ピクシブ百科事典

ラガーレグルスは1997年5月2日生まれ、父サクラチトセオーレインボーパーク。通算8戦3勝。

現役時代は気性難の曲物でネタ馬だった事で有名、しかしその後の悲劇はあまり知られていない。

1999年デビュー、デイリー杯3歳ステークスで2着、ラジオたんぱ杯3歳牝馬ステークスで重賞初制覇、2000年共同通信杯4歳ステークスではスタートで13馬身差2秒近い大出遅れとなるが7着まで巻き返す。弥生賞3着。

皐月賞ではスタートでゲート内で立ち上がりスタート出来ず、騎手も落ちてしまい失格となった。50億円~60億円が紙屑と化した。

レース後1度目のゲート試験は合格する、しかし2度目のゲート試験事件により不合格、その後故障により1度も走れず結局引退。

種牡馬になったが2005年12月以降は行方不明。

エアシャカールアグネスフライトエイシンプレストンアグネスデジタルタップダンスシチーなどと同世代。

関連記事

親記事

00世代 にせんせだい

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました