ピクシブ百科事典

タイキシャトル(ウマ娘)

うまむすめのたいきしゃとる

メディアミックスプロジェクト『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクター「ウマ娘」の一人。モチーフは1990年代後期に活躍し、短距離専門馬として史上初の年度代表馬に選出された競走馬『タイキシャトル』。
目次[非表示]

「BANG☆ 明るく楽しく狙い撃ちデース!!」

プロフィール


キャッチコピーアメリカ生まれのフレンドリーガール
誕生日3月23日
身長172cm
体重微増(「でもノープロブレム!」)
スリーサイズB94・W59・H90
靴のサイズ左右ともに25.0cm(特注)
学年高等部
所属寮美浦寮
得意なことポジティブシンキング
苦手なこと一人でいること
耳のことパーティーと聞けばどこへでも駆けつける
尻尾のこと整尾スプレーは仕送りしてもらっている
家族のこと実家にはウェルカム花火が常備されている
ヒミツ①ファストドローの大会で優勝したことがある / ②バーベキューのシメはハンバーガー派
自己紹介ハウディ!タイキシャトルです!ワタシのパワフルな走りでみんなをハッピーにしちゃいマスよー!
CV大坪由佳

パワフルで人懐っこいカウガール。誰とでも仲良くしたがる性格で、一方的に距離を詰め、ハグをする。
極度の寂しがり屋でもあり、パーティーを自らよく開くのも、そのためである。
短距離が得意で、そのダッシュカは親しいサイレンススズカも一目置いている。
公式ポータルサイトより)

(旧プロフィール)
アメリカケンタッキー州生まれのカウガール。超元気印の健康優良児。
とにかくパワフルで、周囲の人間を疲れさせてしまうほど。
しかし意外とさみしがり屋で、一人でいることを嫌う。
留学してきたので、早く活躍したいと願っている。

容姿・デザイン

ウマ娘


基本言及はないが元ネタ馬の尾花栗毛(ゴールドシチーと同じ)を反映した金髪を星形の髪留めでポニーテールにし、同じ星形の飾りが右耳側にもある。瞳も青く身長172cm・B94というのも相まってアメリカ出身とされるウマ娘の中でもかなりアメリカンなキャラである。そしてシャトルというか立派なロケットを持っている。

  • 勝負服

タイキシャトル


ほぼビキニスタイルの西部劇ガンマンイメージの勝負服。明るい緑に白の星柄は実際の勝負服と同様で、ベルトのホルスターにはリボルバーが収まっている。また正面からは見えにくいがカウボーイハットを首から背中側へ提げている。
ちなみに、スキル発動時の映像では、リボルバーのシリンダー内に金色の弾頭らしきものが見えるため、おそらく拳銃には実包を装填していると考えられる。
銃刀法に触れないようにダミーカートを装填したモデルガンなのかもしれないが…

  • 私服

タイキシャトル


チェックシャツに細身ジーパンで、アメリカの牧場作業員のような服。ホーム画面での会話にて実家が犬などのいる牧場であることが判明している。

アニメ版

Season1

チームリギル所属。第4話でスペシャルウィークの模擬レースの相手を務める。
前年のマイルチャンピオンシップスプリンターズステークスを制した短距離最強ウマ娘。
EXTRA Rで開催されたウインタードリームトロフィーでは、リギルメンバーで唯一出走しなかった。

うまよん

元来のその体格の良さや、「ほかのウマ娘たちも誘って肉・野菜てんこ盛りのバーベキューパーティーを開いたりする」こともあったのか、第5話でスペシャルウィークやオグリキャップら名うての大食いウマ娘に混じって、ラーメン完食競争「ラーメン杯(二郎風店舗「ラーメン三ハロン」/GⅡ/メガ増しニンニクカラメ1杯。実況トウカイテイオー、解説ファインモーション)」に出走。
彼女からすれば新鮮な日本のラーメン屋での食事に目を輝かせていたが、麺も具も大量で食べるのに時間がかかるメガ盛りラーメンに正攻法で挑んでいた為、スープを吸って重バ場となった麺に箸運びが衰え、あえなく後退(スペは行きつけの店ゆえに攻略法を確立しており、オグリは正攻法でなんなく正面突破)。最終的に着順はオグリ1着、スペ2着(スープ量差)、タイキ3着となったが、退店する三者の顔には翳りではなく、胃も心も満たされた満足の笑顔があった…。

なお、この際、口を開いたままでモゴモゴと咀嚼するという、この世界に存在しないはずの動物のような食べ方をしていた。

ゲーム版

リリース初期より★3の育成ウマ娘として登場している。

普段から底抜けに明るいため交流の輪の中心にいることが多く、また周りをよく見ていて不安を感じているウマ娘をフォローする優しさもあって周りからの信頼は厚い。
が、周りをよく見ているというより実は注意散漫なだけなことも多く、興味のあるものを見つけては本来の目的を忘れてしまう。

交流を深めると彼女の本質は「極度の寂しがり屋」であり、故郷を離れトレセン学園で過ごすことが不安なためあえて一人にならないようにしていることがわかる。遠く離れた故郷とはメールやSNSを通じて交流しており、特に日本独自のものの写真を撮っては故郷の家族に送っている。
ヒミツによるとファストドロー(モデルガンを使った早撃ち競技)の大会で優勝したことがあるらしい。

なお、カレンチャンの育成の過程で、本ウマ娘は「とっても元気で明るい日常系ウマチューバー」であることが明かされている。

育成ウマ娘

  • ☆3[ワイルド・フロンティア]タイキシャトル
    スピードスタミナパワー根性賢さ
    9671989392
    バ場適性AダートB
    距離適性短距離マイル中距離長距離
    AAEG
    脚質適性逃げ先行差し追込
    CAEG


固有スキル

  • ヴィクトリーショット!
最終コーナーで好位置にいると弾みをつけて加速力が上がる。(アップデート前)
→最終直線が迫ったとき好位置にいると弾みをつけて加速力が上がる。(後)
  • 発動条件は最終コーナーで順位が上位40%以上(アプデ前50%以上)かつ、3位以下。

  • アップデート前はマイルG1は大体最終コーナーが中盤にどっぷり入ってる為中盤で効果が切れてしまっており、マイルより中距離で本領を発揮するスキルになっていた。一方で発動順位は若干シビアに。

リリース開始時時点では数少ない「ダートB」持ち、距離適性はデフォルトで「短距離とマイルが共にA」という史実通りのマイラーウマ娘である。脚質はデフォルトでは「先行A」であり、スキル設定もこれが反映されているが、短距離やダート向けのウマ娘は3人揃えるのも一苦労なため、競技場では芝マイルよりもそちらに回されがち。
適正として見れば非常に分かりやすいスプリンターだが、中距離適正もさりげなくEとあるので最初の継承で中距離もAまで持っていける。中距離も走れるようになるとスキルPtが稼ぎやすくなり、重賞ボーナスによる継承相性も増やせるため狙うのも手。特にクライマックスシナリオではあるのとないのとで盛れるステータス・スキルに大きく差が出るので可能ならBあたりまで盛るといいだろう。

が、サービス開始時点はどうにも性能がちぐはぐであり、適正そのままに競技場やチャンピオンズミーティングで活躍させようとするとアラが目立つ状態であった。
  • 固有スキルは最終コーナーでの加速スキルだが、芝短距離~マイルでは大抵の最終コーナーはスパート前となるので加速スキルが無駄撃ちになる
    • 特に安田記念(東京芝1600m)との相性は最悪であり、キャンサー杯でもタイキシャトルを採用するケースは皆無。
  • そもそも固有の効果・発動位置がマルゼンスキーと被っており、こちらの発動条件がタイキシャトルよりも緩いことから完全に上位・下位互換の関係
  • 覚醒スキルLv5で覚える「マイルの支配者」だが、マイルの序盤は距離が殆ど無いため逃げにしてもほぼ発動しない。そもそも逃げにすると固有がほぼ発動しなくなるため、固有との相性はとことん悪い
こういった事情から、チャンピオンズミーティングの芝マイルではほとんど姿を見かけない。最強マイラーとはいったい……。
以上のような事情から芝の短距離~マイルとはイマイチ噛み合わないため、芝マイルよりも直線が短く最終コーナーがスパート区間に含まれることの多いダートのほうが適正が高く、チームレースにおいてもダートで先行として起用されることのほうが多かった。

