ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

ウマ娘プリティーダービーに登場するウマ娘については、サクラバクシンオー(ウマ娘)の記事へ


概要

1989年生まれの競走馬で、JRAの短距離競走で活躍した。

主な勝ち鞍は1993年、1994年のスプリンターズステークス

1994年度、JRA賞最優秀短距離馬受賞。

ロードカナロアと共に日本競馬史上最強スプリンターの候補に挙げられることが多い。

中国語表記は「櫻花驀進王」。


1400m以下では12戦11勝という戦績で4歳時のスプリンターズステークスが唯一の黒星となる。1600m、1800mでは未勝利に終わったが、母サクラハゴロモアンバーシャダイの全妹、父サクラユタカオー天皇賞(秋)を勝っていることから、2000mまでならなんとかなったかもしれない。

直仔も孫もスプリンターが中心だが、キタサンブラック菊花賞天皇賞(春)を勝っている。

キタサンミカヅキの母母キタサンコールキタサンヤマトの半姉(母母タケユタカ)。


JRACM

94年 スプリンターズステークス

絶頂を極めた者に、もはや勝つべき戦いは残っていないのか。

レコードを叩きだした、ラストラン。

最後に勝つ者が勝者だ。

その馬の名は…

 2012年JRA・スプリンターズステークスCMより


名馬の肖像

速さこそ真理


追求すべきはスピードと

そう信じて進めばいい。

名誉も称賛も

きっとあとからついてくる。


ほかには目もくれず

それだけに賭けろ。

この世界で輝くために

それだけをつらぬけ。


速さこそが真理だと

そう信じて突き進め。


≪2018年スプリンターズステークス≫


プロフィール

生年月日1989年4月14日
英字表記Sakura Bakushin O
性別
毛色鹿毛
サクラユタカオー
サクラハゴロモ
母父ノーザンテースト
競走成績21戦11勝
近親アンバーシャダイ イブキマイカグラ
馬主さくらコマース
所属境勝太郎厩舎(美浦トレーニングセンター
主戦騎手小島太

略歴

※馬齢は数え表記


1989年4月14日、社台ファーム早来(北海道勇払郡安平町)で生まれた。


境勝太郎調教師はさくらコマースの購買代理人としてアンバーシャダイの全妹を求め、社台グループと交渉した。しかし吉田善哉代表が将来的に社台の基礎牝馬にしたいと考えていたため、「3年間3000万、引退後社台に返却」という条件で貸し出してもらった。この仔馬はサクラハゴロモとしてデビューしたが、無理をさせず2年で社台に返却した。

その埋め合わせに社台がさくらコマースに、サクラハゴロモの産んだサクラユタカオーの初仔を無償で提供したのがサクラバクシンオーであった。そのため取引価格0円という珍しい経歴を持っている。


1992年1月12日、中山競馬場ダート1200m新馬戦でデビュー。2番人気、逃げて2着に5馬身差の圧勝。1番人気はキタサンヤマトで3着(ちなみに、キタサンヤマトの母母はタケユタカ)。

1月26日、黒竹賞(500万下特別)芝1600m、1番人気に推されるが頭差の2着。

3月14日、桜草特別(500万下特別)芝1200m、単勝1.3倍の1番人気、逃げて2着に4馬身差の圧勝。

皐月賞出走権をかけてスプリングステークスに出走。1番人気ノーザンコンダクト、2番人気ミホノブルボン、サクラバクシンオーは3番人気。重馬場で逃げたミホノブルボンは2着に7馬身差の圧勝。4着に12番人気のライスシャワー、サクラバクシンオーは12着。クラシック挑戦を断念し短距離路線へ。

クリスタルカップ芝1200m。良馬場、1番人気、逃げて2着に3馬身半差の圧勝。重賞初制覇。

菖蒲ステークス芝1400m、良馬場。別定重量で57kgを背負うが1番人気、逃げて切って2着に1馬身1/4差。

ニュージランドトロフィー4歳ステークス芝1600m、良馬場。1番人気ヒシマサル、2番人気は菖蒲ステークス2着のエーピージェット、サクラバクシンオーは3番人気。逃げて7着、優勝は4番人気のシンコウラブリイ

秋は京王杯オータムハンデから始動。3番人気3着。多摩川ステークス3番人気7着。

キャピタルステークス、芝1400m、良馬場。1番人気、逃げて切って2着ミスタートウジンに2馬身半差。

スプリンターズステークスダイタクヘリオスニシノフラワー、サクラバクシンオー、ヤマニンゼファーの人気順。G1馬に割って入っていたがレースでは逃げて6着。1200mで唯一の敗北。優勝はニシノフラワー。


1993年は春全休、オータムスプリントステークスから復帰、2番人気1着。

アイルランドトロフィー芝1600m、重馬場。3番人気5着。

キャピタルステークスは58kgを背負って3番人気、2番手から抜け出して1着。

スプリンターズステークス。1番人気ヤマニンゼファーは前年2着、安田記念天皇賞(秋)を制してマイルチャンピオンシップを見送って3階級制覇に挑む。サクラバクシンオー2番人気、前年覇者のニシノフラワーが3番人気。

レースではサクラバクシンオーが3番手から抜け出して1着、2着ヤマニンゼファーは2馬身半差。3着ニシノフラワー。

ヤマニンゼファーはJRA賞最優秀短距離馬、最優秀4歳以上牡馬、最優秀父内国産馬を受賞したが、スプリンターズステークスか

マイルチャンピオンシップを勝っていればG1 3勝で年度代表馬投票でビワハヤヒデを逆転、更に顕彰馬もあったかもしれない。


1994年はダービー卿チャレンジトロフィー(芝1200m)から始動。単勝1.2倍の1番人気、1着。

安田記念は京王杯スプリングカップ組の外国馬が上位人気の中で3番人気に推される。レースでは先行して粘り4着。優勝ノースフライト

秋は毎日王冠に出走。1600m未勝利でスプリングステークス以来の1800m、斤量59kgという条件で4番人気。ここではスピードが違い、逃げて4F46秒1、5F57秒5のハイペース。4着に終わったがネーハイシーザーの勝ち時計1分44秒6は日本レコード。

天皇賞(秋)を断念し予定通り短距離路線へ。

スワンステークス(この年は阪神競馬場開催)は1番人気に推される。2番人気ノースフライト、3番人気ビコーペガサス、4番人気エイシンワシントン。レースは逃げたエイシンワシントンを2番手追走、直線で抜け出し2着ノースフライトに1馬身1/4差つけて1着。勝ち時計1分19秒9は初めて1分20秒の壁を破る日本レコード。

マイルチャンピオンシップはノースフライトが1番人気、サクラバクシンオー2番人気。レースは5着まで人気どおりの決着。

スプリンターズステークスは単勝1.6倍の1番人気。先行抜け出しで2着ビコーペガサスに4馬身差。勝ち時計1分7秒1は日本レコード。1分7秒の壁を破る期待もかけられていたが、こちらは1997年シルクロードステークスまで待つことになる。

1994年12月18日 中山競馬場

実況:塩原恒夫(フジテレビ)


JRA賞最優秀短距離馬を受賞。最優秀5歳以上牡馬はビワハヤヒデ、最優秀父内国産馬はネーハイシーザーが受賞。


1995年シーズンより社台スタリオンステーション種牡馬となり、産駒の中央競馬通算1000勝を達成するなどの実績を残した。

2011年4月30日、種牡馬として現役中に心不全で死去した(22歳)。


産駒は主に短距離~マイル中心の傾向となっており、ショウナンカンプグランプリボスビッグアーサーなどを代表に短距離路線で活躍を残している。

しかし、母父に入るとキタサンブラックを代表に中・長距離で活躍をする産駒が表れ始め、「ユタカオーの血がここで目覚めたのでは?」などと噂するものも多い。


また、後継種牡馬としてはショウナンカンプは後継を残せずに亡くなってしまったが、グランプリボス、ビッグアーサーの産駒から重賞馬が出ており、テスコボーイ系の数少ない後継としてサイアーラインを繋ぐことに期待する声も少なくはない。


種牡馬成績

主な産駒

母父としての主な産駒


外部リンク

netkeiba.com - サクラバクシンオー

wikipedia - サクラバクシンオー

ニコニコ大百科 - サクラバクシンオー

JBISサーチ|サクラバクシンオー

関連記事

親記事

92世代 きゅうにせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6402313

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました