ピクシブ百科事典

マジンガーZ対デビルマン

まじんがーぜっとたいでびるまん

『マジンガーZ対デビルマン』とは、永井豪原作のアニメ『マジンガーZ』と『デビルマン』のクロスオーバー映画である。
目次[非表示]

解説

1973年に東映まんがまつりの一枠として公開されたアニメ映画。
このころは『帰ってきたウルトラマン』のウルトラセブンや『仮面ライダーV3』の1号、2号ライダーといった同ジャンル内での共演が行われていたが、巨大ロボット変身ヒーロー、ましてや原作者が同じとはいえフジテレビの『マジンガーZ』とテレビ朝日の『デビルマン』と放送局が異なる2作の共演は困難とされていた。
しかし原作者である永井豪の熱望、すでにテレビアニメ版の『デビルマン』が放送終了していた為、何とかNET側の許可を取り付けた。しかし今作後に企画されたフジ系列の『UFOロボグレンダイザー』とNET系列の『鋼鉄ジーグ』のクロスオーバーは実現せず、NET系列番組の劇場版マジンガー参加は今作限りとなった。

なおタイトルに「対」とあるが、別にマジンガーZとデビルマンが戦うわけではない。後年、永井豪氏は『激マン!』内で「たい(対決)」ではなく「つい(二つ揃い)」と読むのだと述べている。

ストーリー

今日も今日とて光子力研究所を襲撃して来たDr.ヘル機械獣軍団を撃退したマジンガーZ。だが、その眼前で伝説と思われていたデーモン族妖獣シレーヌが復活する。
あしゅら男爵の報告で、デーモン族の実在を知ったDr.ヘルは自身の超科学力でデーモン族を洗脳して支配下に置き、光子力研究所と、デーモンの裏切り者「デビルマン」の抹殺を画策する。
一方、Dr.ヘルの野望を知ったデビルマンこと不動明は噂のマジンガーZのパイロット兜甲児の前に現れるが、自身の斜に構えた態度がきっかけで対立してしまう。
そうこうしているうちにDr.ヘルの機械獣軍団とデーモン族の連合軍が襲撃して来た。

余談

今の所『スーパーロボット大戦シリーズ』には未登場(デビルマンは『DD』で参戦したが、原作版名義)だが、『劇場版マジンガーシリーズ』名義で本作に登場する機械獣などが参戦している。

また、桜多吾作コミカライズを手掛けている他、後に永井自身がTV版デビルマンをベースにした『デビルマン対ゲッターロボ』を執筆した。

関連タグ

マジンガーZ デビルマン ダイナミックプロ 東映アニメーション
クロスオーバー
CBキャラ:こちらは漫画版デビルマンと漫画版マジンガーZが原作。

 マジンガーZ対デビルマン ⇒ マジンガーZ対暗黒大将軍

関連記事

親記事

東映まんがまつり とうえいまんがまつり

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マジンガーZ対デビルマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11604

コメント