ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

優駿牝馬

ゆうしゅんひんば

JRA(日本中央競馬会)の東京競馬場芝コースで開催される、3歳牝馬限定のGⅠ競走。副称の「オークス」でも知られる。
目次 [非表示]

基本データ

開催競馬場東京競馬場
距離2,400m
グレードGⅠ
フルゲート18頭
馬齢サラブレッド系3歳牝馬(JRA地方競馬・外国厩舎所属)
負担重量馬齢(定量55kg)

概要

毎年5月(慣例として東京優駿(日本ダービー)の前週)に東京競馬場2,400mコースで開催される、3歳牝馬限定のGⅠ競走。

八大競走の一つとしても扱われ、桜花賞秋華賞(1996年以降)と共に3歳クラシック牝馬三冠を構成する(1995年以前はビクトリアカップ(1970年~1975年)とその後身のエリザベス女王杯(1976年~現在も開催)が組み込まれていた)。


1938年(昭和13年)、英国オークスステークスを模範として「阪神優駿牝馬」の名称で創設され、その名の通り当初は旧阪神競馬場(鳴尾競馬場)での芝2,700m戦として設定。

開催時期も創設当初は秋季開催(10月~11月)であったが、1952年より春季に変更し以降毎年5月に開催されるようになった。

1940年に芝2,450m、1943年に芝2,400mに変更され、第二次世界大戦後の1946年に東京競馬場での開催と「優駿牝馬」の名称となる。

公式副称の「オークス」は1965年に追加設定されたもので、元々の意味が樹木の「」である事から優勝馬は「樫の女王」とも呼ばれる。


一冠目の桜花賞が1,600mのマイル戦なのに対し、優駿牝馬は2,400mの中長距離戦であるため、両レースに出走する場合は約1ヶ月で800m分の距離延長となり、この距離に泣いた馬も多いといわれる。

また、マイルではあまり活躍できない中距離適性を持っている馬がここで才能を開花し、GⅠ初制覇を果たしたケースも少なくない。


過去の優勝馬

馬の太字は最優秀3歳牝馬(2000年までは最優秀4歳牝馬)受賞馬、また勝利騎手の太字はJRA騎手・調教師顕彰者

☆は牝馬三冠達成。またクリフジのみ変則三冠。

★は二冠達成(「桜」は桜花賞、「菊」は菊花賞、「VC」はビクトリアカップ、「エ」はエリザベス女王杯、「秋」は秋華賞との二冠を表す。「皐」は皐月賞、「ダ」は日本ダービーとの変則二冠。)

年度馬名   騎手  備考
昭和時代
第1回1938年アステリモア保田隆芳記念すべき第1回の勝ち馬、阪神(鳴尾)競馬場芝2700mで施行。
第2回1939年ホシホマレ佐々木猛この年より芝2450mで施行。1着入線はヒサヨシだが、レース後に興奮剤を使用していたことで失格、2着ホシホマレが繰り上げ優勝となる。この事件はヒサヨシ鞍上の武田文吾が猛抗議し競馬会に大きな波紋を起こした。
第3回1940年ルーネラ近藤貞男
第4回1941年テツバンザイ稲葉幸夫鞍上の稲葉は優駿牝馬では唯一の騎手兼調教師で勝利を挙げた。
第5回1942年ロツクステーツ玉谷敬治阪神(鳴尾)競馬場最後のオークス馬。
第6回1943年クリフジ☆(ダ、菊)前田長吉この年より芝2400mで施行。制覇時はダービーとの二冠。その後菊花賞を制し唯一の変則三冠となる。また、この年に鳴尾競馬場が閉鎖されたため京都競馬場で施行され、京都競馬場唯一のオークスでもある。顕彰馬
第7回1946年ミツマサ新屋幸吉この年より東京競馬場で施行。
第8回1947年トキツカゼ★(皐)佐藤嘉秋皐月賞との変則二冠。繁殖入り後もダービー馬オートキツ、天皇賞(春)・有馬記念馬オンワードゼアを産む。オークス史上最大着差である大差勝ちで勝利をしている。同日に行われた菊花賞ではブラウニーが勝利。同日に二冠牝馬が誕生する唯一の例となった。顕彰馬
第9回1948年ヤシマヒメ佐藤嘉秋鞍上の佐藤は初の騎手としての連覇。
第10回1949年キングナイト高橋英夫
第11回1950年コマミノル渡辺正人
第12回1951年キヨフジ阿部正太郎史上初の地方競馬出身馬による中央競馬クラシック優勝。
春季施行に変更
第13回1952年スウヰイスー★(桜)八木沢勝美この年より春季施行。初の桜花賞との二冠馬で、古馬になってからも安田賞連覇を果たす。女優・高峰三枝子の所有馬で知られる。
第14回1953年ジツホマレ杉村一馬
最優秀3歳牝馬設置
第15回1954年ヤマイチ★(桜)八木沢勝美第6回優勝のクリフジ産駒で初の母子オークス制覇。また馬主はトキノミノルを所有した永田雅一
第16回1955年ヒロイチ岩下密政
第17回1956年フエアマンナ佐藤嘉秋
第18回1957年ミスオンワード★(桜)栗田勝初の無敗での牝馬二冠馬。
第19回1958年ミスマルサ八木沢勝美
第20回1959年オーカン清田十一
第21回1960年スターロツチ高松三太同年の有馬記念を4歳(現3歳)牝馬として史上唯一の優勝を挙げる。
第22回1961年チトセホープ伊藤修司
第23回1962年オーハヤブサ藤本勝彦
第24回1963年アイテイオー伊藤竹男
第25回1964年カネケヤキ★(桜)野平祐二三冠目の菊花賞はシンザンとの対決となったが敗れている。
第26回1965年ベロナ加賀武見鞍上の加賀は桜花賞をハツユキで制し、初の違う馬での牝馬二冠ジョッキーとなった。
第27回1966年ヒロヨシ古山良司
第28回1967年ヤマピット保田隆芳保田は代打騎乗で優勝。
第29回1968年ルピナス中野渡清一
第30回1969年シャダイターキン森安重勝馬主社台ファーム初のクラシック優勝。
第31回1970年ジュピック森安重勝鞍上の森安は2人目の騎手連覇。
第32回1971年カネヒムロ岡部幸雄岡部初の八大競走優勝。産駒が有馬記念優勝馬カネミノブ
第33回1972年タケフブキ嶋田功タケホープの半姉。二冠馬アチーブスターは未出走。
第34回1973年ナスノチグサ嶋田功嶋田は3人目のオークス連覇。二冠牝馬ニットウチドリを破る。
第35回1974年トウコウエルザ★(VC)嶋田功鞍上・嶋田は史上唯一のオークス三連覇、秋にビクトリアカップを勝ち二冠牝馬となる。
第36回1975年テスコガビー★(桜)菅原泰夫優駿牝馬後に故障。
第37回1976年テイタニヤ★(桜)嶋田功アローエクスプレスの代表産駒。
第38回1977年リニアクイン松田幸春二冠牝馬インターグロリアを破る。
第39回1978年ファイブホープ横山富雄
第40回1979年アグネスレディー河内洋河内初の八大競走優勝。
第41回1980年ケイキロク岡部幸雄二冠牝馬ハギノトップレディを破る。
第42回1981年テンモン嶋田功優駿牝馬後に放牧先で台風に被災し重傷、引退を余儀なくされる。また、鞍上嶋田も史上最多の5勝目を挙げた。
第43回1982年シャダイアイバー加藤和宏
第44回1983年ダイナカール岡部幸雄5頭接戦で勝利。繁殖入り後にエアグルーヴを産む。
第45回1984年トウカイローマン岡冨俊一この後長い低迷があるが、1987年、7歳時に京都大賞典を制し新人の武豊に重賞初制覇をもたらす。
第46回1985年ノアノハコブネ音無秀孝単勝6270円の低人気勝利。同年末の阪神大賞典予後不良となった。
第47回1986年メジロラモーヌ河内洋初の牝馬三冠馬。顕彰馬
第48回1987年マックスビューティ★(桜)田原成貴エリザベス女王杯ではタレンティドガールに敗れて牝馬三冠ならず。
第49回1988年コスモドリーム熊沢重文鞍上の熊沢の初重賞制覇かつ、オークス史上最年少制覇。フジテレビで実況した堺正幸アナウンサーが優勝馬を間違え、進退伺を提出したレースでもある。昭和最後のオークス。
平成時代
第50回1989年ライトカラー田島良保桜花賞馬シャダイカグラを破る。管理する清田十一はオークスを騎手・調教師として制覇を果たす。
第51回1990年エイシンサニー岸滋彦
第52回1991年イソノルーブル松永幹夫
第53回1992年アドラーブル村本善之ノーザンテースト産駒最後の平地GⅠ勝利。
第54回1993年ベガ武豊武豊初のオークス制覇。エリザベス女王杯はホクトベガに敗れて三冠ならず。
第55回1994年チョウカイキャロル小島貞博同期のヒシアマゾンは外国産馬の出走資格締め出しにより出走せず。
第56回1995年ダンスパートナー武豊三冠目は菊花賞に挑戦した。
第57回1996年エアグルーヴ武豊第44回優勝のダイナカール産駒で、二例目のオークス母子制覇。武豊は4人目のオークス連覇。
第58回1997年メジロドーベル★(秋)吉田豊秋に秋華賞を制して二冠牝馬となり、古馬でもエリザベス女王杯連覇も果たす。
第59回1998年エリモエクセル的場均二冠牝馬ファレノプシスを破る。
第60回1999年ウメノファイバー蛯名正義
第61回2000年シルクプリマドンナ藤田伸二
第62回2001年レディパステルケント・デザーモ二冠牝馬テイエムオーシャンを破る。また鞍上のデザーモは子息の治療のために来日・珍しい春から夏期の短期免許で騎乗した。
第63回2002年スマイルトゥモロー吉田豊
第64回2003年スティルインラブ幸英明同年牝馬三冠馬。
第65回2004年ダイワエルシエーロ福永祐一2着スイープトウショウ。福永祐一の好騎乗と呼ばれる。
第66回2005年シーザリオ福永祐一福永は史上5人目の連覇、かつ1965年の加賀武見以来となる別々の牝馬で二冠を制した。
第67回2006年カワカミプリンセス★(秋)本田優スイートピーステークス優勝馬から初のオークス制覇。秋に秋華賞も制して二冠牝馬となる。
第68回2007年ローブデコルテ福永祐一二冠牝馬ダイワスカーレットは熱発で出走回避。また史上唯一の外国産馬によるクラシック制覇となる。
第69回2008年トールポピー池添謙一
第70回2009年ブエナビスタ★(桜)安藤勝己三冠目の秋華賞はレッドディザイアに敗れて三冠ならなかったが、古馬で天皇賞(秋)ジャパンカップを制している。
第71回2010年
史上初、旧八大競走で同着の決着。アパパネは秋華賞を制して三冠牝馬となり、またサンテミリオン鞍上の横山典弘は1978年優勝の横山富雄と親子二代でオークス制覇。
第72回2011年エリンコート後藤浩輝
第73回2012年ジェンティルドンナ川田将雅主戦の岩田康誠が騎乗停止を受けたため、川田が代打騎乗で優勝。牝馬三冠のほかジャパンカップ連覇・有馬記念を制した。顕彰馬
第74回2013年メイショウマンボ★(秋)武幸四郎桜花賞10着からの巻き返しで、秋に秋華賞・エリザベス女王杯を優勝。
第75回2014年ヌーヴォレコルト岩田康誠
第76回2015年ミッキークイーン★(秋)浜中俊桜花賞は抽選漏れで出走できず。秋に秋華賞を優勝。
第77回2016年シンハライト池添謙一
第78回2017年ソウルスターリングクリストフ・ルメール
第79回2018年アーモンドアイクリストフ・ルメール牝馬三冠のほか、ジャパンカップ2勝、天皇賞(秋)、有馬記念、ヴィクトリアマイルドバイターフを優勝。平成最後のオークス馬。鞍上のルメールは6人目の騎手連覇。顕彰馬
令和時代
第80回2019年ラヴズオンリーユーミルコ・デムーロ令和初のオークス馬。古馬になってからはアメリカGⅠブリーダーズカップのひとつ・BCフィリー&メアターフを日本馬として初めて優勝した。
第81回2020年デアリングタクト松山弘平のちに史上初の無敗の牝馬三冠を達成。
第82回2021年ユーバーレーベンミルコ・デムーロ桜花賞馬ソダシを破る。また生産したマイネルの岡田繁幸生涯最後のGⅠ馬となった。
第83回2022年スターズオンアース★(桜)クリストフ・ルメール秋華賞はスタニングローズに敗れて三冠ならず。またオークスでは放馬によりGⅠではもっとも遅い時間に発走し、物議を醸した。
第84回2023年リバティアイランド川田将雅後に秋華賞を勝利し牝馬三冠を達成。2着ハーパーとの着差6馬身グレード制導入後のオークス最大着差記録。グレード制以前ではトキツカゼクリフジヒロヨシテスコガビーミツマサルーネラら6頭に次ぐ着差。ヤマイチと同着差。これによりドゥラメンテ産駒は2年連続オークス制覇となり、管理する中内田充正調教師はこれが中距離GⅠ初制覇となった。


関連項目

競馬 JRA 東京競馬場

重賞 GⅠ

オークス 三冠牝馬


3歳クラシック牝馬三冠レース

桜花賞 優駿牝馬 秋華賞

3歳クラシック三冠レース

皐月賞 東京優駿(日本ダービー) 菊花賞


牝馬限定G1

阪神ジュベナイルフィリーズ

ヴィクトリアマイル

エリザベス女王杯

関連記事

親記事

八大競走 はちだいきょうそう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63131

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました