ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

プロフィール

誕生日2月18日
身長152cm
体重増減なし
スリーサイズB78・W53・H84
CV:前田玲奈

99年、宝塚記念。
標的はただ一人、同期のダービーウマ娘だった。
今行くか。いや、まだか。いや、今か。
一瞬の判断で未来を変えた、未知なる栗毛。そのウマ娘の名は…
2012年JRA宝塚記念CMより

アメリカ生まれの帰国子女。しかし流暢な日本語と温和な物腰で、中身は完璧な大和撫子。
何事にも落ち着きはらった態度でいて、ほんわかとした独特のペースで話す。
公式ポータルサイトumamusume.jpより


アニメ

アメリカ生まれの帰国子女。トレセン学園最強チーム<リギル>所属のジュニアチャンピオン。クラスはスペシャルウィークエルコンドルパサーらと同じC組。
しかし流暢な日本語と温和な物腰なので、あまり闘争心がないように思われがちだが、レースで驚くような走りを見せる。
クラスメイト達の良き相談相手であり、しっかりと相手の意見を聞き、やさしく諭すように意見を言う。
そのあまりに的確な発言から「実は腹黒いのでは?」という疑惑も(?)
アニメ公式サイトanime-umamusume.jpより

後述するモデルの主戦騎手のマーク戦法を意識したのか、落ち着いた雰囲気だが腹黒いというか、やや執着心の強い(二次創作ではここを誇張したヤンデレ化も多い)性格で、勝負に際して自分が眼中にないスペシャルウィークに対し闘志を燃やす。

デザイン

星をアクセントにしたロングヘアーの栗毛ウマ娘。勝負服はブレザータイプでカラーリングは半沢信彌氏の勝負服をモデルにしているが、右後ろ脚の小白を意識して靴が左右色違いになっている。

競走馬グラスワンダー

1995年生まれ、アメリカ・ケンタッキー州出身。
スペシャルウィークエルコンドルパサーセイウンスカイキングヘイローも同い年。

的場均騎手を鞍上に迎え、1997年9月の新馬戦でデビューすると、一気に朝日杯3歳ステークス(現・朝日杯フューチュリティステークス)まで4連勝。かつて2歳馬として最高評価を与えられたマルゼンスキーの再来と言われたものの、翌1998年春に骨折、春季シーズンを棒に振る。

10月の毎日王冠で復帰するも、サイレンススズカの圧倒的な逃げに屈し5着、次戦のアルゼンチン共和国杯でも6着と、復帰直後は不振にあえいだが、12月の有馬記念で勝利。
1999年、安田記念こそ2着に敗れるも、アニメでも取り上げられた宝塚記念にて、的場均の徹底マーク戦法から恐ろしい脚を繰り出してスペシャルウィーク(鞍上・武豊)を完封。12月の有馬記念でも、同レースが引退レースとなるスペシャルウィークに引導を渡し、同レース2連覇。

ところが2000年に入ると、体調不良による調教不足もあり調整失敗で、立て続けに大敗。更には宝塚記念(このレースのみ蛯名正義が騎乗)で故障。これが原因となり引退、種牡馬入りした。

産駒は、初年度のマルカラスカルが、中山大障害(2006年)・中山グランドジャンプ(2008年)と、二大障害GI競走を制覇。2005年産のアーネストリーが2011年の宝塚記念に勝利し、父子二代制覇を達成。
現在は、北海道新冠郡新冠町にて余生を過ごしている。

関連するウマ娘

関連記事

親記事

チームリギル ちーむりぎる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グラスワンダー(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 784101

コメント