ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

日本中央競馬会JRA栗東トレーニングセンター所属の騎手
鶴留明雄厩舎栗東)所属でデビューし、2001年よりフリー。
父は元騎手で調教師池添兼雄、弟は調教師の池添学
史上最年少の三冠ジョッキー(2011年に32歳3か月で達成)であり、その他にも史上6人目の5大クラシック完全制覇、史上29人目のJRA通算1万回騎乗を達成。
2020年には通算1200勝を達成した。
月亭八光に似ていると言われるが、本人は堂本剛似と主張している。

略歴

デビュー前
1979年7月23日滋賀県栗東市に誕生。身内が競馬関係者ばかりな事もあり、小学校時代から騎手を目標とする。武豊のファンであった。

1995年、JRAの競馬学校千葉県)に入学。成績優秀で、卒業時にはアイルランド大使特別賞が与えられた。

1998年
3月1日、阪神競馬場ナチュラルカラーに騎乗しデビュー。
3月14日、中京競馬場タヤスソシアルに騎乗し初勝利を飾る。
7月26日、トウショウオリオン北九州記念を勝ち、初の重賞制覇。
※この年は38勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を受賞する。

2001年
7月13日、武豊の落馬負傷により、フランスのドーヴィル競馬場へ観戦に来ていた池添にHATHAARIへの騎乗依頼があり、第4レースで海外初騎乗。

2002年
4月7日、アローキャリーに騎乗し桜花賞で勝利。GⅠレース初勝利。

2003年
9月14日、デュランダルの主戦騎手となりセントウルステークスで勝利。
10月5日、デュランダルに騎乗しスプリンターズステークスで勝利。
11月23日、デュランダルに騎乗しマイルチャンピオンシップで勝利。

2004年
3月6日、スイープトウショウの主戦騎手となりチューリップ賞で勝利。
10月17日、スイープトウショウに騎乗し秋華賞で勝利。
11月21日、デュランダルに騎乗しマイルチャンピオンシップで勝利。

2005年
6月26日、スイープトウショウに騎乗し宝塚記念で勝利。
11月13日、スイープトウショウに騎乗しエリザベス女王杯で勝利。

2007年
7月8日、トールポピーの主戦騎手となり阪神競馬場の2歳新馬で2着。
12月2日、トールポピーに騎乗し阪神ジュベナイルフィリーズで勝利。

2008年
5月25日、トールポピーに騎乗し優駿牝馬オークス)で勝利。斜行により開催2日間の騎乗停止処分。
6月8日、ドリームジャーニーの主戦騎手となり安田記念で10着。

2009年
6月28日、ドリームジャーニーに騎乗し宝塚記念で勝利。
11月14日、エイシンアポロンに騎乗し京王杯2歳ステークスで勝利。
12月27日、ドリームジャーニーに騎乗し有馬記念で勝利。春秋グランプリ制覇を成し遂げる。

2010年
5月15日、カレンチャンの主戦騎手となり葵ステークスで2着。
7月8日、オルフェーヴルの主戦騎手となり新潟競馬場の2歳新馬で勝利。

2011年
4月24日、オルフェーヴルに騎乗し皐月賞で勝利。
5月29日、オルフェーヴルに騎乗し東京優駿日本ダービー)で勝利。
10月2日、カレンチャンに騎乗しスプリンターズステークスで勝利。
10月23日、オルフェーヴルに騎乗し菊花賞で勝利し、牡馬クラシック三冠を達成。
11月20日、エイシンアポロンに騎乗しマイルチャンピオンシップで勝利。
12月25日、オルフェーヴルに騎乗し有馬記念で勝利。
※この年はGⅠレース年間6勝を挙げる。

2012年
1月6日、ドバイに遠征。ストリートアクトに騎乗しメイダンマスターズ第2戦で勝利。海外初勝利となる。
3月25日、カレンチャンに騎乗し高松宮記念で勝利。
6月24日、オルフェーヴルに騎乗し宝塚記念で勝利。

2013年
12月22日、オルフェーヴルに騎乗し有馬記念で勝利。

2015年
9月27日、ショウナンパンドラに騎乗しオールカマーで勝利。
9月27日、ショウナンパンドラに騎乗しジャパンカップで勝利。
10月10日、シンハライトの主戦騎手となり京都競馬場の2歳新馬で勝利。

2016年
5月22日、シンハライトに騎乗し優駿牝馬で勝利。
8月6日、アスコット競馬場イングランド)のシャーガーカップに招待され、世界選抜チームの一員として初出場。個人成績第3位。

2017年
4月9日、レーヌミノルに騎乗し桜花賞で勝利。
11月19日、ブラストワンピースの主戦騎手となり東京競馬場の2歳新馬で勝利。

2018年
12月23日、ブラストワンピースに騎乗し有馬記念で勝利。有馬記念4勝目を挙げ、同レース最多勝利記録を更新する。

2019年
11月17日、インディチャンプに騎乗しマイルチャンピオンシップで勝利。マイルチャンピオンシップ4勝目を挙げ、同レース最多勝利記録を更新する。

2020年
6月7日、グランアレグリアに騎乗し安田記念で勝利。
11月15日、バイオスパークに騎乗し福島記念で勝利。JRA全10場重賞制覇を達成。

2021年
3月21日、弟・池添学が管理するヴィクティファルスの主戦騎手となりスプリングステークスで勝利。

人物

レース

グランプリレースとなる宝塚記念と有馬記念にめっぽう強く、宝塚記念は通算3勝、有馬記念では通算4勝しており、うち有馬記念では最多勝利記録を保持している(宝塚記念最多勝利記録は、武豊の4勝)。
このことから「平成のグランプリ男」と呼ばれることも。

代打騎乗で結果を出すことも多く、騎乗停止となった福永祐一の代打でインディチャンプに騎乗しマイルチャンピオンシップで勝利。
グランアレグリアの主戦騎手であるクリストフ・ルメールアーモンドアイの先約があったことで高松宮記念に続き手綱を取ることになった安田記念では、レース前に調教師の藤沢和雄から「アーモンドアイに勝つ気がないのなら乗せない」と活を入れられ、更にレース中前を走る馬が蹴り上げた芝の塊が顔面に直撃するハプニングがありながらも制している。ちなみにこの時の2着こそアーモンドアイであり、プロボクサーよろしく右目が腫れ上がった状態で臨んだインタビューの最中中、アイシングを差し入れしたのもルメールであった。あのアーモンドアイを破ったということでかなりグランアレグリアには思い入れがあるようで、グランアレグリアの引退式では「秋以降クリストフが他の馬に乗ってくれないかなと思ってました」とまで言うほど。

癖馬マイスター池添

デュランダルやスイープトウショウで実績を上げたせいか、ドリームジャーニー、オルフェーヴルやメイケイエールなど、気性難の馬ばかり預けられるようになった。
池添の騎乗歴がある馬たちをまとめて気性難の集まるところ「チーム池添と呼ばれることもある。

  • スイープトウショウは吹雪の中調教を拒否して30分ほど動かなくなり、池添にも雪が降り積もった
  • 引退後のドリームジャーニーに会いに行ったが、他の馬と違って命の危険があるという理由で会う事が出来なかった。
  • オルフェーヴルは新馬戦と3冠達成時の菊花賞で池添を振り落とし、「暴君」という二つ名がついた。
  • メイケイエールはそれまで折り合いがうまく行かず惨敗続きだったが、池添が主戦となるとスプリンターズSで4着、続くシルクロードステークスでは1着。
  • ブラストワンピースには、有馬記念の口取り式で前足で蹴りを入れられそうになっている。
素直に言う事を聞いてくれたカレンチャンが癒しとのこと。

武豊大好き

武豊の大ファンであることでも有名で、ネットケイバで配信中の自身の冠番組「謙聞録」でも度々その思いが炸裂している。



関連イラスト

ありがとうスイープ
三冠馬・オルフェーヴル号



関連タグ

JRA 競馬 騎手

関連記事

親記事

騎手 きしゅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「池添謙一」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「池添謙一」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1376811

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました