2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

概要

生年月日2005年4月4日
英字表記Smart Falcon
性別
毛色栗毛
ゴールドアリュール
ケイシュウハーブ
母の父ミシシッピアン
5代内のインブリードVaguely Noble5×3
競走成績34戦23勝
近親ワールドクリーク(半兄)
馬主大川徹


美浦畠山吉宏厩舎→栗東小崎憲厩舎。

2007年10月28日、東京競馬場ダート1600m新馬戦でデビュー。1番人気1着。
500万下を2戦目のダート1800m戦で勝ち上がる。
2008年1月6日、ジュニアカップ(オープン特別)芝1600m、初の芝のレースで5番人気だったが後方一気の追い込みで1着。
共同通信杯は2番人気に推されるが7着、アーリントンカップは4番人気10着、皐月賞17番人気18着。
ここで畠山吉宏厩舎から小崎憲厩舎に移籍。ここから約2年間は岩田康誠が騎乗。
7月9日大井競馬場ジャパンダートダービー、3番人気。1番人気サクセスブロッケンが4角先頭で押し切り、3馬身半差の2着にスマートファルコン。
8月10日小倉競馬場KBC杯(オープン特別)ダート1700m。1番人気に推され逃げ切って1着。
10月7日金沢競馬場白山大賞典(G3)ダート2100m。単勝1.5倍の1番人気に推され逃げ切って1着。
JBCスプリントは3番人気で先行したが逃げたバンブーエールを捕らえきれず1馬身差の2着。
浦和記念は逃げて2着に7馬身差の圧勝。ここから地方交流競走を各地を転戦しながら6連勝。
マーキュリーカップ2着をはさんでブリーダーズゴールドカップ優勝、連覇をかけた浦和記念は7着に終わる。

2010年はかきつばた記念、さきたま杯と連勝して帝王賞に挑むが3番人気6着。
岩田康誠から武豊に乗り換わった日本テレビ盃では3番人気3着。これ以降は武豊が騎乗。
JBCクラシックは4番人気だったが逃げて7馬身差の圧勝。初のG1勝利。
ここから武豊が騎乗し逃げて圧勝の「砂のサイレンススズカ」スタイルでG16勝を含む9連勝。
2010。11年のNARグランプリダートグレード競走特別賞を受賞している。

2012年は川崎記念から始動し圧勝。ドバイワールドカップに出走するがアクシデントが重なり10着。
帰国後、調整中に腱鞘炎を発症し引退。2013年シーズンから種牡馬となる。

重賞9連勝はタイキシャトルテイエムオペラオーの8連勝を更新する新記録。
34戦の内JRAでは8戦、3歳8月のKBC杯を最後に、JRA所属ながらJRAの競馬場では走っていない。

繁殖成績


余談

やたらと口がゆるい。引退後に会いに行った人の写真を見ると、高確率で馬房から頭を出し口を半開きにしている様子が撮られている。



外部リンク

関連記事

親記事

08世代 ぜろはちせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4170005

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました