ピクシブ百科事典

飛鳥了

あすかりょう

永井豪の漫画『デビルマン』などに登場するキャラクター。
目次[非表示]

飛鳥了

デビルマン』の主人公、不動明の親友。(※原作版・不動明(ふどうあきら)のことである)
明をデーモンと合体させ、デビルマンを生み出した人物である。
金髪碧眼美少年で、明からは「天使のようにうつくしい」と表現されている。

1972年のTVアニメ版には登場しないが(理由は後述の『激マン!』の項目を参照のこと)、永井豪作品を代表するキャラクターであり、氏のスターシステムにより『デビルマン』以降も、主に明と一緒に様々な永井作品に登場している。
以下代表的な作品について記述。

『デビルマン』の飛鳥了

明と並ぶもう一人の主人公である。
クール冷静だがエキセントリックな性格でもあり、時に予測不可能な行動を取る。
若干のテレパシー能力らしきものがあるようで、明のピンチを察して駆けつけたりもする。
デーモンと合体しそこなった普通の人間として、世界が「自分が恐怖に思う筋書き通りの破滅」に向かっていることを恐れている。

見ろよ明!!


『バイオレンスジャック』の飛鳥了

バイオレンスジャック』では物語の鍵となる最重要キャラクターとなっているが、
四肢を切断された人犬という酷い姿で登場するため、読者は心の準備が必要である。
牧村美樹とは恋人同士という意外な設定で、濃厚なラブシーンがある。
また如月ハニーの生き別れのという設定である。
キーキャラクターではあるものの、終盤になるまでは出番そのものはさして多くはない。
人犬の描写はトラウマ必至ではあるが、でもまあ了のファンならば読んでおいたほうが良いだろう。

美人兄妹


『激マン!』の飛鳥了

永井豪の自伝漫画である「激マン!」によると、了は元々すぐに死ぬ予定であったため「アニメ版には了は登場させなくて良い」と、永井自身が東映に指示したそうである。
しかし実際に作中で了を殺したところ「デビルマン」自体の続きが描けないという事態に陥ったため、
「実は生きていた」という設定で執筆を続け、その後も了は最後まで作品の中心におさまることとなった。
作者である永井本人も、かなり終盤になるまで了の正体を決めかねていたようで
「デビルマンの本当の主人公は飛鳥了だったのではないか?だとしたら飛鳥了とは何者なのか」
と自問自答を繰り返しながら、最終的な解答へと導かれていくさまが描かれている。

愛してしまったのに…!


「飛鳥了」の姿をした重要なキャラクターが登場する作品

デビルマンレディー

ミスリードを狙ったものだが、「デビルマンレディー」中盤から「飛鳥了の姿をした男性キャラ」が登場し、最後に正体が明かされる。
また「アスカ蘭」という名の、了にそっくりな女性キャラクターも登場する。

デビルマンサーガ

「竜アスカ」という名前の、飛鳥了の姿をしたキャラクターが最初から登場する。

アニメ版の飛鳥了

永井の指示により1972年のTVシリーズには登場しないが(※上述「激マン!」参照のこと)
1987年のOVA版はほぼ原作通りの内容なので登場している。
CVは水島裕が担当。
OVA版は完結まで制作されることはなかったが、同一スタッフによる番外編「CBキャラ 永井豪ワールド」にも登場する。
スピンオフとなる「AMON デビルマン黙示録」のアニメ版では関智一が演じている。

飛鳥了


サイボーグ009VSデビルマン

CVは日野聡が担当。

関連画像

まじまじ見てる?
了くん


関連タグ

永井豪 原作版・不動明(ふどうあきら)
デビルマン バイオレンスジャック 激マン!
人犬

相楽誠司 - 変身して戦う力を得た親友を、普通の人間の身でサポートする人物繋がり。
…相棒と思いきや、真の黒幕。ついでに中の人も同じ。
真上遼:名前の読みと中の人が同じ。

pixivに投稿された作品 pixivで「飛鳥了」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 414913

コメント