スプリンターズSを除いてひたすらマイルを走るため、☆3育成ウマ娘としてはサイレンススズカカレンチャンと共に攻略難易度がわりと易しいウマ娘となる。

シニア級で挑戦する安田記念のみ天気は雨、バ場も不良固定というライスシャワーの宝塚記念と同様に「史実再現の特別仕様」となっている。これを勝利するとランダムで「雨の日◯」のヒントもつくのでトレーナーだけの「雨の日の最強」を目指してみることもできる。

なお、先述したように因子を盛れば中距離でも高い適正を発揮するのだが、固有の条件がより緩いマルゼンスキーのほうが中距離の適正が高いこと、そもそも中距離は激戦区ということもあって、チームレースで中距離を走らせるケースはあまり多くない。
ただ、スコーピオ杯(東京芝2000m)においてはマルゼンスキー共々出走させたいという事情から、2000mだということに気づかず出走させられるタイキシャトルが多数発生することとなった。

……と、こんな感じで最強マイラーの名に(笑)を付けざるを得ないような状態だったため、リリース1周年のアップデートで以下の調整が施された。
  • 固有スキルの発動位置が最終コーナー開始地点から中間になり、芝の短距離~マイルでも有効発動するレースが増えた。
    • 十八番であるはずの安田記念キャンサー杯は終盤のコーナーが8mしかなく、他の芝マイルも東京1600mほどではないにせよ最終直線が長めな関係で、発動してもフル活用できるとは言い難いものの、マイルで使える終盤コーナー加速の選択肢そのものが限られているので、先行で終盤突入直後に有効な加速スキルというのは十分すぎるアドバンテージ。一方ダートは適性が一層高くなったためチームレースのダート要員としての需要は益々増えると思われる。
    • この変更により阪神2200m(宝塚記念レオ杯)など一部中距離のレースでは使いにくくなった。ただ、トップメタを張っていた東京2000m(天皇賞(秋)スコーピオ杯)では逆に適性が高くなっており、少なくとも紅焔ギアの下位互換だった以前とは大きく差別化された。
    • 一方、発動順位がそのままだと強力すぎると判断されたのか上位50%以上から40%以上に狭まった(チムレ・チャンミそれぞれ1位狭まっている)。他のウマ娘の固有が完全な上方修正の中、彼女だけは単体で見ると下方修正されているといえる。
  • 「マイルの支配者」の発動条件が先頭から前方に緩和され、先行でも発動するようになった。
この調整により設定通りに芝のマイルでちゃんと活躍できるようになり、最強マイラーの名に恥じない性能になった。

ストーリーイベント「シーク・ソルヴ・サマーウォーク!」の開催と同時に実装された☆3育成ウマ娘。
詳しくは該当記事を参照。

特殊二つ名

最強マイラー
ユニコーンS、安田記念を含むマイルの重賞で5勝以上し、うち1勝以上は天候(雨)で勝利かつ、マイルCSを5バ身差以上で勝利する。

  • 後述の通り、雨の日での勝利は安田記念で満たせるため、「マイルCSで5バ身差以上での勝利」が大きな鬼門となる。

特殊実況

安田記念(シニア期6月前半)で1着になると発生する(このレースは雨で固定されている。史実でも雨で不良バ場での勝利であった)。

他にスプリンターズステークス(シニア期)で、最終直線で少なくとも3馬身以上のリードをつけて、1着確実になるとゴール付近で発生する。(聞ける時と聞けない時がある。確実に自分の耳で聞きたい場合、リプレイで何度も聞くことをお勧めする。)

タイキシャトル強い!タイキシャトル文句なし!圧勝ーッ!!

サポートカード

  • SSR[Hands up, crook!]タイキシャトル

2022/6/20にオグリキャップ(SRサポートカード)、スイープトウショウ(☆3育成ウマ娘)とともに実装されたSSRサポート。タイプはスピード。

関連人物

同じアメリカ出身ウマ娘。タイキ主催のアメリカンパーティーにもよく参加している。

史実で同じ世代かつマイラー素質も高い同士。タイキシャトルの育成でも終盤覚醒し、最終目標であるマイルCSの最強ライバルとなる。

同期。距離適性の関係で対戦せず、自身のシナリオでも関わらないがあちら側の育成シナリオでしばしば登場する。

競走馬「タイキシャトル



98年 安田記念
大雨のなかの無敵、タイキシャトル。
可能性は人を熱くする。
2011年JRA安田記念CMより

1994年3月23日、アメリカ合衆国生まれの牡馬(外国産馬)。
国内外で5つの短距離GⅠを制し、特にマイル(1600m)戦では現役時代無敗を誇った、日本競馬を代表するマイラーの一頭。1998年、JRA賞最優秀短距離馬及び最優秀5歳以上牡馬(現最優秀4歳以上牡馬)に選出された他、短距離専門の馬として初めての年度代表馬に選出された。翌1999年にはJRA顕彰馬にも選出された名馬である。

デビューは3歳の4月とかなり遅れたものの、ダートのマイル戦とスプリント戦を連勝。重賞初制覇もダート戦のユニコーンステークスだった。同年のマイルチャンピオンシップ、スプリンターズステークスを優勝。
4歳時には大雨の中で開催された安田記念を制覇後、フランスマイルG1の最高峰ジャック・ル・マロワ賞に優勝。前週にモーリス・ド・ゲスト賞を勝ったシーキングザパールと共にそれまで日本調教馬の優勝がなかった欧州のG1を連勝する。
帰国後はマイルチャンピオンシップを連覇し、当初は出走予定の無かったスプリンターズステークスで3着に敗れたのを最後に引退した。
現在は種牡馬を経て、北海道日高町のヴェルサイユファームにてメイショウドトウと共に功労馬として余生を過ごしている。

タイキシャトル


羊と一緒に仲良く過ごす姿はなかなかに愛らしいと評判である。
※参考動画(2019年撮影のもの)

なお、羊と共に放す理由はパーソナルスペースはきっちり守る誇り高さを持つ反面かなりの寂しがり屋でもあり、一頭だけだと動かなくなってしまう(運動不足になってしまう)のも理由とのことで、これがウマ娘としての彼女の性格にも反映されてるのかもしれない。
また、お手入れ中のスタッフの足をわざと踏もうとしたりするなど、かなりのイタズラ者でもあるようだ。

その後、2021年6月にメイショウドトウとともに繋養先がノーザンレイクに変更となった。
より詳しくは当該記事を参照。

関連イラスト

タイキシャトル
タイキシャトル/ウマ娘
センシティブな作品
タイキシャトル


センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品
タイキシャトル


妄想 タイキシャトル【ウマ娘プリティーダービー】
にんじーん
タイキシャトル
センシティブな作品



関連タグ

ウマ娘プリティーダービー

競走馬同士が同期(97世代)


その他のつながり

メイショウドトウ(ウマ娘)…モデル馬同士が同じ牧場で暮らしている→ドトシャト
ゼンノロブロイ(ウマ娘)シンボリクリスエス(ウマ娘)藤沢和雄厩舎

デビルマン

今日もどこかでタイキシャトルマン


タイキシャトルが主に育成ストーリーで取った「怪訝な顔で腕を組み少し上半身を前に乗り出す」ポーズが、ネタMAD動画などで使われる「夕焼けの下ビルに腰掛けて腕組みで下を眺めるデビルマン」の構図と激似であり、Twitter等でデビルマンネタが使われる事がある。
ちなみに元ネタのタイキシャトルの父の名前は「デヴィルズ(Devil's)バッグ」。

関連記事

親記事

ウマ娘 うまむすめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「タイキシャトル(ウマ娘)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「タイキシャトル(ウマ娘)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18879960

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました