ピクシブ百科事典

ロードカナロア

せかいのろーどかなろあ

2008年生まれの日本の競走馬。 短距離戦線で活躍し、2013年に年度代表馬を受賞。2018年には顕彰馬に選出された。
目次[非表示]

概要

2008年3月11日生まれ。
父はキングカメハメハ、母はレディブラッサム、母の父はストームキャットという血統である。
名前の「カナロア」はハワイ神話の海の神である。
香港での名前は龍王で、そのまま彼のニックネームにもなっている。
主戦騎手は福永祐一岩田康誠
調教師は、かつてトウカイテイオーでクラシック二冠を挙げた安田隆行

現役時代

2010年12月5日の小倉競馬場での新馬戦でデビューし初勝利。
3歳時は同期のオルフェーヴルクラシック三冠馬となったが、ロードカナロアは短距離オープン戦を順調に勝ち上がり、11月26日のGⅢ京阪杯で重賞初勝利。

古馬になった2012年
GⅢシルクロードステークスを勝利するも、GⅠ初挑戦となった高松宮記念では、同じく安田厩舎のカレンチャンに敗れて3着に終わった。
続く函館スプリントステークス(GⅢ)でも2着に終わり、ここで騎手が福永祐一から岩田康誠に代わった。
岩田に代わった初戦のセントウルステークス(GⅡ)も2着だったが、スプリンターズステークスでは、春秋スプリント制覇を狙ったカレンチャンを抑えGⅠ初勝利を飾る。
次に香港で行われた香港スプリントでも優勝。日本馬による同競走初優勝を成し遂げた。
この活躍が評価され、JRA賞では最優秀短距離馬に選出された。

5歳となった2013年
阪急杯(GⅢ)を勝利すると、前年勝てなかった高松宮記念を勝ち、GⅠ2勝目を挙げた。
続いて陣営は1600mの安田記念を選択しここでも勝利。
秋の初戦となるセントウルステークスは58kgの斤量が響いてハクサンムーンの2着となり連勝が5で止まった。
しかし、本番のスプリンターズステークスではハクサンムーンにリベンジしサクラバクシンオー以来となる、スプリンターズステークス連覇を達成した。
そして、年末の香港スプリントを以て引退することを表明。1200m戦としては異例の5馬身差を付けて圧勝し、有終の美を飾った。
そして、2年連続での香港スプリントでの勝利を評価され、2年連続で最優秀短距離馬を受賞。さらには同年に引退したオルフェーヴルを差し置いて年度代表馬にも輝いた。

競走成績は19戦13勝2着5回。連対を外したのは2012年の高松宮記念だけで(それでも3着)、まさに「龍王」と呼ばれるだけの成績を残した。

種牡馬時代

現役引退後は種牡馬となり、初年度産駒が2015年に誕生。
初年度産駒の中でもアーモンドアイ牝馬三冠を達成しただけでなくジャパンカップでは芝2400mの世界記録を打ち立てる大活躍で2018年の年度代表馬となり、ディープインパクトジェンティルドンナ父娘以来2組目の父娘年度代表馬受賞となった。
そして同年には、顕彰馬にも選出された。

主な産駒

2015年産

アーモンドアイ桜花賞優駿牝馬秋華賞・ジャパンカップ
ステルヴィオマイルチャンピオンシップ

2016年産

サートゥルナーリアホープフルステークス

関連動画

全競走


「世界のロードカナロア!」


関連イラスト

世界のロードカナロア!



カレカナ@和装!


※2016年には、同厩舎のカレンチャンとの間に牝馬が誕生し、「カレンモエ」と名付けられた。
カレンモエも両親と同じく安田厩舎で、小倉競馬場でデビューを飾り見事初勝利。

関連タグ

競走馬

関連記事

親記事

顕彰馬 けんしょうば

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロードカナロア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 230

コメント