ピクシブ百科事典

タイキシャトル

たいきしゃとる

1994年生まれの競走馬。1998年JRA賞年度代表馬受賞。顕彰馬。
目次[非表示]

誘導

  1. 競走馬
  2. 1をモチーフとしたウマ娘プリティーダービーに登場するウマ娘。→タイキシャトル(ウマ娘)


こちらでは1に関して解説をする。2に関してはリンク先のタグを使用する事を推奨。

概要

1994年3月23日生まれ。父Devil's Bag 母Welsh Muffin(ウェルシュマフィン) 母の父Caerleon。牡馬尾花栗毛

1999年、顕彰馬に選出。
1999年シーズンから種牡馬となる。

戦績

98年 安田記念
大雨のなかの無敵、タイキシャトル。
可能性は人を熱くする。
―2011年JRA安田記念CMより

1997年4月19日東京競馬場でデビュー。主戦騎手は岡部幸雄(97年スワンステークスとマイルチャンピオンシップのみ横山典弘が騎乗)。
同年のマイルチャンピオンシップ、スプリンターズステークス優勝。
マイルチャンピオンシップでサイレンススズカと対戦。逃げたキョウエイマーチにサイレンススズカが並びかけた結果ハイペースに。3番手追走のヒシアケボノも失速する中でタイキシャトルは4番手から出走馬中最速の上がり3ハロン36秒1で抜け出した。
キョウエイマーチはハイペースの逃げから2着に踏み止まったが、サイレンススズカは15着。
この世代は、春の安田記念でスピードワールドが不本意な臨戦過程ながら3着に入り、タイキシャトルが前走のスワンステークスで優勝し、マイルチャンピオンシップの人気でも着順でも上位を占めた。
この年、JRA賞最優秀短距離馬受賞。年度代表馬はエアグルーヴ

1998年6月14日、欧州遠征を前に挑んだ安田記念。前述のJRA CMでもあるとおり、多摩地方の大雨で稀に見る昭和47年以来26年ぶりの超不良馬場の中で行われたが、97年香港ダービー馬オリエンタルエクスプレス(鞍上ダグラス・ホワイト)らを尻目に「日本に敵はいない!」とばかりに安田記念を制覇。

1998年6月14日 東京競馬場
実況:三宅正治(フジテレビ)

同年、海外遠征しジャック・ル・マロワ賞で優勝(これが岡部幸雄の自身初海外G1制覇)。帰国後マイルチャンピオンシップ史上3頭目の連覇、史上3頭目の古馬マイルGI春秋制覇。スプリンターズステークス3着を最後に引退。
JRA賞年度代表馬、最優秀短距離馬、最優秀5歳以上牡馬受賞。

産駒


関連項目

JRA スプリンター

関連記事

親記事

顕彰馬 けんしょうば

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「タイキシャトル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135584

コメント