2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ヒシアケボノ

ひしあけぼの

JRAに所属した元競走馬、種牡馬(1992生-2008没)。1995年のスプリンターズステークス優勝。
目次[非表示]

※本馬をモチーフとする『ウマ娘 プリティーダービー』のキャラクターについてはヒシアケボノ(ウマ娘)の記事を参照。

概要

1992年アメリカで生まれた外国産馬。父はウッドマン
ヒシアマゾンヒシミラクルとは馬主が同じ阿部雅一郎である。
半弟に海外G1を2勝したアグネスワールドがいる。

体重が500kgを優に超える超大型馬として有名で、馬名の由来は当時現役だった第64代横綱曙太郎からである。

1994年の11月に田中勝春を背にデビュー。
しかし、年が明けても勝てず武豊を背に挑んだ5戦目の未勝利戦も5着。武が乗ったのはこの1戦だけだった。
河内洋を迎えた未勝利戦で、6戦目にして初勝利し次の500万下条件戦も連勝。
騎手が角田晃一に代わっても連勝を4に伸ばす。
この後の2戦は河内が騎乗するも、再び角田に戻ったスワンステークス(GⅡ)で重賞初勝利し以後、角田が主戦騎手となる。
マイルチャンピオンシップトロットサンダーに敗れて3着になるも、続くスプリンターズステークスビコーペガサスとドバイから参戦したソーファクチュアル(オリビエ・ペリエ騎乗)の追撃を振り切りGⅠ勝利を飾る。

この時の馬体重560kgはGⅠ勝利再重量記録として長らく不動であったが、2016年にアポロケンタッキーがダートGⅠの東京大賞典馬体重565kgで勝利したことにより破られた。
それでも芝GⅠ優勝馬の歴代最重量記録としては2021年現在も残っている。
(※逆にGⅠ勝利最軽量記録は1971年度のオークス馬であるカネヒムロの384kg。)

しかし、ウッドマン産駒の特徴である早熟にあてはまったのか古馬になった1996年高松宮記念安田記念連続3着はあったが、それ以降はまったく馬券にからめず、1997年末のスプリンターズステークスで9着になったのを最後に引退(この時の騎手は、ヒシアマゾンの主戦だった中舘英二)。
引退後は種牡馬になるも、母の父としてフェアリーステークスを勝ったクラウンロゼ(ちなみにその父のロサードはオールカマーを勝った時が432㎏と言うかなりの軽量馬)を出した程度に終わった。

晩年は東京大学農学部付属牧場に繋養されたが、2008年に16歳で死去した。

関連タグ

競馬 競走馬 95世代
ヒシアケボノでかすぎ

関連馬

ウィナーズサークルダンツシアトル…同じく東京大学農学部付属牧場に入厩していた時期のあるG1馬。

外部リンク

巨漢馬の馬名一覧

関連記事

親記事

95世代 きゅうごせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 630250

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました