ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

当競走馬をモチーフとした『ウマ娘プリティーダービー』のキャラクターについては、メジロライアン(ウマ娘)を参照。


競走馬メジロライアン号

本当の強さは、誰も知らない。


皐月賞3着、ダービー2着、菊花賞3着……。

4歳クラシックは、いつもあと一歩のところで勝利に届かなかった。

しかし、ゴール前必ず追い込んでくる豪脚に、ファンの期待はさらに膨らみ続けた。


そして迎えた5歳の春、宝塚記念で強敵メジロマックイーンを倒し、

ファンの熱い声援に応えるとともに念願のGⅠタイトルを手中にする。

それは大器晩成を実証する第一章に過ぎないはずであったが、しかし、慢性の脚部不安のため、

メジロライアンはそれ以降ついに完成された真の実力をみせることなくターフを去る。


そして、底知れぬ強さを予見させた未完の大器として、

記録よりも記憶に残るヒーローとなった。


プロフィール

生年月日1987年4月11日
死没2016年3月17日
英字表記Mejiro Ryan
性別
毛色鹿毛
アンバーシャダイ
メジロチエイサー
母の父メジロサンマン
5代内のインブリードLady Angela5×4(父内)/Bull Lea5×5(父内)/Nearco5×5/Hyperion5×5×5
競走成績19戦7勝
管理調教師奥平真治
生産・馬主メジロ牧場

概要

名前の由来は冠名のメジロとメジャーリーガーのノーラン・ライアンから。

1989年デビュー、8戦目で弥生賞を制覇しクラシックの有力馬に浮上。

しかし皐月賞はハクタイセイの3着・日本ダービーはアイネスフウジンの2着・菊花賞はメジロマックイーンの3着といずれも勝てず、有馬記念もオグリキャップの2着・春の天皇賞でも4着とシルバーコレクター・ブロンズコレクターに成り掛けていたが、宝塚記念において鞍上の一皮剥けた騎乗ぶりでメジロマックイーンを破り遂にGⅠ初制覇。


種牡馬になった当初は「内国産の2代目は大成しない」という通説や不景気などによりシンジケートを組んでもなかなか埋まらなかった。しかしメジロドーベルメジロブライトなどを輩出し、1990年代前半までの父内国産種牡馬で殆ど唯一と言ってもいい大活躍を見せた。


2016年3月、老衰のため29歳で永眠。晩年はメジロ牧場で功労馬として繋養された他、メジロ牧場の閉鎖後も設備を引き継いだレイクヴィラファームで繋養されていた。

遺骨は横山騎手の資金提供によってレイクヴィラファーム内に建立された墓に納められている。


その後、強大なライバルを破り悲願のGI初制覇というドラマはメイショウドトウに引き継がれ、いつもは追い込むあの馬があっと驚く先行策で悲願のGI初制覇というドラマはハーツクライに引き継がれていった。


余談

  • メジロ牧場の同期のメジロマックイーンとは1勝3敗だった。
  • ホクトベガと共に横山典弘騎手に多大な影響を与えた馬の1頭。メジロライアンを任される事となった横山はあまりにも良い馬だったため「3つ(三冠)全部行ける」と発言したが、フラグになってしまった。
  • 横山は若手人気騎手ながら問題児としても知られていたが、自身の騎乗ミスなどもありメジロライアンの実力を十分発揮させる事が出来なかったことを悔い、素行を改めた。
  • 2007年・2008年・2010年の3度、函館競馬場に来場しキャンターを披露した。
  • 競馬評論家の大川慶次郎氏はメジロライアンを特に気に入っており、父・アンバーシャダイが有していなかった立派な体格を持つライアンを「アンバーシャダイの理想型」と見ていた。更に闘病中気分が落ち込んでいたところをライアンが弥生賞に勝った光景を見たことで落ち込みから回復したというエピソードが残る。また、産駒のメジロブライト、メジロドーベルも応援していた(大川氏の記事も参照のこと)。
  • 好物は大根

関連タグ

90世代 競走馬 JRA

関連記事

親記事

90世代 きゅうぜろせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1077613

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました