ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

シーキングザパール(ウマ娘)

うまむすめのしーきんぐざぱーる

メディアミックスプロジェクト『ウマ娘プリティーダービー』に登場するウマ娘の一人。モチーフは、1990年代中頃から後半にかけて、主に短距離~マイル路線で活躍し、武豊騎手を鞍上に日本調教馬として初めて日本国外のGI制覇を成し遂げた名牝『シーキングザパール』号。
目次 [非表示]

「世界は可能性に満ちている!そう、真珠のような私みたいに!」

プロフィール

キャッチコピー挑めよ世界!不可能をパールにするお姉さん
誕生日4月16日
身長168cm
体重世界的に完璧
スリーサイズB91・W57・H87
靴のサイズ左右ともに24.5cm
学年高等部
所属寮栗東寮
得意なことパントマイム、プレゼン
苦手なことうがい
耳のこと様々な言語の意味を感覚で理解できる
尻尾のこと海外で披露できるよう尻尾習字を習得済み
家族のこと家族でお揃いのサングラスを持っている
ヒミツ①天気が悪いとちょっとだけ声が小さくなる / ②駅弁の中身を見ただけでどこのものか当てられる
自己紹介ほーっほっほっほ!シーキングザパールよ!知ってる?世界は可能性に満ちているの。私がそれを証明してみせるわ!
CV福原綾香

小さくまとまることを嫌い、世界ではどんなことも起きうると体当たりで示す、アクティブお姉さん。

海外を転々としながら育ったゆえ、自信と表現力の塊。笑いを振りまきながらも結果を出す才女である。

英語は話せないが、ボディランゲージで悠々カバーする。

公式ポータルサイトより)


(リニューアル前)

アメリカからの帰国子女バイリンガル

自分の美貌とナイスバディ、そしてウマ娘としての実力に、絶大な自信を持っている。

目標は海外進出。

「私は国内に留まる器じゃないの!」と意識の高い言動をしており、日々、自分磨きに余念がない。

概要

メディアミックス作品『ウマ娘プリティーダービー』に登場するウマ娘。実在の競走馬であるシーキングザパールをモチーフとする。


ゲーム版がリリースされた2021年2月時点では「うまよん」のみの登場でアニメやCDには一切登場しておらず、ゲーム内でも育成ウマ娘だけでなくサポートカードにも実装されず、エルコンドルパサーの育成やサポートカードのイベントが数少ない登場シーンだった。


当初はアメリカからの帰国子女でバイリンガルという設定で、「うまよん」ではビコーペガサスの英語の勉強を見てあげたりしていた。が、しかし…(後述)


エルコンドルパサーの育成ストーリーのイベントでエアグルーヴが先輩と呼んでいることから、サイレンススズカやタイキシャトル等同年代の競走馬がモチーフのウマ娘達と違い、年長であることが示唆されている。


GⅠイラストでは、2019年2020年のNHKマイルカップに登場(2020年はエルコンドルパサーと共演)。


なお彼女の名前の綴りは「Seeking The Pearl」で「真珠を探している」という意味となる。「Sea King The Pearl(海の王の真珠)」ではないので注意。


ゲーム版

前述した通り、一部ウマ娘の育成シナリオに登場。2021年5月17日更新分にてサポートカードが実装、2022年9月20日には育成ウマ娘として実装がされた。


設定のリニューアルでアメリカ出身ではあるものの、父親の仕事の関係で世界中を転々としていたことにより母国語であるはずの英語は話せないが力技で乗り切るという真逆の設定になった。ゲーム版のホーム画面でのタイキシャトルとの掛け合いでは、タイキの英語を出川イングリッシュレベルの適当な英語でやり過ごしている様子を見ることが出来る。

世界各国を回りながら育ってきたという特異な生い立ちから、その国々に根付いた食事に強い興味を示しており、日本においては特に駅弁に関心を持っている。


イベントでいきなり登場しては短い出番ながらプレイヤーの記憶に残るインパクトのある言動を残していったりしている。

他にもあるイベントでは「ディス地球」と言いながら、地球の模型らしきものを取り出すなど更にインパクトのある行動に出ている。


一見すると色物枠に見えがちだが、同室のカワカミプリンセスが誹謗中傷に晒されて落ち込んでいたりした時などには気に掛けてフォローしたり、関係者にもフォローを促すなど優しい性格が見て取れる。


育成ウマ娘

2022年9月に実装された☆3育成ウマ娘。

詳細は該当項目にて。


固有スキル

  • 『I'm possible』

残り200m地点で先頭ではないとき、先頭から4バ身以内だと速度を上げる。2バ身以内にいる場合はすごく上げる


サポートカード

  • SR[世界の真珠、その名は]シーキングザパール

2021/5/17よりサクラチヨノオー(SSRサポート)、ナリタブライアン(☆3育成ウマ娘)と共に実装されたSRサポート。タイプは根性。

イベント「言葉はノンノン♪ボディで語るの!」は体力回復、やる気アップ、ステータス上昇が選択肢で選べるため腐ることが全くない。これ故野良のサポカイベントで出てきてほしいサポカとして真っ先に挙げられることが多い。


  • SSR[そのエールは世界を変えた]シーキングザパール

ストーリーイベント「轟け、エール!トレセン学園応援団」の開催とともに実装されたSSRサポート。タイプはスピード。


競走馬『シーキングザパール

-----------------------------------

真珠のきらめき

誰も見たことない

輝きを探し出して

胸に飾ろう


たとえば海の底に眠る

人魚の涙

あるいは潮に流された

月のしずく


その光のかけらは

私の胸でこそ

明るくきらめくはずだ


-----------------------------------

※≪「名馬の肖像」2019年NHKマイルカップ≫


1994年アメリカで生まれた外国産馬

母の父はアメリカ三冠馬シアトルスルー

名前は「真珠を探している」という意味の「Seeking The Pearl」。父シーキングザゴールドからの連想とされている。


1996年にデビュー。デイリー杯3歳ステークス(現・デイリー杯2歳ステークス、当時GⅢ)を勝利するが、阪神3歳牝馬ステークス(現・阪神ジュベナイルフィリーズ)はメジロドーベルの4着に敗れた。


1997年当時外国産馬は桜花賞優駿牝馬(オークス)には出られなかったため、当時「マル外ダービー」と言われた第2回NHKマイルカップに出走し、武豊騎手を背に見事1着。


秋華賞のトライアルであるローズステークスでは桜花賞馬キョウエイマーチの3着に敗れた後は秋華賞に向けて調整されていたが、コンディション検査の際に気管の入口が皺によって塞がれる喉頭蓋エントラップメントの症状が発見されたため、秋華賞出走を断念。喉の手術が行われたのち休養に入った。


1998年の夏はフランスへ遠征し、武豊を背にフランスのG1モーリス・ド・ギース賞を優勝した。この勝利は日本調教馬による初の海外GⅠ制覇という偉業でもあった。


欧州の競馬メディアではこの大快挙が大きく取り上げられ、地元紙である「パリチュルフ」誌ではその走りをロケットランチャーと例えられ、イギリスの「レーシング・ポスト」誌でも「日本の牝馬、歴史を作る」と称賛された。

ちなみに翌週行われたフランスG1ジャック・ル・マロワ賞ではタイキシャトルが優勝。日本調教馬が揃って、しかも2週連続でのG1勝利はフランス中に衝撃を与え、「日本馬がノルマンディーに歴史的な上陸を果たした」と大々的に報じられたという。


1999年に引退し、アメリカ・ケンタッキー州で繁殖入り。繁殖牝馬としては、日本のGⅠで9回の2着を記録し、引退後は南米チリで種牡馬として活躍しているシーキングザダイヤを産んでいる。


その後2頭の仔を産んだが、2005年6月10日、放牧中に倒れている所が見つかり、死亡が確認された。

体に外傷や暴れた痕跡はなかったため死因は不明で、落雷による感電死ではないかと推測されている。

11歳という若さだった。


史実で対戦経験のあるウマ娘

※強調はシーキングサパールが先着したレース。◎は勝ち鞍、☆はそのレースでの勝ち馬。※はアニメオリジナルウマ娘。


94世代

ビコーペガサス…98年高松宮記念、98年安田記念


96世代

シンコウウインディ…99年安田記念


97世代(同期)

メジロドーベル…96年新潟3歳S、96年阪神3歳牝馬S


メジロブライト…96年デイリー杯3歳S


タイキシャトル…98年安田記念(☆)、98年マイルCS(☆)、98年スプリンターズS


98世代

キングヘイロー…99年安田記念


グラスワンダー…99年安田記念


ジハードインジエア※(エアジハード)…99年安田記念(☆)


※同期の内、サイレンススズカマチカネフクキタルとは対戦経験無し。


余談

シーキングザパールと牡蠣

【ウマ娘】ウマ娘漫画まとめ28【漫画5枚】

(※5枚目のイラスト参照)

史実においてシーキングザパールがモーリス・ド・ギース賞を優勝したその夜に祝勝会が行われ、生牡蠣が振る舞われていた。

…しかし、当時のヨーロッパは熱波に見舞われ、牡蠣は相当に傷んでいた。

結果、それを食べた武豊騎手、森秀行調教師など陣営の大半が強烈な腹痛に見舞われたらしい…(担当の富菜勇二厩務員だけは無事だったとのこと。)

なお、このエピソードは佐岳メイのイベントで再現されている。


関連イラスト

センシティブな作品シーキングザパール2期決定!!ウマ娘_シーキングザパール(応援団)

THE WORLD IS MINE世界レベルらくがきセンシティブな作品シーキングザパール


関連項目

ウマ娘プリティーダービー


97世代同期のウマ娘

サイレンススズカ(ウマ娘) タイキシャトル(ウマ娘) マチカネフクキタル(ウマ娘)

メジロドーベル(ウマ娘) メジロブライト(ウマ娘)


エルコンドルパサー(ウマ娘):シーキングザパールの次にNHKマイルカップを優勝している。

グラスワンダー(ウマ娘):1999年の安田記念で対戦。

シンコウウインディ(ウマ娘):1999年の安田記念で対戦。

キングヘイロー(ウマ娘):1999年の安田記念で対戦。

ビコーペガサス(ウマ娘):1998年の高松宮記念安田記念の2回対戦。


マルゼンスキー(ウマ娘):同じ祖先(バックパサー(マルゼンスキー:母父 シーキングザパール:父母父))を持つ競走馬がモデルのウマ娘。うまよんやアプリ版でも絡みがある。ちなみにスリーサイズもそれぞれ1cm違いである。


別ジャンル

ヘレン:同じcygames社から出ているゲームとしては先輩格である「アイドルマスターシンデレラガールズ」に登場するアイドル。「年齢不詳の不思議なハイテンションお姉さんという風情」、「いつも根拠不明の自信に満ち溢れ、何かにつけて『世界』を口にする」、「ストレートな黒髪ロングヘアのタレ目美女」、「何事も否定から入らず肯定的に接し、昇華していく」、「言動をよくみるとけっこう大雑把、細かいことは気にしない気質」、そして「頻出する大言壮語に恥じないだけの実力は備えている」など、パールとの共通点は非常に多い。ウマ娘のパールが「ウマ娘版ヘレン」「世界レベル」とよく呼ばれる一因。ちなみにシーキングザパールの中の人渋谷凛を演じている。


ゴー☆ジャスサンミュージックに所属しているお笑い芸能人。接点が無いように見えるがサポートカードにて持ちネタの「レボリューション!」などから元ネタではないかと噂されていたが実装当時の個別ストーリーにてもう一つの持ちネタ「地球(こっちは地球儀)を持ち出す」行動と一致したことでほぼ確定的となった。当本人もTwitterで反応しており、Youtubeチャンネルでは個別ストーリーを視聴した時は既視感な表情をしており、当時出演していたサイレンススズカ役の高野麻里佳は「ダメでしょ持っちゃ」と反応している。

関連記事

親記事

97世代(ウマ娘) うまむすめのきゅーななせだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3008613

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました