ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

※本馬をモチーフとした『ウマ娘プリティーダービー』に登場するキャラクター(メイン画像右)については、メジロドーベル(ウマ娘)参照。


名馬の肖像

いつまでも熱く


ほんの一瞬だけ

煌々と輝いたり

のびのび悠揚と

波間を漂ったり。


それぞれがそれぞれの

生き方を目指すなかで

わたしも志す。


熾(おこ)し火のように

いつまでも熱く

燃え続けることを。


≪2018年阪神ジュベナイルフィリーズ


経歴

(※以下の馬齢表記は旧表記)


1994年5月6日生まれ。

メジロライアン、母メジロビューティー。名前の由来はメジロ牧場の冠名「メジロ」+ドーベルマン

通算21戦10勝。

生産はメジロ牧場

大久保洋吉厩舎所属。


1996年デビュー。

阪神3歳牝馬ステークス新潟3歳ステークスで負けたシーキングザパールにリベンジして優勝、最優秀3歳牝馬受賞。

1997年桜花賞で負けたキョウエイマーチオークス秋華賞でリベンジし優勝、2冠牝馬となり最優秀4歳牝馬受賞。

1998年、3戦全敗だった1歳年上世代のエアグルーヴエリザベス女王杯でリベンジし優勝、牝馬初のGⅠ4勝、最優秀古馬牝馬受賞。

1999年、1歳年下世代のファレノプシスエリモエクセルをアッサリ退けエリザベス女王杯連覇、牝馬初のGI5勝、最優秀古馬牝馬受賞。


同世代ライバルのキョウエイマーチ・シーキングザパールと合わせ、牝馬3強と呼ばれた。

牡馬相手にGIは勝てなかったが、牝馬史上初のGI5勝、史上2頭目の4年連続GI制覇、史上初の4年連続JRA賞受賞と幾多のライバルに勝ちながら数々の記録を達成。

競走馬を引退するまで吉田豊騎手が全戦騎乗した、代表的騎乗馬でもある。


繁殖入り後の子供たちは勝ちに恵まれなかったが、孫のショウナンラグーンが青葉賞に勝ち日本ダービー菊花賞に出走している。産駒の牡馬の中からメジロダイボサツとピンシェルが種牡馬入りしている。

2016年に繁殖からも引退。

繁殖引退後は、2011年に廃業したメジロ牧場から設備と繁養馬を引き継いだレイクヴィラファームでリードホース(離乳した1歳馬を見守る大人の馬)として引き続き繋養されている。

牧場スタッフやファンからは姐さんと呼ばれている模様。


97世代の中央GI勝ち馬としては最後の存命馬となった。


関連項目

競走馬 JRA サラブレッド 97世代

関連記事

親記事

97世代 きゅうななせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4919158

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました