ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

CV:石塚運昇(OVA)⇒谷昌樹(スパロボDD)⇒小山力也(Devilman_Crybaby)

概要

肩から二本の角が生えた人面犀のような姿の重量級デーモン。姿は四つ足の動物に似る。

上級デーモンのシレーヌを愛する戦士であり、瀕死のシレーヌに対しデビルマンを打ち倒す勝利の感激を捧げたいと自分との合体を持ちかける。「瀕死の自分が主となり合体したところですぐに死ぬので、カイム自身が主となり合体するべきだ」というシレーヌに対し、ただ一言「シレーヌ、血まみれでもきみはうつくしい」との言葉を遺し自ら首を切ってシレーヌに体を捧げ一体となり立ち向かった純情な悪魔。劇中では瀕死のシレーヌの許に駆け付けて合体しただけだが、命を賭して愛するシレーヌの為に全てを投げ打つその生き様は、作者である永井豪自身が作画中に涙してしまう程であり、作中屈指の名場面である。


またその後地上に現れたデーモンの中に「カイムのかたきをうつ」と凄んだ者もおり、愛だけでは無く友情にも厚かった様子が見て取れる。


デーモン族でありながら愛に殉じたためかアニメ版には登場しない。


CBキャラでは不動明との合体で消滅したアモン精神転生した姿という設定で登場しており、シレーヌに惹かれたのもそのためらしい。


武器はその巨体による突進と、両肩の角から放つ強力な電撃。

シレーヌはカイムの首の部分に、自分の上半身を埋め込んだ、ケンタウルスのような形状に合体。

カイムの突進と角からの電撃を用い、デビルマンを戦闘不能にまで追い詰めたが、前述のように、シレーヌが既に致命傷を負っていた為に、とどめを刺す事はかなわず、カイムの遺言通りに、シレーヌの顔に勝利の喜びを浮かべたまま、立ち往生して事切れた。

関連タグ

カイム

関連記事

親記事

デーモン族 でーもんぞく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1188

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました