ピクシブ百科事典

グラスワンダー(ウマ娘)

うまむすめのぐらすわんだー

『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するウマ娘の一人。
目次[非表示]

『我が物と思えば軽し笠の雪』。どんなハードなトレーニングも私自身のためですから。

プロフィール

誕生日2月18日
身長152cm
体重増減なし
スリーサイズB77・W53・H84

CV:前田玲奈

アメリカ生まれの帰国子女。しかし流暢な日本語と温和な物腰で、中身は完璧な大和撫子。
何事にも落ち着きはらった態度でいて、ほんわかとした独特のペースで話す。
公式ポータルサイトumamusume.jpより


99年、宝塚記念。
標的はただ一人、同期のダービーウマ娘だった。
今行くか。いや、まだか。いや、今か。
一瞬の判断で未来を変えた、未知なる栗毛。そのウマ娘の名は…
2012年JRA宝塚記念CMより


ソロ曲

グラスワンダー
グラスワンダー


この先はどんな色に満ちるでしょう?
Secret GRADUATION
作詞:真崎エリカ 作曲・編曲:渡邉俊彦 歌:前田玲奈

アニメ

アメリカ生まれの帰国子女。トレセン学園最強チーム<リギル>所属のジュニアチャンピオン。クラスはスペシャルウィークエルコンドルパサーらと同じC組。
しかし流暢な日本語と温和な物腰なので、あまり闘争心がないように思われがちだが、レースで驚くような走りを見せる。
クラスメイト達の良き相談相手であり、しっかりと相手の意見を聞き、やさしく諭すように意見を言う。
そのあまりに的確な発言から「実は腹黒いのでは?」という疑惑も(?)
アニメ公式サイトanime-umamusume.jpより

グラスワンダー号の主戦騎手のマーク戦法を意識したのか、落ち着いた雰囲気だが腹黒いというか、やや執着心の強い(二次創作ではここを誇張したヤンデレ化も多い)性格になっている。怪我でクラシックを全休していることから、アニメシーズン1では当初レースシーンが描かれなかったが、第7話より本格復帰、初めてレースシーンが描かれた。

第8話(宝塚記念)は実質グラスワンダーのメイン回。
スペシャルウィークとの初対戦となる宝塚記念に向けて、一層力を入れてトレーニングに励むグラスワンダーをよそに、当のスペシャルウィークは故障からの復帰を目指すサイレンススズカのリハビリに付きっきりで、レースに全く集中できていなかった。

今日の相手は…私ですよ
精神一到何事か成らざらん


迎えたレース当日。同期との戦いを前にかつてない闘気を纏って挑むグラスワンダーは、ゲートが開くやスペシャルウィークの背後につける。前年のレースでサイレンススズカが勝利したことに思いを馳せながら走るスペシャルウィークだったが、それを打ち消すほどの気迫が背後から迫っていた。4コーナーで引き離しにかかるもグラスワンダーの徹底的なマークを振り切れず、直線であっという間に抜き去られたスペシャルウィークは3バ身差の2着に甘んじる。終始レースへの集中を欠いていたスペシャルウィークに、グラスワンダーは問いかける。

「 私はスペちゃんだからこそ全力でした。
        スペちゃんは、私に全力で来てくれましたか? 」

目標を見失っていたことに気付かされたスペシャルウィークは、日本一のウマ娘になる夢のために復活を誓うのだった。

ちなみにこのレース以降、二人の関係がギクシャクし始めた――ということは無く、サイドストーリーでは一緒にスイーツバイキングに行っていることが明かされた。

13話の有馬記念では史実通りスペシャルウィークとの大接戦の末に勝利、思わず感涙する姿が描かれている。ウィンタードリームトロフィーにも出場。

シーズン2では端々に登場する程度だったが、8話でメジロマックイーンを追跡するライスシャワーにシンパシーを感じていた。
ついでに、史実を反映してか食事量もスペちゃんに負けず劣らずの量となっていた。
どうやら史実同様に燃え尽き症候群になった模様と思われる。

ゲーム


固有スキル

精神一到(勝負服解放前)
最終直線で後ろの方から追い抜くと末脚を使って速度が少し上がる。
精神一到何事か成らざらん(勝負服解放後)
最終直線で後ろの方から追い抜くと末脚を使って速度が上がる。

  • 厳密な発動条件は、最終直線で五位以下から追い抜いて順位を上げる。

固有二つ名

不死鳥
やる気「好調」以下で朝日杯FS、有馬記念(クラシック級)、宝塚記念(シニア級)、有馬記念(シニア級)を勝利する。

  • 勝利する事よりやる気を三連続出走やわざとトレーニングで失敗してやる気を下げて対応する必要がある為、難しいというより面倒。
育成ストーリーにおいては、「マルゼンスキーの再来」と称されたことをきっかけに、彼女を超えることに目標にするという展開で話が進むが、マルゼンスキーを意識しすぎるあまり、他のウマ娘が眼中になくなる…というアニメ版での誰かさんのような描写がなされている。
……のだが、その克服の仕方が「芯が強い」というには余りにも漢らしすぎたり、優雅な言葉の節々から凄まじいほどの負けず嫌いの本質を覗かせたり、あるイベントでは優雅な物腰でありつつも周りに迷惑をかける不作法者に「とっとと失せろ(要約)」と言い放ったりとユーザーに強烈なインパクトを与えたためか、ツイッターでは「グラスワンダー」で「武士」とサジェストしてくる有様となっている。
なお上にある紹介動画内ではこのハジケリストになぞらえて、「立てば撫子、中身は武士、走る姿は不退転」とコメントされている。納得。
コケリウムを育てているらしく、ホーム画面では花がついたことを嬉しそうに教えてくれる。

新衣装グラスちゃん


イベント幻想世界ウマネストでは諸事情でファンタジー世界に入ってしまい、治癒士(ヒーラー)として召喚された姿が実装された。
同イベントではゲーム知識がほぼゼロのエルコンドルパサーとは対照的にファンタジー世界の解説どころかゲームのお約束や攻略法まで披露する程に詳しく、意外とゲーマーなのではという疑惑も出ている。
こちらの固有スキルは中盤で追い抜かれた時に発動するものに変更されており、実戦では同イベントの魔王相手に発動する場面も多い。

ヒーラーなのにザ○キ唱えてきそうなグラス


そこ、バーサークヒーラーとか言わない。

ステータスとしてはスピードとパワーに優れる一方でスタミナと根性が不足気味。能力上昇もスピードとパワーが上がりやすい。距離適性はマイルと長距離、脚質適性は先行と差しに向いている。

グラスワンダー
グラスワンダー


固有スキルは最終直線で後ろの方から追い抜くと速度が少し上がるというもの。演出で薙刀を振るうという凛々しい姿を見せる。
距離適性で中距離がBとなっているが、クリアしないといけないレースには中距離も多く含まれるため、因子継承でフォローする必要がある。
また、短距離適性が最低ランクのGであるため、目標レースではないが史実に沿ったレースを選んで走る場合、1400mの京王杯ジュニアS(当時の京成杯3歳S)と京王杯SCが鬼門となる。(史実では両方とも1着を取っているのだが…)なお、史実では当時1400mであったアイビーSは現在1800mに距離が変更されているので問題なく走れる。

余談

納豆などの和食も好みらしいのだが、エルコンドルパサーがそれにも遠慮なくホットソースをぶちまけていることに強く嫌悪感を示している。曰く「あんな文化を踏みにじる行為は許せない」とのこと。食べ方こそ人それぞれなのでなんとも言えないが、ゲームの一コマ漫画で自分の食事にまで飛ばされた件に関しては……。
ちなみに、妹の話題が出てくるがこれは実在している。名をワンダーアゲイン号といい、グラスワンダーの全妹(全く同じ父母から生まれた馬のこと)で、彼女もアメリカでG1二勝した名馬である。
なお、靴のサイズが左右で違い、右が0.5cm大きい。これは史実のG1勝ちがすべて右回りだったことに由来する。

デザイン

星をアクセントにしたロングヘアーの栗毛ウマ娘。勝負服はセーラータイプでカラーリングは半沢信彌氏の勝負服をモデルにしているが、右後ろ脚の小白を意識して靴が左右色違いになっている。

デザイン原案がブレザーのようだった時期もあるが、配色や意匠の多くは現デザインに引き継がれている。この時はスカートがグレーのチェック柄、タイツではなくニーハイソックスといった出で立ち。
ちなみにPixiv内でもこの初期原案姿のイラストが少数ながら投稿されている。

秘密の卒業
グラスワンダー



競走馬グラスワンダー

1995年生まれ、アメリカ・ケンタッキー州出身。
スペシャルウィークエルコンドルパサーセイウンスカイキングヘイローも同い年。
的場均騎手を鞍上に迎え、1997年9月の新馬戦でデビューすると、一気に朝日杯3歳ステークス(現・朝日杯フューチュリティステークス)まで4連勝。かつて2歳馬として最高評価を与えられたマルゼンスキーの「再来」と称えられたものの、翌1998年春に骨折、春季シーズンを棒に振る。

10月の毎日王冠で復帰するも、サイレンススズカの圧倒的な逃げに屈し5着、次戦のアルゼンチン共和国杯でも6着と、復帰直後は不振にあえいだが、12月の有馬記念で勝利。
1999年、安田記念こそ2着に敗れるも、アニメでも取り上げられた宝塚記念にて、的場均の徹底マーク戦法から恐ろしい脚を繰り出してスペシャルウィーク(鞍上・武豊)を完封。

1999年7月11日 阪神競馬場
※この年より宝塚記念専用ファンファーレの使用が開始された。

12月の有馬記念でも、同レースが引退レースとなるスペシャルウィークに引導を渡し、有馬2連覇を飾った。

1999年12月26日 中山競馬場 / 実況:堺正幸(フジテレビ)

ところが2000年に入ると、厩務員の交代や歴戦の疲労により調教が上手くいかず、立て続けに大敗。更には宝塚記念(このレースのみ蛯名正義が騎乗)で故障。これが原因となり引退、種牡馬入りした。

産駒は、初年度のマルカラスカルが、中山大障害(2006年)・中山グランドジャンプ(2008年)と、二大障害GI競走を制覇。平地でもスクリーンヒーロー(ジャパンカップ)、セイウンワンダー(朝日杯フューチュリティステークス)、アーネストリー(宝塚記念)の3頭がGⅠを勝利した。
母父としてはメイショウマンボが牝馬二冠を含むGⅠ3勝を挙げた。さらにスクリーンヒーロー産駒からモーリス(安田記念などGⅠ6勝)とゴールドアクター(有馬記念)の2頭のGⅠ馬が誕生した。
2020年4月、種牡馬を引退。NPO法人引退馬協会に引き取られ、北海道新冠郡新冠町にて余生を過ごしている。コロナ禍で移動直後は見学できない状態だったが、競馬番組「馬好王国」にて繫養のロケ企画が行われ、25歳でも元気な姿が放送された。寝ながらタンポポ(シロツメクサ)を食べている事もある。そしてこの馬を検索すると最良の結果として「豚」と履歴に出ることがある。余生を過ごしているうちに少し太ったようだ。

「時間も出来たことですしスペちゃんを誘って旅行でもしましょうか」



この馬については「非常に落ち着いた性格の持ち主であったが、日常的にも大人しい馬であり、競走前にも闘志を表に出さない馬であったが、茫洋として映るときの方が気合が乗っているのだともされた」(Wikipediaより)とあり、これがアニメ・ゲーム内の性格に反映されたのだろう。

※参考動画(お手入れ中のゴールドシップとグラスワンダー(とNHKマイルC勝ち馬ジョーカプチーノ))


関連イラスト

グラスワンダー
秘密
恥じらうグラスワンダー
グラスワンダー


グラスと💙
グラスワンダー 勝負服ver.
無題
グラスワンダー


岩穿つ青
センシティブな作品
Grass Wonder
グラスワンダー


グラスワンダー
グラスワンダーさん
グラスワンダー
グラスワンダー(ウマ娘)


グラスちゃん
岩穿つ青
グラスワンダー
稀代のワンダー



関連するウマ娘

同期のライバル。ウマ娘としては普通に仲が良いクラスメイトだが、
史実での対決において徹底的なマーク戦法で勝利したことからか
アニメなどでは少々距離が近すぎるような描写も見られる。

ルームメイトかつ同期のライバル。どちらも外国産馬でクラシック戦線に出られなかった繋がり。
基本的に仲は良いが、ラテン系な彼女が日本文化をブチ壊す行いをすると笑顔でマジギレする。

史実でグラスは「マルゼンスキーの再来」と期待された。
ゲーム版でも同様に評価され、彼女を目標としてトゥインクル・シリーズに挑むことになる。

靴のサイズが違う仲間(左右は逆)

上記3頭は全て的場均調教師繋がりで、彼が騎手時代に騎乗し、G1を制した競走馬でウマ娘化された馬は、グラスワンダーを含めて4頭。

関連記事

親記事

ウマ娘 うまむすめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グラスワンダー(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16284469

コメント