ピクシブ百科事典

目次[非表示]

1等星になる

深く屈みこめば
うんと高く跳んで
より遠くへと
達することができる

いまはここにいる
けれど次の瞬間には
誰よりも遠く駆けて
あそこまで行こう
そして輝こう
誰より明るく輝こう

≪「名馬の肖像」2018年桜花賞≫

概要

2011年4月24日生まれ。
父はディープインパクト。母はベガの娘ヒストリックスターで、
馬名は「琴座の一等星(ベガ)」を意味し、祖母からの連想となっている。

経歴

2013年(2歳)

新馬戦

2013年7月14日に川田将雅を鞍上に据えてデビュー。デビュー戦ながら1番人気に推され、その期待に応え勝利した。


新潟2歳ステークス

2戦目となる新潟2歳ステークスでも1番人気に推された。
前走同様に後方から様子を窺い、最後の直線に入ると一気に他馬を抜き去り1着でゴール。見事重賞初勝利を達成した。
なお、2着は2014年皐月賞優勝馬のイスラボニータだった。


阪神ジュベナイルフィリーズ

12月8日に開催された年末の3歳女王決定戦・阪神ジュベナイルフィリーズでも1番人気に推された。
しかし、惜しくもレッドリヴェールの前にわずかハナ差で屈し、2着となった。
鞍上の川田は「ハープスターに対して申し訳ない気持ちです」と語った。
youtube:F-0-15BUGKs]

2014年(3歳)

チューリップ賞

年が明けた2014年、牝馬三冠を目指すべく、桜花賞トライアルのチューリップ賞に出走した。
ここでも他馬に力の差を見せつけ圧勝。桜花賞に駒を進めた。


桜花賞

4月13日に迎えた桜花賞では大外18番枠の1番人気となった。
レースはスタートから第4コーナーまで最後方に就けていた。
そして、最後の直線に入ると驚異の末脚を見せ付け、他の17頭を一気にごぼう抜きする。
阪神JFで自らを破ったレッドリヴェールに見事リベンジしてみせ、G1初勝利を達成した。
なお、ディープインパクト産駒の桜花賞の勝利はこれで4年連続となった。


優駿牝馬(オークス)

牝馬三冠を目指し、5月25日のオークスに出走する。
5枠10番で圧倒的1番人気で迎えられたが、距離がこれまでにない2400mや東京競馬場では初出走という不安要素があった。
レースは得意の後方から攻めるパターンで直線の末脚で差す形で攻めたが、ヌーヴォレコルトにクビ差で及ばず2着。
結果的に牝馬三冠は潰え、勝ったヌーヴォレコルトにはチューリップ賞と桜花賞のリベンジをまとめてされた形になった。
レース後には、蹄鉄が外れかけていたことが判明。これも敗因のひとつになった。


札幌記念

8月24日、凱旋門賞へのステップとして、札幌記念(G2)に出走する。
このレースで相手になるのは、宝塚記念を連覇し同じく凱旋門賞に挑むゴールドシップ
前年に続いて札幌記念の連覇を狙うトウケイヘイロー、復権を狙うホエールキャプチャだった。

レースはトウケイヘイローが主導権を握る中、ハープスターとゴールドシップは得意の後方からの攻めを展開する。
残り600mから最後尾につけていたハープスターとゴールドシップがギアを上げてくると、場内は大興奮。
最後の直線に入ったハープスターは、ゴールドシップの猛追をかわし見事1着でゴールイン。
凱旋門賞に挑む2頭が3着以下を6馬身以上突き放す圧倒的なレース展開で、秋の大舞台に弾みをつけた。


凱旋門賞

現地時間10月5日。フランス・ロンシャン競馬場にて行われる世界最高峰のレース、凱旋門賞ジャスタウェイ・ゴールドシップとともに出馬する。
得意の後方から攻めるパターンで臨んだが、最後の直線での追い上げが伸びず、結果は20頭中の6着に終わった。(3頭の中では最高位。)


ジャパンカップ

陣営は、帰国後最初のレースをジャパンカップに定める。
このレースには、2012年から2年連続で優勝しているジェンティルドンナ・一緒に凱旋門賞を走ったジャスタウェイ・2014年度ダービー馬のワンアンドオンリー・2014年度皐月賞馬で新潟2歳ステークスでも戦ったイスラボニータ・天皇賞を勝った実績を持つフェノーメノ・勝ったレースはすべて東京競馬場という府中の鬼ことスピルバーグ・2013年の菊花賞馬のエピファネイアなど、非常に豪華な顔ぶれが揃った。

レースは第2コーナーまで中団後方から様子を窺う得意のパターンで攻め、直線で大外から抜き去るつもりだったが、馬群から抜け出したエピファネイアには遠く及ばず、結果は5着に終わった。
有馬記念は回避し、ハープスターの2014年は終わった。


2015年(4歳)

京都記念

古馬としての初戦は京都記念。2013年のダービー馬キズナとの対決に注目が集まり、単勝1.8倍の1番人気に推されたが、ラブリーデイの5着に敗れた。

ドバイシーマクラシック

陣営は再び海外への戦いを発表。ドバイシーマクラシックへ出走した。
川田の代理でライアン・ムーアが騎乗するが、9頭立ての8着に敗れた。

その後、疲労が抜け切れてないことから春シーズンは全休し馬体検査をしたが、種子骨靭帯炎を発症していたことが判明し、協議の結果引退が発表された。通算成績は11戦5勝だった。

引退後

引退後は繁殖牝馬となり、初年度の交配相手にはキングカメハメハが選ばれた。
しかし、不受胎が多く、無事生まれた仔も成績が振るっておらず、繁殖牝馬としては苦戦している。

戦績

競走日競走名(グレード)競馬場距離着順
2013年7月14日2歳新馬中京芝1400m1着
8月25日新潟2歳S(G3)新潟芝1600m1着
12月8日阪神JF(G1)阪神芝1600m2着
2014年3月8日チューリップ賞(G3)阪神芝1600m1着
4月13日桜花賞(G1)阪神芝1600m1着
5月25日オークス(G1)東京芝2400m2着
8月24日札幌記念(G2)札幌芝2000m1着
10月5日凱旋門賞ロンシャン芝2000m6着
11月30日ジャパンカップ(G1)東京芝2400m5着
2015年2月15日京都記念(G3)京都芝2200m5着
3月28日ドバイシーマクラシック(G1)メイダン芝2410m8着


関連イラスト

ハープスター


擬人化されたイラストも見られる。

関連タグ

競馬 競走馬 牝馬 ディープインパクト(父)

関連記事

親記事

14世代 じゅうよんせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ハープスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115207

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました