ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

永井豪原作の漫画またはアニメデビルマン」に登場する女デーモン。
妖鳥シレーヌ」と呼ばれ、頭部に生えた大きな翼に剥き出しの乳房(アニメ版やパチスロ版、実写版などではさすがにアレなためレオタード風に変更)と、悪魔でありながら天使のような美しさが最大の特徴。
人気の高いキャラクターで、デビルマン関連のメディアミックス展開には大抵登場している。
永井豪の描いた人間態は白人系であった。

永井の自伝漫画「激マン!」によると、シレーヌと名づけたのは脚本家の辻真先である。
辻の「のデーモンを作って欲しい」という要望に応える形で永井豪がデザインを起こした。
またシレーヌのが切り離されて飛んでいくというアイデアは、後のマジンガーZロケットパンチの元ネタになった…訳ではないようで、実際はマジンガーの方が企画段階がずっと早く、単にノリと勢いで作られたというのが激マンで語られた話である。豪ちゃんに免じてファンは笑ってロケットパンチの元ネタはシレーヌであるがシレーヌではないと二重思考しよう。

デビルマンレディーでは地獄へ落ちてもなおデビルマンに挑み続けた理由が、アモンへの恋心であったと気付く描写がある。

CBキャラデビルマン対ゲッターロボではアモンの恋人だったという設定。
CBキャラではシレーヌの格好に関して、アモンが「素っ裸が見れるから」という最低な理由で勧めていたという設定になっていた。


TVアニメ版では北浜晴子、OVA版は榊原良子、crybabyでは田中敦子が、実写映画版では冨永愛が演じた。


主役であるデビルマンと「白一色、女、天使っぽい翼」と好対照なキャラクターであるのでライバルキャラクターとして認知されているが、劇中での活躍はそれほど多くはない。

TVアニメ版

シレーヌ


第2話に登場。原作とは異なり肌は青黒く、ボディコンみたいな形状の服(?)を着ている。デビルマン同様体は伸縮自在で、最大時には30m程の巨体になることも出来る。また、身体を無数の蝶に変えて攻撃を避けることも出来る。額の触角(?)で触ることで相手の思考を読むことが出来る。
通称「マダム・シレーヌ」

映画『マジンガーZ対デビルマン』にも登場。

二次創作での扱い

pixiv上では、よろしくやっている作品が結構ある。
同人誌では、エロギャグ要因だったり、アモンを取り合って他の自分とそっくりな女デーモンとキャットファイトしてたり.....
何れにせよ、原作同様に淫靡さを取り扱われている。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品


センシティブな作品センシティブな作品



関連タグ

うつくしき月よ、そなたはこれからおこることを見ないほうがよい
永井豪 デビルマン カイム 
激マン! 敵女 悪女 ダークヒロイン 巨乳
マジンガーZ対デビルマン デビルマン対闇の帝王

犬神初音:飛行形態がシレーヌに酷似している。
ラーゼフォン:その容貌からスパロボMXで初めて目撃した兜甲児が妖鳥シレーヌと言いかけている。

関連記事

親記事

デーモン族 でーもんぞく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シレーヌ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1190438

コメント