ピクシブ百科事典

目次[非表示]

誘導

ウマ娘プリティーダービーに登場するウマ娘。→ゼンノロブロイ(ウマ娘)

概要

生年月日2000年3月27日
英字表記Zenno Rob Roy
性別
毛色黒鹿毛
サンデーサイレンス
ローミンレイチェル
母の父マイニング
競走成績20戦7勝


2003年デビュー、青葉賞で重賞初制覇、ダービー2着、神戸新聞杯で重賞2勝、菊花賞4着、有馬記念3着。2004年春の天皇賞2着、宝塚記念4着。
しかし秋になり天皇賞(秋)・ジャパンカップ有馬記念優勝。テイエムオペラオー以来となる秋古馬三冠達成。
JRA賞最優秀4歳以上牡馬、年度代表馬受賞。
同じ藤沢和雄厩舎でオリビエ・ペリエ騎手のシンボリクリスエスが2002年と2003年の有馬記念を制していて3連覇。
また、秋の天皇賞も02年岡部幸雄騎乗のシンボリクリスエス、03年はペリエ騎乗でシンボリクリスエスが制している。
2005年にイギリスに遠征しインターナショナルステークス出走。Electrocutionistと首差の2着。
天覧競馬となった第132回天皇賞では1番人気に推されるがヘヴンリーロマンスと頭差の2着。
ジャパンカップでも1番人気に推されたが3着。
有馬記念は同年無敗で三冠を達成したディープインパクトが1番人気、ゼンノロブロイは2番人気だったが8着に終わる。
2006年シーズンから種牡馬となる。
2020年を以て種牡馬を引退し、現在村上欽哉牧場で余生を送っている。

ライバルのネオユニヴァース・リンカーン・ザッツザプレンティで4強、もしくはサクラプレジデントも入れ5強と呼ばれた。

ネオユニヴァースとは2勝2敗、リンカーンとは7勝5敗。

他にディープインパクトしかいないサンデーサイレンス産駒の年度代表馬であり、2021年現在有馬記念のレコードホルダーなのだが、悲しいことに競馬オタクの間ですら全くと言っていいほど話題に上らない
テイエムオペラオーとディープインパクトのスター性、並びにその二頭の狭間は競走馬界が低迷していたことも無関係ではないだろう。

繁殖成績

ペルーサ・青葉賞優勝

外部リンク


関連項目

ゼンリン 馬主の大迫忍は実質的な創業者。

関連記事

親記事

競走馬 きょうそうば

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼンノロブロイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25935

コメント