ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

日本の騎手

公営兵庫県競馬でデビューし、現在はJRA所属。

次男の岩田望来も2019年にJRAで騎手としてデビューした。


略歴

1974年3月12日、兵庫県姫路市で誕生。実家は姫路競馬場の近くのお好み焼き屋だった。


1991年、兵庫県競馬組合の清水正人厩舎に所属し騎手となる。同期に山田信大岡田祥嗣などがいた。


1996年、ケイエスヨシゼン兵庫アラブ三冠を達成。小牧太(8年連続リーディングジョッキーを記録)と共に、「園田の2本柱」と呼ばれた。


2000年、小牧を上回り、初めて兵庫リーディングジョッキーとなった。以後2002年、2004年、2005年に兵庫のリーディングを獲得。NARグランプリでは1996、1997、2002で優秀騎手賞を、2005で特別賞を受賞している。

中央競馬に移籍するまでに地方競馬で2941勝をあげた。


2002年、ビリーヴセントウルステークスを勝ち、JRA重賞で初勝利。


2004年、デルタブルース菊花賞を勝ち、地方競馬所属の騎手として初のクラシック制覇。


2006年、JRAに移籍。1年目は126勝。


2012年、ディープブリランテ東京優駿を勝ち、ダービージョッキーとなる。年末は香港に遠征してロードカナロアで日本馬初の香港スプリント勝利。


2023年、JRA通算15,000回騎乗を達成。


人物

優れた勝負勘を持ち、大舞台では強烈な騎乗も見せることもあるトップジョッキー。成績が低迷した馬を激走させることも多々あることでも知られる。


荒っぽい騎乗スタイルや、良くも悪くも感情の起伏が激しい性格で問題行動も多く起こしてしばしば制裁対象になっていることから、騎手の中では非常に批判が多い。

騎乗スタイルそのものは幸英明蛯名正義など他の騎手にも影響を与えたが、本人は批判の多さに「もうやめようかな」とこぼしたことも。一方で競馬評論家となった田原成貴は岩田の騎乗スタイルについて「汚い」と指摘しつつも、岡本太郎に準えたり「汚さの中に美しさがある」と評価したりもしている。

また大舞台に強い割にはプレッシャーに弱く、兵庫アラブ三冠制覇が懸かった六甲盃の前には吐いてしまったことも。


近年はインタビューで不器用ながらもそれを貫く愚直な姿勢を表明し、評価も持ち直しつある。

岩田は田原の調教師時代に管理馬に騎乗した事があり、よく田原の動画を視聴しているようで、勝利インタビューでは田原が岩田を評価する際に使う「ジーニアス」「ファンタスティック」という言葉を頻繁に使用するようになった。

騎乗フォームが「焼きそば乗り」と呼ばれる事から、ファンとの交流イベントでは焼きそばを作った。

2022年の有馬記念枠順抽選会では「(有馬記念当日が)クリスマスなので」ということでトナカイの被り物を被って登場。抽選会では1枠2番の絶好の枠を引き、本番では騎乗するイズジョーノキセキを13番人気の低評価ながら4着に滑り込ませている。


関連タグ

JRA 騎手

関連記事

親記事

騎手 きしゅ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120775

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました