2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

カイム(アレンジしすぎw)


デビルマンに登場する「デーモン」とは、要するに悪魔のことである。
人類が誕生する遥か以前に存在していた古代文明人であり元々は人間と同じ姿をしていたが、過酷な恐竜時代を生き延びる為に合体能力を身に着け、その結果異形な姿となり強大な力で地球を支配していた彼らは、常に戦い続ける非常に暴力的な種族であり、共食いを行うことも珍しくはない。

にはその醜い姿、凶暴な性格から「失敗作」と見なされ、小宇宙ごと無に帰そうと決められたことで衝突。神に対し、ただ一人デーモンに味方した天使サタンと共に戦い、勝利を収めた。疲弊したデーモン族は次なる神の攻撃に備え、200万年の眠りに入った。目覚めた時…すなわち、氷河期が終わった時には人類が我が物顔で歩き回っていたことを知ると地球を奪い返すために攻撃を開始した(大魔神サタンはラストでかつての神の所業と同じ過ちを犯してしまったと述懐している)。
一体何匹残っていたのかは不明ではあるが、当時30億と言われた人間よりは少なかったようである。(それでも策略として世界中で無差別合体を行える程には無数に存在する)。

また、作品によっては明確に神話伝承を基にしたデーモンが登場し、それらは伝承に則った姿をしている事も。
このことから何体かは先んじて眠りから目覚めたり、過去に干渉するなりして人類の歴史に影響を与えてきたと考えられる(後者は『新デビルマン』でも確認されている事例である)。

人間武器発明したように合体能力を生み出し、生物・無生物(死体含む)を問わず片っ端から合体することで強大なパワーを得た(OVAの描写を見るに車を乗っ取ると車をより生物じみた姿に変貌させるようだ)。
では人間に対して合体能力を行使できるかというと、可能だが安易にはしない。何故なら、理性が存在する人間と無作為に合体すれば互いに拒絶反応を起こし、合体した瞬間に宿主諸共死ぬからである。そのため、人間と合体するには人間側の理性が失われていることが必要である。
人間が理性を完全に喪失した状態で合体すると、精神力が弱い人間が宿主であった場合、デーモンに人格を食い尽くされて、完全にデーモンに乗っ取られてしまう。しかし、(他にも難しい条件があるが)人間側の精神力が強靭であった場合は、逆に意識を抑え込まれてしまい、悪魔人間(デビルマン)となる。それでも、デーモン側の意識は消滅するわけではない為、人間の性格に影響を及ぼし(好戦的になる等)、条件次第によっては乗っ取り返すこともある(漫画版の飛鳥教授やAMONデビルマン黙示録の暴走不動明など)。
他のデーモンと合体した場合は、どちらかの精神だけが勝ち残り、負けた方は勝った方に肉体を奪われて人格消滅してしまう。
劇中では瀕死重傷を負ったシレーヌカイムに対し「もしあなたと合体したとして、万が一私の精神が勝ったら、あなたもすぐに死ぬ」と発言している。

ちなみに合体を繰り返す前は人間にかなり近い姿をしていたデーモンもいたようで、実はアモンはヤギコウモリと合体するまでは人型デーモンであったという設定が存在する他、サモトラケのニケは翼を生やしている点以外は人間の女性そのものの外見をしている。

また、テレポート能力を持ち合わせており、これと合体能力を併用することも可能。

なお耐久力は人間よりかははるかに頑丈だが、人間の武器で倒すことが不可能という訳ではない(デーモンの質量や強さにもよる)。
例えば「サイボーグ009VSデビルマン」では009のレイガンでリリスを倒せている他、「デビルマンG」においてはデビルマンフラムメドックに覚醒したミキの日本刀の一撃で数多くのデーモンを屠っていたり(日本刀とは合体していない)、「crybaby」ではサイコウェーブを遮断する刺突武器によってサイコジェニーが、「マジンガーZ対デビルマン」ではマジンガーZの武装で妖獣ブゴが倒されている。
ただし、これらはあくまでクロスオーバー作品や原作を大幅にアレンジした作品での描写なのであって、原作のアニメ化作品であるOVAでの描写を見るに、基本的にダメージはあっても完全に倒すまでには至らないというパターンが多い(これはデーモンの中には強い再生能力を持つものがいたり、体に入った異物をも取り込んで進化できるというデーモン族共通の特性があるからだろう)。
変身能力も持っているらしく、人間の姿に化けて人間社会に潜伏している個体も多い。

デーモンの中にも人間を捕食する個体(ジンメンやイーダー)がいるように、逆に人間がデーモンを食べる事も一応は可能らしく、CBキャラでは美樹が出刃包丁一本でジンメンを仕留め、首以外の部位を解体して食べていた。美樹曰く、ジンメンは亀肉のようで美味しいらしい。(尤もこれはギャグ作品における描写なので本家ベースの作品では一方的に人間が捕食される側である。)

OVAにて了は「デーモンの心に愛はない」と語っているが、カイムシレーヌのために身体を差し出したり、アモンサモトラケのニケと恋人の関係にあったり、デビルマンに覚醒した明に対してデーモンの一人が「血迷ったかアモン!?」というあたり、仲間意識や愛というものはある様子。倫理観や生み出した武器が違うだけで人間とそう変わらない種族なのかもしれない(実際に理性を失って同士討ちを始めた人間の凶暴性も不動明から悪魔そのものに例えられている)。
人類の創造主もいわゆるデーモンを生み出した創造主と=なのだとすれば似るのも必然といった所か…。

外伝作品、および派生作品では死霊の概念も存在する模様で『デビルマン対闇の帝王』や『デビルマンレディー』ではデビルマンに敗れたデーモンが登場し、リベンジの為にデビルマンを襲っている。

外伝作品『デビルマンG』においては、愛情を司る脳のD領域が「デーモンと神々の戦いの物語」に犯されて人間が変異したデビルマンのなり損ないという設定で登場する。つまり、自分を地球の先住民だと思い込んでいる一般人である。
こちらではどこぞの宇宙生物のように「鳥人族」(ハルピュイア)、「邪顔族」(ゴーゴン)、「獣魔族」(ベスティア)、「水妖族」(アクエリアン)、「地精族」(ノーム)、「節足族」(インセクター)、「巨竜族」(ダイノゾア)、「樹怪族」(アルルーナ)、「爬虫族」(レプティリアン)、「炎鬼族」(イグニス)の十支族にカテゴライズされていて、人間の体を乗っ取った個体が上級デーモン、その配下が下級デーモンとされる。ちなみに大魔神サタンは単に上級デーモンとして扱われている(飛鳥了のポジションには火叢アスカが就いている為、別人扱いとなっている)。

デビルマンサーガ』でもデーモンは存在するが、彼らは2万年前に栄えた存在で、デーモン・アーマー(悪魔の鎧)を纏っていたという設定。このデーモンアーマーはオリジナルの装着者の意志を宿し、適合者に絶大な力を与えるとされる一方で、デーモン波という電波で対象を混乱状態に陥れるなどの危険性を持つ(恐らく、「マジン・サーガ」のオマージュ)。

TVアニメ版・デビルマンにおいては、裏切り者を始末するべく差し向けられるデーモンは「妖獣」と呼ばれている。
TVアニメ版デビルマンの番外編である、豪ちゃん自身による漫画デビルマン対ゲッターロボ」では、氷河期到来以前は恐竜帝国としのぎを削っていた過去があったらしい。


原作に登場するデーモンの皆様

原作登場分は一体一体に詳細な設定がなされており、バンダイから刊行された『永井豪ワールド 悪魔事典』(1991)で初めて詳細が明かされた悪魔も多い。

項目あり


その他

CV:中嶋聡彦(OVA版)
シレーヌ配下のデーモン。
床や地面に同化する能力を持ち、牧村家の人々を壁や天井に埋め込んだ。
まともな攻撃が頭から伸ばす触手ぐらいしかないので、戦闘力は低い。
『デビルマンG』では雷沼研究室の元・研究員吾河シローが変異した地精族のデーモンとして登場。
地学教師として潜伏しており、女子生徒を溶かしては壁に埋め込む異常な思考をしているが、シレーヌに謀反がバレて殺される。

明と了が最初に襲われたデーモン。
女性型の鳥人をベースに股間に怪物の顔が付いているというデザイン。超音波を発する能力を持つ。
『デビルマンG』では雷沼研究室の元・研究員入間サチが変異した鳥人族のデーモンとして登場。こちらは原作に登場したサッちゃんのポジションを兼ねており、ススムを捕食するが、ジンメンに食われて人面瘡にされた。

目から触手が生え、関節から腕が枝分かれした女性型のデーモン。
飛鳥了の開いたサバトで女と合体し、デビルマンと戦ったが倒される。
フューチャーモデルズからフィギュア化もされた他、crybaby版でも登場、こちらでの体色は青色となっている。

『新』で登場した天使のような外見をしたデーモン。アモンの元カノである。
サモトラケ島で神として信仰されており、人々に武器を与えて争わせていた。
最期は飛鳥了によって腕と首を切り落とされ、これが今日知られる「サモトラケのニケ像」のモデルになったという設定になっている。

  • 魔界の裁判官
『新』で登場した弁舌に長けるデーモン族の裁判長で、ジャンヌ・ダルクを魔女認定して殺害しようと目論んだ。名称はぱちんこ版による。

知略に優れる双頭のデーモンで、某国首相秘書を乗っ取った。

某国首相を乗っ取ったデーモンで、人類の同士討ちを目論む工作員としての役割を持つ。
デビルマンG』ではフラムと共に美樹の体を乗っ取ったが、逆に主導権を奪われて『デビルマン・フラムメドック』が誕生してしまった。

サバトに出現したモブデーモン。
女の顔の下に猛獣の顔が付いているというインパクトのある外見が特徴。ちなみに、OVA版ではリボンが頭に付いている。
『デビルマンG』では雷沼研究室の元・研究員和久井レナが変異したシレーヌ配下の獣魔族のデーモンとして登場。やはりというかここでもアモン=デビルマンに倒される。

備考

デビルマンの前身となった『魔王ダンテ』の時点で古代の先住民族が合体能力を獲得した姿が後の世でいう「悪魔」という設定が出来上がっている。

関連項目

永井豪 魔族 妖怪

関連記事

親記事

デビルマン でびるまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88269

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました