ピクシブ百科事典

ディープインパクト

でぃーぷいんぱくと

ディープインパクト(2002年 - 2019年)は、中央競馬(JRA)で活躍した元競走馬。現役時代はその圧倒的な強さで知られていた。
目次[非表示]

スティーブンスピルバーグの映画は→ディープインパクト(映画)

2006年 天皇賞(春)
こんな馬が存在していいのか?
敗北など考えられない闘いに、人はどこまでも夢を見た。
”奇跡に最も近い馬”
ディープインパクト
競馬は時々、競馬を超える。
全世代の頂点へ
2013年 JRA 天皇賞(春)CMより

概要

2004年から2006年にかけて活躍した競走馬(05世代)。
13戦12勝という圧倒的な戦績を誇り、英雄の異名とともに、競馬に興味のない人にもその名を広く知られた。
日本近代競馬の結晶」と称され、シンボリルドルフと並んで、日本競馬史上最強候補として名が挙がる。
その圧倒的な才能と実力から、日本の競馬のレベルを底上げしたとも言われるほどの名馬であり、海外でも高く評価された。
一方で、生まれる以前から馬主たちから嘱望されていたルドルフとは対照的に、必ずしも幼少期からその素質が高く評価されていた訳ではない。自身の成長に伴い徐々にその頭角を表していくタイプの馬であった。

誕生

2002年(平成14年)3月25日、北海道勇払郡早来町(現在の安平町)のノーザンファームで誕生。父はサンデーサイレンス。母はウインドインハーヘア

2004年~2005年(2歳~3歳)

2004年12月に阪神競馬場でデビューし、初勝利を果たす。

次の若駒ステークスでは、後方からレースを進めていたが、直線でごぼう抜きを披露し、最終的にリードを広げて勝利した。
続いて弥生賞では、アドマイヤジャパンに半馬身差で勝つと言う、ギリギリな勝ち方もあった。
…と一見すると物足りない内容に思えるが、実は最後の直線では鞭を全く使っていない。
つまり全力で走っているわけではないため実際のところは完勝と言える内容であったりする。

牡馬クラシックである皐月賞では、スタート時に躓き鞍上の武豊が落馬しそうになったものの難なく優勝。
武は「いやもうパーフェクトですよ。走るというより飛んでる感じなんでね」とその脚を讃えている。
続いて東京優駿日本ダービー)、菊花賞の前哨戦である神戸新聞杯も難なく勝利し、三冠最後の菊花賞を制するため、淀のターフへ。
ちなみに菊花賞の単勝オッズは1.0倍(100円元返し)となってしまうほどの人気だった。

菊花賞のレース展開として、1周目の直線に行く際、ディープは頭が良いのか「もうすぐゴール」と勘違いして、するすると前に進出した(3000メートルのため、一旦ゴール板を通り過ぎて1周しないといけない)。だが鞍上の武豊が上手くなだめて、なんとか馬群の中に入れることによって抑えることが出来た。最終的に多少のスタミナ浪費をものともせずに、2番手のアドマイヤジャパンにリード3馬身の差を空け三冠馬の称号を見事に手に入れた。
この時の馬場鉄志アナの実況「世界のホースマンよ見てくれ!これが日本近代競馬の結晶だ!」は2006年FNSアナウンス大賞を受賞、後にディープインパクトという馬を語るのに欠かせない言葉となった。

続いて有馬記念では最早観客のほとんどがディープインパクトを見に来ているような状況で、普段競馬場になど来ないライト層まで押し寄せていた。しかしここで先行するハーツクライを最終直線で捉えきれず2着となり、初黒星となってしまう。それまでG1は2着止まりだったハーツクライとしては大金星であったが、予想外の大番狂わせに会場は異様などよめきに包まれた。
これがディープインパクトの国内唯一の敗戦だった。

2006年(4歳)

初戦は阪神大賞典で1着を取り、続いて天皇賞・春では、残り800メートルあたりからのロングスパートを仕掛けつつも数馬身離してレコード優勝。
96年のマヤノトップガンの記録を1秒更新する快挙を成し遂げた。

宝塚記念も見事に勝利を飾り、凱旋門賞に出走するもレイルリンクが勝ち、
ディープインパクトは3着に入線するが、禁止薬物を使用したことにより失格。

帰国してからは、ジャパンカップを優勝。なおこのレースにはハーツクライも出走していた。ハーツクライは前年の大金星の後、ドバイシーマクラシックで1着、イギリスのキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスで接戦の末3着と好成績を納めていたが、このジャパンカップでは喉鳴りを発症しており、10着と大敗。その後引退することになった。

引退レースとなる有馬記念も昨年の雪辱を果たすかのように2着ポップロックに3馬身の差をつける圧倒的なレース展開を行い見事に勝利、有終の美を飾った。


2007年2019年

競走馬登録を抹消し、種牡馬として第二の馬生をスタート。
2010年に産駒がデビュー、初勝利を果たし、
初年度産駒としてマルセリーナ2011年桜花賞)、リアルインパクト(2011年・安田記念)、ジョワドヴィーヴル(2011年・阪神ジュベナイルフィリーズ)のGⅠ馬を輩出し、2012年・第79回東京優駿でディープブリランテがダービー・父子制覇。
そして、2012年10月14日・秋華賞ジェンティルドンナが史上4頭目の牝馬三冠を達成。
シンザンシンボリルドルフ等も実現しなかった、史上初の父・三冠馬の産駒による三冠馬輩出の快挙を成し遂げ(2020年にはコントレイルにより自身以来の無敗の牡馬三冠馬の輩出も達成)、後にジャパンカップを勝ち、3歳牝馬として史上初の年度代表馬に選出
父・トウショウボーイ&仔・ミスターシービー、父・シンボリルドルフ&仔・トウカイテイオー以来史上3組目の父子選出され、
更に、2012年のJRAリーディングサイヤーに輝いた。
順調に種牡馬として活躍していたが、2019年の3月に入って首に痛みが出たため、以降の種付けを中止。
翌年の種付けシーズンに備えて休養していたが、7月30日に頚椎骨折のため回復の見込みが立たず、安楽死処分となった。

JRAは8月3、4日の新潟・小倉・札幌の第11レースを『ディープインパクト追悼競走』の副題を付けて開催。
また同年のジャパンカップにはディープインパクトメモリアルという副題が付けられた。なお、このレースの結果は2〜4着がディープインパクト産駒で、1着はハーツクライ産駒のスワーヴリチャードという、血筋の因果を感じさせるものだった。

さらにJRAは現役時代だけでなく、種牡馬としても大きな功績を残した同馬を称えるため、2020年から、自身も出走した報知杯弥生賞を、報知杯弥生賞ディープインパクト記念に改称すると発表した。サラブレットの馬名を冠したレースが作られるのはシンザン記念以来53年ぶり、競走自体が廃止されたアラブ系の馬名を冠したレース(セイユウ記念とシュンエイ記念、JRA競走としては1995年に廃止。ただしセイユウ記念は地方競馬に移されて2004年まで実施された)を含めても46年ぶりである。

戦績

2歳新馬  1着
若駒ステークス  1着
弥生賞    1着
皐月賞(G1)   1着
東京優駿(G1)  1着
神戸新聞杯(G2)  1着
菊花賞(G1)  1着
有馬記念(G1)  2着
阪神大賞典(G2)  1着
天皇賞・春(G1  1着
宝塚記念(G1)  1着
凱旋門賞(G1)   3着入線⇒失格
ジャパンカップ(G1)1着
有馬記念(G1) 1着
----
戦績 中央13戦12勝 (連対率100%)
   海外1戦0勝

重賞を勝った代表産駒

GⅠ勝ち馬


重賞勝ち馬


体格・性格など。

最も有名な逸話として、牡馬の中では人並み外れて小さい馬で、調教師が最初に見た時は牝かと思い股間を覗いたと言うエピソードがある。ちなみにこれはディープインパクトが有名になるまでの間に度々起こった事であり、この馬体の小ささは現役を通してディープインパクトの特徴の一つであった。実際、出走したGⅠレースでは、多くの場合が出走馬中の最低体重を記録している。
また、その体躯の小さい印象から、現役時代の初期は他馬に比べて揉まれ弱いとも言われていた。この評価は後に逆転して、大型馬よりも故障のリスクが小さいと言うメリットとして評価される事になる。
ただ、どちらにせよ最強の競走馬と言うイメージとは裏腹に、幼少期は虚弱で、他馬より小さく非力と言われており、厩務員や調教師など、ディープインパクトと直接触れ合った人たちは、後述する性格も含めて、口を揃えて彼のことを可愛い馬だったと評している。

性格は、普段は人懐っこくて大人しく、厩舎では「お坊ちゃまくん」のニックネームで呼ばれていたと言う。このエピソードに代表されるように、気さくで優しく、また頭が良い馬だったと言われている。
また、体の小ささとは裏腹に食欲自体はかなりある方だったが、人間の様に水、飼料、青草を三角食べしていたと言うエピソードがあり、普段の行動は大人しく気品さがあるタイプだったという。

総合的なイメージで言うと、上品で優しく、穏やかな性格の可愛い馬だった様である。

その一方で、こと、勝負という事柄に関しては真逆の性質のエピソードが多い
とにかく一旦コースに入ると負けん気が強く、デビュー前の頃は、集団のリーダーではなかったものの、集団の先頭に立って走ろうとし、薄い蹄を擦り減らして血だらけになりながらも走るのをやめなかったというエピソードが残る。また3歳時はほかの馬が前を走っていると調教でも追い抜こうとして抑えるのに苦労したという調教師の話も。
とにかく走る事が好きな馬であり、後に主戦騎手となる武豊は「走ろうとする気持ちが強すぎるので、乗る立場からすれば難しい馬」「この馬が本気で行きだしたら止めるのは容易じゃない」と語っている。

シンボリルドルフとの対比

よく比較に出されるシンボリルドルフとは、かなり対比となる特徴が多い。
上記で言われるように、レース外では穏やかで、「お坊ちゃまくん」とまで呼ばれていたディープとは違い、ルドルフは逆に気性が荒く「ライオン」とまで呼ばれていたと言う。
その一方で、ルドルフは人前に出る時は堂々としており、決して暴れる姿を見せず、気ままに振る舞っても良い場所を弁えていたと言う。
レースに関する姿勢に関しても同様で、「ソツのないレース巧者」と言う評価通り、常に安定した走りを見せるルドルフに対して、「その強さは並ぶ間もない圧倒的なもの」と言われるディープは、馬では無い他の生き物の様だと言われる様に、レース中は他の馬や騎手すらも尻込みさせる強さを見せる一方、負けん気の強さから主に精神面に欠点を見出す者も多い。
言わば、ディープインパクトは動的・爆発力・剛の者と言う特徴があったのに対して、シンボリルドルフは静的・技術力・知恵者と言った特徴があった様である。

逸話

上記のように数多くの逸話が残るが、特に印象的なものはディープインパクトの出るレースでは、それ以外の皆は2着を狙っていたと言うものだろう。
とにかくディープインパクトの現役時代の騎手にとっては、まさしく競争相手として絶望を植え付けるに相応しいという馬であり、中には「幾らなんでも付けいる隙はあるだろう」と思い挑んだ騎手が、レース後に「今後あの馬を相手に戦わなければいけないのか」と絶望したとも言われており、記録にもある通り、その圧倒的な速さは、まさに名前通りに競馬界に深い衝撃を与えた存在であった。

関連タグ

競走馬 競馬
キングカメハメハ 平成後期を代表する名馬。馬主が同じく金子真人氏で、ほぼ同時期に死亡。享年18歳。

関連記事

親記事

三冠馬 さんかんば

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ディープインパクト」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ディープインパクト」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 421265

コメント