ピクシブ百科事典

メジロライアン(ウマ娘)

うまむすめのめじろらいあん

メディアミックスプロジェクト『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクター「ウマ娘」の一人。モチーフは、1990年代前半に若き日の横山典弘騎手とのコンビで活躍し、競馬の神様こと大川慶次郎氏も太鼓判を押すほどの実力を誇った競走馬『メジロライアン』号。
目次[非表示]

「悩んだときは大胸筋!一緒にバルクアップです!」

プロフィール


<
キャッチコピー気分は爽快スポーティ! 輝く汗も純粋に
誕生日4月11日
身長163cm
体重微増(筋トレ効果)
靴のサイズ左右ともに24.5cm
スリーサイズB87・W57・H86
得意なこと筋トレ
苦手なことコレステロール
耳のこと少女漫画を読んでいる時はくるくるよく動く
尻尾のこと汗をよく掻くので尻尾用タオルを常備してる
家族のこと父はとても若々しく、よく兄妹に間違われる
ヒミツ①汗拭きシート選びにたくさん時間をかけている / ②服は必ず試着してから買う
自己紹介メジロライアンって言います!体を鍛えて元気よく!筋肉育てて健やかに!張り切って行きましょう!
CV土師亜文

筋トレ大好きなスポーティー娘。名門メジロの生まれながら、名家ぶったところはなく、その性格は爽やかそのものである。
幼なじみのメジロマックイーンに引け目を感じており、本当は彼女のように速く可愛くありたいと願っている。
体は強いがハートは少し繊細。
公式ポータルサイトより)

(リニューアル前)
さわやかで明るい、ベリーショートな髪型がトレードマークのウマ娘。
レースで負けた悔しさをそのまま次へのモチベーションに転換できる健全な精神の持ち主。
実は髪を伸ばしたり、女の子っぽい恰好をしてみたいという願望がある。

ソロ曲

もっともっと! 単純にそう思っただけで
希望ディスカバリー
作詞:真崎エリカ 作曲:オオヤギヒロオ

概要

メジロライアン(修正しました)


呼吸のように筋トレをする爽やかで快活なウマ娘。
周囲や世間からもスポーティーな面はよく知られているらしく、勝負服イベントではスポーツドリンクのCMを学園側からオファーされるという割と凄い抜擢も受けている。
早朝の走り込みで顔見知りになった人々から応援されるなど、ファンとの距離感は近い。

いい加減にして〜〜〜ッ!!!


鍛錬に明け暮れる傍ら、かわいい服に憧れたり少女漫画に胸をときめかせたりと感性は乙女チックな所が見られる。
恋愛観に関しては自分でも幼女だと思っているが、自分なりにお洒落を頑張ろうとコスメショップにドーベルを誘ったりする場面を見るに、いざという時は結構思い切りのいいタイプである。

行くぞ!マック!ライアン!ドーベル!


マックイーンやドーベルとは幼馴染み。
野球が好きで、二人とはよく観戦に行っていたらしい。
名門メジロ家を背負って立つ覚悟で気高さと強さを兼ね備えるマックイーンに対して尊敬の念を抱くと同時に引け目も感じており、当初は鍛え上げた身体にメンタルが追いついていない状態だった。

アイネスフウジン×メジロライアン


寮で同室のアイネスフウジンとは親友で、彼女の買い出しにしばしば付き合っている。

ライアン オグリ


先輩であるオグリに強い憧れを抱いており、ライアンの育成ストーリーにおいても要所要所で彼女と顔を会わせる機会がある。
オグリもライアンとはそれなりに仲が良いらしく、畑へ種蒔きするライアンをトレーナーと共に手伝うイベントも見られる。

何気にゲームセンターnamcoとのコラボではちゃっかりマックイーンらを差し置いて最初に限定書き下ろしデザインが公開されたりと(一応後にマックイーンらのデザインも公開)、要所要所で出番はちょくちょくある。

アニメ版

Season1

第7話、第10話で天皇賞に出走。第13話の有馬記念では5着。
メジロブライト(ウマ娘)に該当する役割で登場していると思われる(なお、ブライトは2021年11月19日にビジュアルが公開され、ゲームでは同日に育成で追加されたメジロドーベルの育成ストーリーに登場した)。

ウマ娘イラストまとめ【5R】


サイレンススズカのリハビリ、復帰戦の場面ではナイスネイチャウイニングチケットと登場。
第10話ではメジロマックイーン、メジロドーベルと一緒に食事する場面が描かれた。
また、CVの土師女史は、特技のフランス語を活かして、第9話のモブの女性、第12話のブロワイエのトレーナーなども兼任している。

Season2

ドーベルと並びあまり出番はなかったものの(ツインターボがバテて、マックイーンがダイサンゲンに敗れた、史実では1991年に相当する有馬記念では白塗りのモブ扱いだった)、Blu-ray2巻特典の『ウマ話~メジロパーマー編~』ではメジロ家繋がりでちょこちょこ登場しており、マックイーンと並んでパーマーにはその実力を含めて尊敬されていることが明かされている。

ゲーム版

メジロライアン


「だから私はここへ……"勝ち"に来たんだ」
☆1の育成ウマ娘とSRサポートとして初期から登場。

イベントストーリーには第11弾『羽ばたきのRun-up!』にて登場、学園のトライアスロン大会にブライト、スペシャルウィーク、マチカネタンホイザの面々と共に参加することに。ちなみに、コンビ名は「チームマッスル」だった(他の連中のネーミングも大概アレではあったが)。
劇中ではチームのリーダー格として、バクシンオーやドトウと対決する。

なお、4月1日から開催されたスマートファルコン「みんなでトップウマドルプロジェクト」のイベントページには初日でファル子と共に登場、どうやら自分を鍛えるついでに彼女のトレーニングを手伝っていた様子。

なお、Twitterでの宣伝映像では明らかに腹筋や腕立ての速度がファル子より速い姿も見せている。流石はライアン。なお、2日目以降には担当がカレンチャンとなっていた。

センシティブな作品


なお、私服は割と性格に反してかなり大人びた雰囲気の衣装になっており、腕にはリング、首にはネックレスと意外に小物類も凝っている。見方によってはあまり鍛えた筋肉を服で主張しないというボーイッシュなライアンとは相反するファッションにも見える。

メジロライアン プールサイドで


しかし、SSRサポートカードのイラストでは打って変わってライアンらしく動きやすさを重視した薄着となっており、一部のファンには普段着ている私服はメジロ家のおばあ様辺りに買って貰ったものなのではとも推測されている。一応この説に従うならば、サポートカードの服装がライアン本来のセンスということになる。

なお、ゲーム版のストーリーモードでは第1章や最終章前編とメジロ家繋がりで結構出番が多く、最終章では同じチーム出身のブライトを勝利に導くために時に厳しく、時に優しく彼女を支えた。

追う背中


自身のストーリー本編ではクラシックではライバルのアイネスとの対決や偉大な先人であるオグリキャップ、そして憧れの存在でもあるマックイーンとの激戦を通して具体的な目標をあまり持たなかったスポーツ少女が少しずつ成長していく様が描かれる。

育成ウマ娘

  • ☆1[ストレート・ライン]メジロライアン

固有スキル

  • 燃えろ筋肉!(☆1~☆2)
レース終盤のコーナーで前の位置につこうとして加速力が少し上がる。
  • レッツ・アナボリック!(☆3~)
レース終盤のコーナーで前の位置につこうとして加速力が上がる。

  • 厳密な発動条件はレース終盤のコーナーで現在順位が下位30%付近(18人だと大体12~14位)。新潟レース場の外回りだと発動が出来ない(終盤が直線オンリーの為)。

初期から実装されている一人ではあるが、育成難易度は上位と言ってもいい。
中距離適性の高さに対して、育成目標ではクラシック三冠・春シニア三冠路線・有馬連覇路線の関係で長距離レースを4回も走らされるため、継承ウマ娘から長距離因子を引っ張ってこないと苦戦は免れない。序盤のオープン戦で走るマイルレースに関してはステータスで押し切れてしまうため、あまり心配しなくてもいいだろう。

作戦は先行・差しに適性があり、固有スキルも差し型なので「差し」を意識して育てるのがセオリー。
固有の発動条件が厳しい為、最終コーナーから一気に仕掛ける追い込み気味な差しと言える。
ベテラントレーナーは是非とも彼女の育成に挑戦してみてほしい。

ちなみに覚醒MAXになると大化けするキャラであり、固有で加速し(勝負服解放してるとなおよし)、覚醒MAXで習得可能になる「昇り龍」で増速する為、固有とのシナジーが圧倒的に強い。
チーム競技場などで覚醒MAXのライアンが居たときは厳重警戒するべきだろう。

固有二つ名

麗しき実力者
メジロの冠名がつくウマ娘にGⅠで1回以上勝利し、菊花賞、宝塚記念、有馬記念で勝利して、ファン数が240000人以上になる。

  • シニア級の宝塚記念で目標一位でマックイーンが必ず出るのでこの二つはクリアできる。有馬記念も同様に目標で一位があるが、菊花賞ではマックイーンが必ず出るのでここで勝利するのが難関。

特殊実況

シニア級の宝塚記念で優勝する。
※ただしクラシック級の有馬記念で優勝してると二大グランプリ制覇の実況が優先されて聞けなくなる。

サポートカード

  • SR[鍛えて、応えて!]メジロライアン

リリース初期からサポートカードガチャにて入手可能なSRサポート。タイプはパワー。

  • SSR[爽快!ウイニングショット!]メジロライアン
2021/7/12にメジロアルダン(SRサポート)、フジキセキ(☆3育成ウマ娘)と共に実装されたSSRサポート。タイプは根性。

  • SR[鼓動が速まるクールダウン]メジロライアン
リリース1周年となる2022/02/24に実装されたSRサポート。タイプはスタミナ。

競走馬「メジロライアン

「本当の強さは、誰も知らない。」
※「ヒーロー列伝」より

1987年(昭和62年)生まれの牡馬(90世代)。父はアンバーシャダイ、母はメジロチェイサー。母の母シエリルはメジロマックイーンの父の母でもある。
主戦騎手は後に「天才」とも称された名手・横山典弘。横山騎手は当時デビュー4年目の若手で、優れた騎乗技術を高く評価された一方、素行不良の問題児でもあった。

1990年(平成2年)、横山騎手を鞍上に弥生賞を勝ってクラシック戦線の有力馬と目されるが、皐月賞では2番人気の3着。日本ダービーでは1番人気に推されるが、アイネスフウジンの2着。秋は京都新聞杯を1番人気に応えて優勝、菊花賞は1番人気でレースに臨むが「メジロはメジロでもマックイーンの方だ!」。ライアンは3着だった。有馬記念オグリキャップの2着。

1991年(平成3年)の中山記念ユキノサンライズの逃げ切りを許して2着。天皇賞・春ではメジロマックイーンが初の「親子3代天皇賞制覇」を成し遂げた傍らでライアンは4着。この結果の前にメジロ牧場側からは横山騎手を主戦から降ろす声も出始め、横山騎手も「勝ちきれないのは自分が悪い」と騎乗ミスを認めていたが、周囲の説得により引き続き鞍上を務めることになる。
そして、宝塚記念は先行して早めに先頭へ出たままで押し切り、メジロマックイーンに1馬身半差を付けて優勝。マックイーンとは3度目の対戦で初めて先着し、念願のG1タイトルを手にした。この後、屈腱炎を発症し休養し、有馬記念で復帰するが12着に終わる。

年明けの1992年(平成4年)、AJC杯は1番人気で6着。日経賞では1番人気で1着。
しかしまたもや屈腱炎が再発してしまい、復帰を目指すものの最終的には引退を決断。1993年(平成5年)から種牡馬となる。

初年度産駒からメジロブライト、メジロドーベル、エアガッツを輩出。
種牡馬成績ではメジロマックイーンを上回っているが、メジロブライトが早逝してしまったため、後継種牡馬を残せなかったことが惜しまれる。
2007年に種牡馬を引退した後はメジロ牧場で功労馬として繋養され、メジロ牧場閉鎖後はその設備を引き継いだレイクヴィラファームで引き続き余生を送っていたが、2016年3月27日、老衰のため27歳で死去した。

横山騎手は先述したようにライアンの現役当時は問題児であり、「ライアンが一番強い」と言い続けていたが、自身の騎乗ミスもあってライアンの敗戦が続いたことで、自身を見つめ直すきっかけになったという。
ライアンが現役を引退した後に受けたインタビューでは、「今日の僕があるのはライアンがいたからです。(中略)クラシックを勝てなかったのは、僕が未熟だったからライアンが勝たせなかった」、「もし僕が簡単に三冠を取ったりしていたら、もう成長の止まったどうしようもない騎手で終わっていたでしょう。(中略)多くの人に支えられて勝てた。一人で頑張っても、だめだということがよくわかった。それを分からせてくれたのもライアンなんです」と語っている。
ライアンが2016年に死去した際は納骨式に参列した他、自ら資金提供を行いレイクヴィラファーム内にライアンの墓を建立している。

たてがみの根元に夏癬(寄生虫病の一種)を発症したことがあり、それ以来たてがみを短く刈り込んでいた(通称「ライアンカット」)。ウマ娘のメジロライアンのビジュアルはこれが元である。
またウマ娘における勝負服が野球のユニフォーム風なのは、名前の由来がアメリカのプロ野球選手ノーラン・ライアンだからである。

平成2年の有馬記念、フジテレビの実況ではゴール前大川和彦アナが「オグリキャップ!」しか言わないので、解説席の大川慶次郎は後ろから伸びてきた「ライアン!」にも触れるべきと思って声を上げた。このエピソードは後に明石家さんまが面白おかしく話したことで広まり、「大川慶次郎と言えばメジロライアン」のイメージが定着した。
ゲームアプリ版におけるメジロライアンの育成ストーリーでは、大川氏のトレードマークであった「ベレー帽」を被った紳士が登場する一幕がある。

関連イラスト

レッツ アナボリック !
メジロライアンと宝塚記念
91年 宝塚記念
なかなか試着室から出てこなかったメジロライアン


メジロライアン
メジロライアン(修正しました)
メジロライアン
メジロライアンちゃん


メジロライアン様
メジロライアン
ウマ娘_メジロライアン(りゃいあん)
センシティブな作品


ウマ娘まとめ①
ウマ娘 髪を切りに行けなかったメジロライアン
メジロライアンちゃん
メジロマッスルライアン



関連タグ

アイネスフウジン(ウマ娘):ルームメイト、90世代同期のウマ娘同志でもある。

メジロ家


主戦が横山典弘騎手繋がり
セイウンスカイ(ウマ娘) サクラローレル(ウマ娘)
ゼンノロブロイ(ウマ娘) カワカミプリンセス(ウマ娘) ゴールドシップ(ウマ娘)

史実の勝ち鞍繋がり
※マックイーン、パーマー、ゴルシを除く。
〇:有馬記念も制覇。
タマモクロス(ウマ娘) イナリワン(ウマ娘)〇 ビワハヤヒデ(ウマ娘)
マヤノトップガン(ウマ娘)〇 マーベラスサンデー(ウマ娘) サイレンススズカ(ウマ娘)
グラスワンダー(ウマ娘)〇 テイエムオペラオー(ウマ娘)〇 メイショウドトウ(ウマ娘)
スイープトウショウ(ウマ娘) ナカヤマフェスタ(ウマ娘)
  • その他制覇した重賞レース繋がり
※モデル馬がクラシック3冠レース未勝利または出走していない場合は◎。
ウイニングチケット(ウマ娘)スペシャルウィーク(ウマ娘)弥生賞京都新聞杯両方制覇
シンボリルドルフ(ウマ娘):弥生賞・日経賞両方制覇
ミスターシービー(ウマ娘)サクラチヨノオー(ウマ娘)フジキセキ(ウマ娘)◎、ナリタトップロード(ウマ娘)アグネスタキオン(ウマ娘):弥生賞のみ
ヤエノムテキ(ウマ娘)ナイスネイチャ(ウマ娘)◎、ミホノブルボン(ウマ娘)マチカネフクキタル(ウマ娘)アドマイヤベガ(ウマ娘):京都新聞杯のみ
ライスシャワー(ウマ娘):日経賞のみ(その他にもスカイ、ドトウも同レースを制覇)

その他関連ウマ娘
イクノディクタス(ウマ娘)ダイタクヘリオス(ウマ娘):その他90世代同期のウマ娘繋がり
オグリキャップ(ウマ娘):モデル馬が90年度有馬記念で対戦している。
サクラバクシンオー(ウマ娘):母サクラハゴロモはアンバーシャダイの全妹で、人間で言えばメジロライアンとは従兄弟。

関連記事

親記事

ウマ娘 うまむすめ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「メジロライアン(ウマ娘)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「メジロライアン(ウマ娘)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13525708

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました