ピクシブ百科事典

グルヴェイグ

ぐるゔぇいぐ

北欧神話に登場するヴァン戦争の引き金とされる女神。

概要

北欧神話に登場するヴァン神族の一員と思われる女神であり、神話における最初の戦争“ヴァン戦争”の引き金となった不死身の悪名高き魔女

グッルヴェイグとも表記され、その名は“黄金の力”を意味しており、一説にはですら堕落させる黄金を擬人化した存在とされる。

性的快楽を伴う「セイズ」という術の使い手(つまりそういうことである)で、神々が“アースガルズ”の建国中に2人の女神とともにやって来るとアース神族の神々と共に暮らすようになり、真面目なアース神族の女神たちに「セイズ」の術の手解きをし、彼女たちを堕落させた(一説にはヘイズと名乗り、家々を回って悪しき女性たちにこの術を施したともされる)。

その行為に怒り、問題視したアース神族の男神たちは彼女を捕らえてオーディンの館の広間において体を槍で貫ぬき火炙りの刑に処するが、不死身の彼女は何度も蘇り、決して死ぬことが無かったという

また、一説には三度目でようやく肉体を滅ぼして処刑できたが、心臓だけ焼け残り、その焼け残った心臓をロキが食らったともされており、一部ではこの事が原因でロキはグルヴェイグの術に嵌り、彼女の言いなりになったのではないかともいわれているらしい。

その後、グルヴェイグが処刑された事を知ったヴァン神族(あるいは彼女が教えた魔術によって侮辱されたと感じたアース神族)は怒り狂い、急速に互いの仲は悪化して行き、遂に“ヴァン戦争”が勃発する事となったとされている。

関連タグ

ヴァン神族 女神 北欧神話

関連記事

親記事

ヴァン神族 ゔぁんしんぞく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グルヴェイグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 111

コメント