ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

解説

永井豪漫画と同時並行して開始されたTVアニメ。全39話。担当プロデューサーは有賀健と籏野義文


終始ハードな雰囲気の漫画版とは異なり、ダークヒーローとしての魅力を突き詰めたバトルアニメとして大成されており、別に人類は滅亡しないし悪魔人間デビルマン)は明以外出てこない。



あらすじ

ヒマラヤの山中で眠りについていたデーモン族は、人類殲滅のために最強勇者・デビルマンを派遣することを決意した。デビルマンはヒマラヤで殺害した少年不動明の身体を乗っ取って日本に向かうも、明が身を寄せる家の一人娘・牧村美樹に興味を持ち、人類攻撃任務を放棄。デーモン族の魔王ゼノンは怒りデビルマンを呼び戻そうとするもこれを拒否。悪魔人間=デビルマンとしてデーモン族を迎え撃つ…。


漫画(少年マガジン)版との差異

  • 根本の設定として、主人公不動明第1話の冒頭で死亡しており、彼と合体するデーモンもアモンではなくデビルマンという名前である。以降の明はデビルマンが体を乗っ取った姿に過ぎない。あくまで人格は「デビルマン」のものである。そのためOPでは「裏切り者の名を受けて、総てを捨てて戦う男」と謳われているが、勿論これは明ではなくデビルマンのこと。しかし、自らの意志で裏切っているので「名を受けて」というのは不適当な気も。
  • したがって悪魔人間もデビルマンしか登場しない。
  • デビルマンの身体は伸縮自在で、も豊富。下半身も体毛に覆われておらず、プロレスパンツ風。戦闘も体が大きくなるだけスケールも大きくなり、第2話のシレーヌ戦など、の高さが電柱を上回り、殴り合いの余波でビル群が崩落するほど。(ちなみに変身する時の掛け声は「デッビール!!」だったりする)
  • 原作では普通の高校に通っていた(と言う設定自体後付であり、連載中では明や美樹の年齢は公表されない)明と美樹が、本作では小中高一貫校に通っている。
  • 飛鳥了は出てこない(アニメにも出そうという案自体はあった)。
  • デーモン族の中で、裏切り者を抹殺するためのアサシン「妖獣」という呼称がなされており、基本的にデビルマンが戦うのは彼ら。

デビルマンの能力

ここではアニメ版で使用された能力を述べる。

漫画版をベースにした作品でもこれらの能力を使用する事があるが、作風的に技名は叫ばない(パチンコなどでは普通に叫ぶ)。


  • デビルアロー

両腕をクロスし、触角から放つ電撃光線…のように見える超音波砲。

漫画版では触角を伸ばして電撃を流すという能力を披露している。


  • デビルイヤー

人間の1000倍の聴力を誇るとされる地獄耳。


  • デビルウィング

背中に折りたたんだ真紅の翼。縁が鋭いカッターにもなっていて触れた敵を切り裂く。

飛行ポーズは初代ウルトラマンと同様に両腕を前に突き出したもの。

漫画版でいうこの部位はいわゆるコウモリのような翼になっている。


  • デビルビーム

体全体から放つ強力な熱光線で絡みついてきた敵をそのまま倒してしまえる威力がある。これがこの作品における必殺技という解釈で違いない。デビルアローとも併用可能。

OPでは3番目に使用する。


  • デビルチョップ

1000kgの威力を誇るパンチ。チョップという名称だがパンチである(ココ重要)。

拳を使った格闘能力全般がこう呼ばれるという事なのだろう。


  • デビルキック

常人の数倍の破壊力を持つとされるキック。OPで最初に使用する技がこれ。


  • デビルアイ

透視力に優れた目。


  • デビルカッター

大岩をも容易に砕く鋭い三日月状のカッターで、コウモリと赤い「D」の装飾が施されたベルトから複数発射する。

ちなみに「009VSデビルマン」のデビルマンは腕に生えたカッターで敵を切り裂く。誰が呼んだかデビルカッター。


冒険王版

ややこしい話だが、少年マガジンにアニメと同時連載された漫画版とは別に、漫画雑誌「冒険王」に連載(蛭田充、1972年8月号 - 1973年4月号)されたアニメのコミカライズ版も存在する。こちらのデビルマンはパンツを履いたアニメ版準拠のデザインで、登場する敵も、エバインラフレールなどアニメ版の妖獣たちである。少年マガジンと比べると僅かだが、アニメ版とは以下の差異がある。

  • 不動明と同化した後のデビルマンの基本人格は明のものであり、アニメ版よりも正義感が強い性格をしている。
  • 登場するサブキャラクターは牧村一家くらいで、アルフォンヌ、ポチ、ミヨちゃん、チャコ、東大寺、ララといった友人や学校関係者は登場しない。
  • デーモン族側も、魔将軍などの幹部はほぼ登場せず、ほとんどの妖獣はゼノンが出撃命令を出している。魔将軍ザンニンだけは登場するが、ベトラ回の一話限りでデビルマンとの対戦は描かれていない。氷村もズールの回に登場しているが、単なるクラスメートであり顔つきも違っていた。
  • デビルマンが作中で以下のようなオリジナル技を多数使っている。
    • デビルひじうち:強力なエルボーパッドを食らわせる。エバイン戦で使用。
    • デビルスイング:相手を頭上に持ち上げて振り回し投げ飛ばす。ベラ戦で使用。
    • デビルジャイアント:巨大化する。シレーヌ戦、ベラ戦で使用。
    • デビルアクション:スピードアップする。ジャコン戦で使用。
    • デビルアイス:氷の板を出現させて攻撃を防ぐ。ベトラ戦で岩を跳ね返すのに使用。
    • デビルバリヤー:バリアを出現させて攻撃を防ぐ。オーロラ戦でオーロラの光を跳ね返すのに使用。
    • デビルショット:光線技。ジャコン戦、ジュエル戦で決め技として使用。
    • デビルタイフーン:体を回転させて生じる竜巻に相手を巻き込み攻撃する。ゴンドローマ戦で決め技として使用。
    • デビルサンダー:手から生じさせた稲妻を投げつける。アビル戦で決め技として使用。
    • デビルファイアー:全身から炎を放つ。ラフレール戦で決め技として使用。
    • デビルアイ:アニメの透視能力と違い、目から光線を放つ。ベトラ戦、オーロラ戦で決め技として使用。
    • デビルスピンドリル:体を回転させながら特攻する。ドリムーン戦で決め技として使用。


余談

  • 最終回に登場するデーモン最強の戦士(デビルマンの上司)・ゴッドは漫画版デビルマンによく似た外見である(ちなみに、第1話を見て貰えばわかるように変身過程のデビルマンは漫画版を思わせるカラーリングになっている)。
  • とんねるずのコント『デビルタカマン』は基本的にこっちがモデル。
  • 同じく東映動画でアニメ化されたマジンガーZともコラボしており、1973年には映画『マジンガーZ対デビルマン』が公開された。それを祝したのか漫画版マジンガーZ』でも、主人公らが入る温泉にアニメ版デビルマンにソックリな彫像が登場している。
  • 永井豪本人が番外編として漫画『デビルマン対ゲッターロボ』を描いているが、演出上デビルマンのデザインはパンツではなく(漫画版に近い)ズボン型になっている。
  • OVA『CBキャラ』では明と合体する前のアモンがTV版デビルマンと酷似した姿で描かれている。
  • マジンガーエンジェル』で漫画初のゲスト出演として登場。
  • また、この作品のデビルマンが漫画をベースにした作品(「crybaby」や「レディー」)に出演する際は大抵架空のキャラクターとして扱われる。



関連項目

アンチヒーロー ダイナミックプロ

マジンガーZ対デビルマン


闘神デビルマン:アニメ版のリメイク。


ジャガーマンシリーズ:主題歌のアバターとして活躍している。←ここすき

関連記事

親記事

デビルマン でびるまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 402910

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました