルームメイト。
エアグルーヴ(ウマ娘):現実で同じ馬主。対戦経験はなく、血統でも関りはない。
キンイロリョテイ:彼女のモデルとされているステイゴールドと2度対戦した(エアシャカールの0勝2敗)。

史実で対戦経験のあるウマ娘
テイエムオペラオー(ウマ娘)
メイショウドトウ(ウマ娘)
セイウンスカイ(ウマ娘):2001年天皇賞(春)で1度のみ対戦。これがセイウンスカイの引退レースとなった。
ファインモーション(ウマ娘):2002年有馬記念で1度のみ対戦。

ちなみに「うまよん」で絡みのあったマンハッタンカフェ(ウマ娘)とは意外にも対戦したことはない。

関連記事

親記事

ウマ娘 うまむすめ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エアシャカール(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7255129

コメント