ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

東京大賞典

とうきょうだいしょうてん

大井競馬場で開催される地方競馬のGIダートレース。 南関東公営競馬におけるグランプリレースであり、日本のダート競走におけるダートグランプリでもある。 メイン画像は1988年優勝のイナリワン(ウマ娘)。
目次 [非表示]

概要

その年の日本競馬で最後に行われるGⅠレース。大井競馬場・ダート2000m。南関東公営競馬におけるグランプリレースでもある。


下半期、および1年間のダート最強馬決定戦(ダートグランプリ)として位置付けられており、有馬記念中山大障害など中央競馬の年末の大一番が終わった後に施行される、年間最後のGI競走として競馬ファンに知られる。また、地方競馬の競走の中では唯一国際GI格付けを持っている(2011年より取得)。

南関東公営競馬でも1978年に新設された帝王賞と共に、サラブレッド系古馬の2大競走としても位置づけられている。

ファンファーレも他のダートグレード重賞とは異なり、東京スカパラダイスオーケストラ作曲の国際GI競走ファンファーレが使用される。

近年は知名度の上昇とともに馬券の売り上げを大きく伸ばしており、2020年には60億円を超え地方競馬の単一レースの馬券売上額では史上最高になった。


余談だが、有明の冬のオタクの祭典と開催日が被っており、そちらで用事を終えた後に大井競馬場に東京大賞典観戦に向かう者も多く、この二つのイベントの影響で大井町駅や天王洲アイル駅などは同日の夕方には大変混雑する。


大井競馬中継に関しては、専門チャンネル以外では高い確率でTOKYOMXで放送されるケースが多くなっているのだが、東京大賞典に限って言えばフジテレビで放送されることがある。


歴史

1955年 - 「秋の鞍」創設。当初はダート2600mで施行。

1962年 - 施行距離を3000mに変更。

1964年 - 「東京大賞典」に名称変更。この年のみ出走馬選定をファンの人気投票により行う有馬記念宝塚記念と同じ方式が取られる。

1972年 - 馬インフルエンザ流行の影響で71年の分を3月に順延して開催。

1989年 - 施行距離を2800mに変更。

1995年 - 中央・地方全国交流競走に指定される。

1997年 - ダート競走格付け委員会により統一GIに格付けされる。

1998年 - 施行距離を現在と同じ2000mに変更。

2007年 - 日本がパートI国に昇格したため格付け表記をJpnIに変更。

2011年 - 国際GI格付けを取得。地方競馬では初の国際競走として施行される。

2014年 - 海外調教馬が初参戦。

2020年 - 馬券の売上が60億円を突破。一方、新型コロナウイルス感染拡大の影響で大井競馬場での観客数は歴代最少となった。

2022年 - 1着賞金が1億円に増額され、持ち回りのJBCクラシックと並んで地方競馬の最高賞金レースとなった。


競走条件等

出走資格

サラブレッド系3歳以上選定馬

最大出走可能頭数

16頭(外国調教馬8頭まで、外国馬出走なしの場合のJRA所属馬の出走枠は7頭まで)

負担重量

定量(3歳55kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減、南半球産3歳馬2kg減)

優先出走権

地方競馬所属馬は、同年に行われる下表の競走で所定の成績をあげた馬に優先出走権が付与される


競走名競馬場距離必要な着順
浦和記念JpnII浦和競馬場ダート2000m1・2着馬
勝島王冠南関東SII大井競馬場ダート1800m 1着馬

浦和記念で他地区地方競馬所属馬が優先出走権を得た場合、南関東所属馬の出走枠を減らすことが定められている。

賞金

1着8000万円、2着2800万円、3着1600万円、4着800万円、5着400万円、着外手当30万円、生産牧場賞120万円。


歴代優勝馬・騎手

回数施行日施行距離優勝馬所属優勝騎手備考
「秋の鞍」
第1回1955年2600mミスアサヒロ大井安藤徳男
第2回1956年2600mケンチカラ大井小筆昌
第3回1957年2600mイチカントー大井藤田安弘
第4回1958年2600mダイニコトブキ船橋須田茂
第5回1959年2600mダンサー大井武智一夫
第6回1960年2600mオンスロート大井赤間清松
第7回1961年2600mサキミドリ大井松浦備
第8回1962年3000mダイサンコトブキ船橋宮下哲朗
第9回1963年3000mシンニツケイ大井小筆昌
「東京大賞典」
第10回1964年3000mオリオンホース川崎佐々木竹見
第11回1965年3000mオーシヤチ大井赤間清松
第12回1966年3000mゴウカイオー大井松浦備
第13回1967年3000mヒガシジヨオー川崎竹島春三
第14回1968年3000mアシヤフジ大井赤間清松
第15回1969年3000mヤシマナシヨナル大井福永二三雄
第16回1970年3000mダイニヘルスオー大井出藤篤
第17回1971年3000mフジプリンス船橋角田次男
第18回1972年3000mフリユーフアスト船橋渥美忠男
第19回1973年3000mヒデムサシ大井辻野豊
第20回1974年3000mトドロキムサシ大井岡部盛雄
第21回1975年3000mスピードパーシア船橋佐々木竹見
第22回1976年3000mフアインポート川崎竹島春三
第23回1977年3000mトドロキヒリユウ大井岡部正道
第24回1978年3000mハツシバオー大井宮浦正行
第25回1979年3000mエビチカラ大井山田秀太郎
第26回1980年3000mトウケイホープ大井秋吉和美
第27回1981年3000mアズマキング大井岡部盛雄
第28回1982年3000mトラストホーク大井高橋三郎
第29回1983年3000mサンオーイ大井高橋三郎
第30回1984年3000mテツノカチドキ大井本間茂
第31回1985年3000mスズユウ大井石川綱夫
第32回1986年3000mカウンテスアップ大井的場文男
第33回1987年3000mテツノカチドキ大井佐々木竹見
第34回1988年3000mイナリワン大井宮浦正行
第35回1989年2800mロジータ川崎野崎武司
第36回1990年2800mダイコウガルダン大井早田秀治
第37回1991年2800mボールドフエイス大井堀千亜樹
第38回1992年2800mドラールオウカン大井堀千亜樹
第39回1993年2800mホワイトシルバー大井荒山勝徳
第40回1994年2800mドルフィンボーイ川崎山崎尋美
第41回1995年2800mアドマイヤボサツJRA芹沢純一
第42回1996年2800mキョウトシチーJRA松永幹夫
統一GⅠ
第43回1997年2800mトーヨーシアトルJRA松永昌博
第44回1998年2000mアブクマポーロ船橋石崎隆之
第45回1999年2000mワールドクリークJRA加藤和宏
第46回2000年2000mファストフレンドJRA蛯名正義現在唯一の牝馬の優勝
第47回2001年2000mトーホウエンペラー岩手菅原勲
第48回2002年2000mゴールドアリュールJRA武豊
第49回2003年2000mスターキングマンJRA武豊
第50回2004年2000mアジュディミツオー船橋内田博幸
第51回2005年2000mアジュディミツオー船橋内田博幸連覇
第52回2006年2000mブルーコンコルドJRA幸英明
第53回2007年2000mヴァーミリアンJRA武豊
第54回2008年2000mカネヒキリJRAC.ルメール
第55回2009年2000mサクセスブロッケンJRA内田博幸
第56回2010年2000mスマートファルコンJRA武豊
国際GⅠ昇格後
第57回2011年2000mスマートファルコンJRA武豊連覇
第58回2012年2000mローマンレジェンドJRA岩田康誠
第59回2013年2000mホッコータルマエJRA幸英明
第60回2014年2000mホッコータルマエJRA幸英明連覇、ソイフェットが海外調教馬として初参戦
第61回2015年2000mサウンドトゥルーJRA大野拓弥
第62回2016年2000mアポロケンタッキーJRA内田博幸
第63回2017年2000mコパノリッキーJRA田辺裕信
第64回2018年2000mオメガパフュームJRAM.デムーロ
第65回2019年2000mオメガパフュームJRAM.デムーロ
第66回2020年2000mオメガパフュームJRAM.デムーロ
第67回2021年2000mオメガパフュームJRAM.デムーロ4連覇
第68回2022年2000mウシュバテソーロJRA横山和生
第69回2023年2000mウシュバテソーロJRA川田将雅連覇、前年と異なる騎手での連覇は初

アジュディミツオースマートファルコンホッコータルマエウシュバテソーロが過去に連覇を成し遂げている他、2020年にはオメガパフュームと鞍上のミルコ・デムーロ騎手が初の三連覇を成し遂げた。

更に翌年のレースも勝利し、全馬未到の同レース四連覇を成し遂げた。


関連タグ

競馬 GⅠ

有馬記念 中山大障害 ホープフルステークス - 中央競馬における年末のGIレース。

関連記事

親記事

GⅠ じーわん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91492

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました