ピクシブ百科事典

東京大賞典

とうきょうだいしょうてん

毎年12月29日に実施される競馬の重賞競走。格付けはGI。その年の日本競馬のGIレースの最後を締めくくるレース。
目次[非表示]

概要

その年の日本競馬で最後に行われるGⅠレース。大井競馬場・ダート2000m。

下半期、および1年間のダート最強馬決定戦として位置付けられており、有馬記念中山大障害など中央競馬の年末の大一番が終わった後に施行される、年間最後のGI競走として競馬ファンに知られる。また、地方競馬の競走の中では唯一国際GI格付けを持っている(2011年より取得)。ファンファーレも他のダートグレード重賞とは異なり、東京スカパラダイスオーケストラ作曲の国際GI競走ファンファーレが使用される。
近年は知名度の上昇とともに馬券の売り上げを大きく伸ばしており、2020年には60億円を超え地方競馬の単一レースの馬券売上額では史上最高になった。

余談だが、有明の冬のオタクの祭典と開催日が被っており、そちらで用事を終えた後に大井競馬場に東京大賞典観戦に向かう者も多く、この二つのイベントの影響で大井町駅や天王洲アイル駅などは同日の夕方には大変混雑する。

歴史

1955年 - 「秋の鞍」創設。当初はダート2600mで施行。
1962年 - 施行距離を3000mに変更。
1964年 - 「東京大賞典」に名称変更。この年のみ出走馬選定をファンの人気投票により行う有馬記念宝塚記念と同じ方式が取られる。
1972年 - 馬インフルエンザ流行の影響で71年の分を3月に順延して開催。
1989年 - 施行距離を2800mに変更。
1995年 - 中央・地方全国交流競走に指定される。
1997年 - ダート競走格付け委員会により統一GIに格付けされる。
1998年 - 施行距離を現在と同じ2000mに変更。
2007年 - 日本がパートI国に昇格したため格付け表記をJpnIに変更。
2011年 - 国際GI格付けを取得。地方競馬では初の国際競走として施行される。
2020年 - 馬券の売上が60億円を突破。一方、新型コロナウイルス感染拡大の影響で大井競馬場での観客数は歴代最少となった。

競走条件等

(以下、2020年のデータ)

出走資格

サラブレッド系3歳以上選定馬

最大出走可能頭数

16頭(外国調教馬8頭まで、外国馬出走なしの場合のJRA所属馬の出走枠は7頭まで)

負担重量

定量(3歳55kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減、南半球産3歳馬2kg減)

賞金

1着8000万円、2着2800万円、3着1600万円、4着800万円、5着400万円、着外手当30万円、生産牧場賞120万円。

直近5年の優勝馬一覧

2017 コパノリッキー
2018 オメガパフューム
2019 オメガパフューム
2020 オメガパフューム
2021 オメガパフューム

アジュディミツオースマートファルコンホッコータルマエが過去に連覇を成し遂げている他、2020年にはオメガパフュームと鞍上のミルコ・デムーロ騎手が初の三連覇を成し遂げた(メインイラスト)。
更に翌年のレースも勝利し、全馬未到の同レース四連覇を成し遂げた。

関連タグ

競馬 GⅠ
有馬記念 中山大障害 ホープフルステークス - 中央競馬における年末のGIレース。

関連記事

親記事

GⅠ じーわん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「東京大賞典」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32043

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました