ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

これがオレ達の走りだ。


駆け引きなんて必要ない。

お互いを信じて、ただひたすら「自分の競馬」に徹する。


それが彼らの築き上げた、勝利へのセオリー。


タップダンスシチーと佐藤哲三

信頼の絆で結ばれた人馬の、熱く、力強い走りが、私たちの心を惹きつける。


誘導

  1. 日本の競走馬。本項で解説する。
  2. ウマ娘プリティーダービー』にて1をモチーフとして登場するウマ娘。→ タップダンスシチー(ウマ娘)

2に関してはリンク先のタグを使用する事を推奨。


概要

タップダンスシチーはJRAの元競走馬種牡馬

1997年3月16日アメリカ生まれ、父プレザントタップ、母オールダンス。通算42戦12勝。


片方の目だけ白目がある輪眼の馬。


半兄のクリプトンシチー(16戦3勝)も輸入されている。叔母にはケンタッキーダービー牝馬であるウイニングカラーズがいる。母父ノーザンダンサーの良血馬。母系からは、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル等を制したチーフズクラウンや、ニューヨーク三冠牝馬であるクリスエヴァート等数々の名馬が出ている。

因みにタップにとってクリスは大叔母(タップの母母オールレインボーズがクリスの母)にあたり、チーフズクラウンはタップにとってはとことなる。(2頭は曾祖母にミスカーミーがいる)このチーフズクラウンはご存じディープスカイの母父でもある。

また父はセントサイモン直系で後継種牡馬でもあり、タップの他にも様々な活躍馬を世に送り出した、リボー系後継種牡馬では数少ない活躍馬である。

一流の牝系出身の良血馬でもあり、さかのぼれば様々な名馬たちの名前を聞くことが出来る血統表でもあるが、タップは母父がノーザンダンサーという種牡馬としては余りにもやりにくい立ち位置だった事もあり、父の後を継いで種牡馬として活躍する事は残念ながら叶わなかった。無念。


2000年にデビューし、京都新聞杯で3着となるなど素質は示していたが、気性的な問題やデビューがかなり遅くにずれ込んでしまった事による本格化の遅れで、中々本領を発揮出来ず本格化は5歳秋までズレ込んだ晩成型の馬。


佐藤哲三騎手に固定化されたのも功を奏し、

2002年9月に重賞初制覇、その年の有馬記念で6連勝中のファインモーションを競り落とし、シンボリクリスエスの2着に連対する。


2003年宝塚記念で3着に入りフロックではない事が周知される、ジャパンカップは得意ではないはずの悪い馬場状態だったが逃げ切って優勝、レース史上最大着差の9馬身差と歴史的な圧勝劇を演じる。かつてのカツラギエースのようなレースぶりだった。


2004年宝塚記念でGⅠ2勝目、凱旋門賞へ遠征するも飛行機のトラブルがあり1度は遠征中止かという状況だったが、ギリギリで間に合ったような状態になり17着。その年の有馬記念でゼンノロブロイに交わされるも2度目の連対。


2005年金鯱賞で史上2頭目の同一重賞3連覇、宝塚記念は7着に沈み、そして他馬に蹴られた事でとうとうやる気を失くした(ムキになった)のか、以降はジャパンカップで10着と沈み、ラストランを12着で同じくこれがラストランだったゼンノロブロイと共に終えたのだった。


生涯戦績は42戦12勝2着6回。獲得賞金は10億8422万円と、友駿ホースクラブでトップどころか、〇外史上最高の獲得賞金である。

ロブロイと共に披露した有馬記念でのレコードと同じく、この記録は彼の引退から実に20年近く経っても未だに破られていない。最大着差に関しても未だに破られていない。

(因みにその友駿ホースクラブで2番目に賞金を稼いだのは、ダートで大活躍したエスポワールシチーで、あちらは10億2319万円を稼いでいる。そのエスポワールシチーの主戦騎手も哲三である。)


佐藤哲三騎手の代表的騎乗馬。彼曰くタップは「怖がり」だった。また非常に食い意地が張っている馬でもあった。


ライバルのシンボリクリスエスとは2勝2敗と互角だった、ツルマルボーイとも4勝4敗と互角だった。


種牡馬を引退するのが早かった事、そして母父ノーザンダンサーといういまいちやりにくい立場だったのも関係してか、種牡馬として成功を収める事は出来なかった。


ただ地方の産駒おいては、重賞を4勝したタッチデュールがいる。

重賞を勝利した事よりも、彼女はその「クソローテ」と呼ばれた出走間隔の短いローテーションで知られた。彼女はなんと交流重賞を52回、G1(jpn1)には11回も出走しており、2011年に休止した姫路を除く全ての地方競馬場に遠征を行っている。

過酷なローテーションながらも交流重賞で上位に入線する事も何度かあり、2015年のスパーキングレディーではG1馬メイショウマンボに先着した事もある。

生涯戦績171戦17勝という戦績を残した。地方馬とは言えども異常なまでの頑健さから「笠松の鉄の女」「笠松の元気娘」という異名もついた。

小柄だがスタイルのいい馬体にぱっつんカットの前髪が特徴で、健気に走り続ける姿や容姿からファンが多かった。

余談だが2016年のJBCクラシックにて出走馬が描かれたバッジ付きのペングッズが販売され、アウォーディーホッコータルマエコパノリッキーノンコノユメサウンドトゥルークリソライトなどG1(jpn1)馬達を差し置いて唯一グッズが売り切れたりしている事から、彼女のその人気がうかがえる。中にはグッズが売り切れていた事を嘆く人もいたとか。

引退後は新たなオーナーに引き取られ、2021年にノーザンレイクへ移動。そこで功労馬として余生を過ごす事になった。ノーザンレイクにはなんと彼女のファンによって繁殖牝馬を引退後保護された母タッチノネガイも暮らしており、離乳から約12年振りの再会を果たしたのだった。因みに父に似たのか非常に食い意地が張っており、その食欲旺盛な所こそが現役時代171戦を走りぬく原動力になっていたと思われる。



現在タップは関東にある乗馬施設にして余生を過ごしている。障害飛越の才能は無いらしく、後ろ足でとんで後ろ足で着地するらしい。(人間風に例えるならば、体や足を曲げたりしない直立の姿勢で飛ぶ様な感じである。)


怪我で本格化やデビューが遅れたり、機械のトラブルで調子を崩したりと様々な不運に悩まされた前半生。

しかし、現在は溺愛してくれるスタッフや大好きなポニー、そして小さくも静かで穏やかな土地で、彼は穏やかな余生を過ごしているようだ。既に世を去ったかつてのライバル達の分も、長生きする事を願わずにはいられない。


有馬記念での場内のどよめきも、ジャパンCでの喝采も、種牡馬時代の屈辱も、タップダンスシチーにはもう関係ないのかもしれない。


余談

種付けが上手な馬だった。スタッフ曰く、「初めてとは思えない程上手」との事。



相棒だと言うのに佐藤哲三騎手の事は大嫌いだったそうで、彼がタップの馬房に近づくと目の色を変えて威嚇してきたのだそう。調教が非常に嫌いだったタップにとって哲三騎手は「自分の上に乗って自分の事を走らせてくる嫌な奴」、つまり「自分を苦しめたい=自分に危害を加えてくるかもしれない危険な奴」と認識していた可能性がある。

その嫌いっぷりはかなり激しく、引退から9年経ち再び中京競馬場に訪れた時も哲三騎手の名前を聞くと嫌がって大暴れする素振りを見せていた程だとか。

哲三騎手自身もタップの事は余り好きではなかったそうで、タップが引退した際は寂しさはかんじたものの、その実タップを可愛いと思った事は一度もなかったとか。また、タップと自身の中を「実は仲の悪い芸人コンビ」とも評している。要するに二人の関係はビジネスパートナーのようなものだったのだろう。


引退後種牡馬になってからは大嫌いな調教がなくなったからか大分丸くなったようで、基本的に放牧されてもずっと青草を食んでいるのだとか。

また、厩務員が収牧の際呼びに行っても殆ど来なかったのだとか。「オレが行くんじゃなくてお前が迎えに来い」というスタンスを発揮しており、まだまだオレ様ぶりは健在だったようである。



ポニーが大好きらしく、一頭で放牧されている時にポニーが近くを通るとこっちに来ないかと誘うかのように鳴いたりする程メロメロだという。同じサラブレッド相手にも特に危害を加える事はないそうだが、喧嘩を売ってくる相手には2400を一人旅した豪脚で蹴って黙らせたりするらしい。



流星やソックスの無い普通の鹿毛だったが、実況にも言われる程男前で整った顔立ちの馬だった。

因みに左目が輪眼で右目は普通の目なのだが、左側と右側で大分容姿の印象が変わる。気になる方は是非調べてみるといいだろう。



関連タグ

シンボリクリスエス...宿敵。


ゼンノロブロイ...もう一頭の宿敵。タップの娘との間に産駒がいる。


ヒシミラクル...宝塚記念にてタップに勝利するも、続く京都大賞典ではタップに届かず敗北した。


ツルマルボーイ...4勝4敗と互角に戦っていた。現在は同じ関東圏にて余生を過ごしている。


ネオユニヴァース...03年のJCにて対戦。タップには大差をつけられる4着。彼もまたタップの娘と交配しているが、その交配したタップの娘はロブロイと交配した馬と同一馬である。


カツラギエース...佐藤哲三騎手の憧れの馬。タップはカツラギエースの娘と交配経験がある。宿敵がシンボリである事も共通しており、最終的に両者共に引き分けに終わっているのも共通している。G1制覇数、そして制覇したG1、そして重賞制覇数も同一。ただ逃げ馬であるカツラギエースとは違いタップは厳密にいえば逃げ馬では無い。

関連記事

親記事

00世代 ぜろぜろせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 103355

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました